「木構造」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

岡田 ひろふみ
岡田 ひろふみ
(恋愛アドバイザー)

女性の為の新しい復縁方法

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

閲覧数順 2017年08月18日更新

「木構造」を含む検索結果一覧

26件が該当しました

利用者からのQ&A相談

壁の柱について

今度、新築を考えていまして、色々検討している最中です。ある工務店さんの建造中の一戸建てを拝見させていただいたのですが、作業されている方々も丁寧で、親方も忙しい合間を縫って色々質問に答えてくれて、感謝していますが、一つ気になることが有りました。二階の床の柱の一本の端にヒビが入っていたのです。木なので、ヒビも入るでしょうが、建てている途中でヒビが入った木を使うものなのでしょうか?

回答者
坪山 利明
ハウスリフォームアドバイザー
坪山 利明

3F立ての新築の家が揺れます

昨年8月にローンを使って20坪の土地に建てた3階建のマイホームですが、3階が一日中揺れます。2階は時々揺れます。最初は地震の多い地域だと思っていたのですが、跡でそれが家の揺れだと気づきました。別に強い風が吹いているわけでも、目の前の道路を車が通るわけでも無いのに軽い地震の様に揺れ、原因が分からなかったのですが、どうやら家から20メートル位離れた大きな道路を通る車の揺れに関係がありそうです。施工販売...

回答者
敷浪 一哉
建築家
敷浪 一哉

平屋の吹き抜けにしたい

築50年の平屋をリフォーム予定です。建物は南北に長く、切妻屋根です。柱や梁を活かしたく、狭さ対策、採光の面からも吹き抜けにしたいと考えているのですが、暑さや寒さ対策の面でデメリットを目にするので悩んでいます。今の家で寒い思いをしてきたので…。ただ、吹き抜けの例が2階建住宅のかなり高さのある例ばかりなので、平屋での吹き抜けというのはいかがなものなのか知りたいです。吹き抜けにしたいのは南側のリビングと...

回答者
清水 煬二
建築家
清水 煬二

間もなく着工。構造で不安が。

今注文住宅で建築しているものです。設計が終わりこれから着工に入ります。そこで当初構造の標準仕様で通し柱檜4寸・土台その他檜3.5寸となっておりました。が、この前の最終確認の際に構造上のおさまりの問題で通し柱も3.5寸にしました。と言われました。その時は納得したのですがやはり気になって後日ネット上で色々調べてみると4寸の方が良いとあり、不安になってしまいました。やはり通し柱は4寸の方が良いのでしょう...

回答者
青沼 理
建築家
青沼 理

鉄骨造かKESか

都内に床面積10坪で4階か5階建ての住宅を計画しています.鉄骨以外にもKES工法で建築可能と聞きました.仮に延べ床面積を40坪とした場合,費用的にはどちらの方が安くつきますか? また両者の利点・欠点についても教えていただけると助かります.

回答者
島崎 義治
建築家
島崎 義治

専門家が投稿したコラム

耐火構造の木の家

いままで防火地域内では作れなかった木造3階建ての住宅をつくることが可能になりました。 密集地などの防火地域内の住宅は、制限 されていました。 木造2階建て、床面積100平方メートル以下、準耐火という規定です。    (財)日本木造住宅産業協会により木造軸組工法による耐火構造について大臣認定を取得。 この大臣認定の技術を使うことで「東京に木の耐火住宅」をつくることができるように なりまし...

富樫 孝幸
執筆者
富樫 孝幸
建築家

「経年劣化に潜む課題」

 皆様も御存じの通りの中央道笹子トンネル内の天井版崩落事故。  9人も死者が出るほどの大惨事となってしまいました。まずは犠牲になった方のご冥福をお祈り申し上げます。  さて、この事故の第一報を知った瞬間に脳裏をよぎったのは、やはり「経年劣化」という4文字熟語でした。  経年変化や経年劣化は建築用語で、われわれ住宅建築の世界でもよく使ったり、聞く言葉だからです。  ひょっとしたら、重さが1t以上...

清水 康弘
執筆者
清水 康弘
工務店

リフォームか建替えか?

予算のある人であれば、そう悩む事もないことですが、予算が少なければリフォームするか、建て直すかは大きな問題です。 判断の方法は大きく二つあります。 ●一つ目は、その家が建築された年代です。 ★昭和56年以前の住宅→原則的には建替えを勧めています。高度成長期の粗製濫造のなごりで、家として住宅ローンが終わる頃まで持てば良いと言う発想で家が建てられています。 ★昭和56年~平成14年以前の住宅→住宅金...

福味 健治
執筆者
福味 健治
建築家

構造見学会のお知らせ【SE構法】

「中央の家」基礎のコンクリート打設も終わりました。 来週には、上棟の予定です。 この「中央の家」は、若いご夫婦の未来の住まいです。 これから家族も増えていきます。 フレキシブルに使える空間にしました。 そのためにオープンでも強い構造でつくりました。 あたらしい木構造の可能性をもつSE構法です。 建て主さんのご協力のもと、構造見学会を開催できることになりました。 ありがとうございます...

富樫 孝幸
執筆者
富樫 孝幸
建築家

「SAREXサミットとロハス展の準備」

 19日(木)は年に一度のSAREXサミット。  やはりこの日ばかりは出席者が多いですね。  全国で活躍する工務店が東銀座に集結しました。  特別講演はアエラ編集記者の山下努氏、そして木構造で実力のある山辺豊彦氏のお二人から大変興味深いお話を聞かせて戴きました。  山下氏は家は金融商品であり、今後は家を持たない生き方もあるというお話。  山辺氏は東日本大震災の被災地レポートを構造設計の立場から...

清水 康弘
執筆者
清水 康弘
工務店

サービス

新築一戸建て内覧会同行検査 インスペクション

新築一戸建ての契約前の内覧会に同行して不具合の有無を検査します。

カテゴリ:住宅検査・測量全般

料金:43,200(税込)

場所:出張/場所指定

堀 紳一朗

堀 紳一朗

(一級建築士)

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「木構造」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (14件)

  • コラム

    (11件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (1件)

  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索