「有価証券報告書」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

佐久間 健一
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)

モデルボディメイク

中村 はるみ
中村 はるみ
(幸せの魔法をかける夫婦円満コンサルタント)

家庭と社会に"幸せの魔法”をかける夫婦円満コンサルタント

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大野 萌子
大野 萌子
(心理カウンセラー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月22日更新

「有価証券報告書」を含む検索結果一覧

84件が該当しました

利用者からのQ&A相談

小規模会社の会計監査

小規模会社(非公開,取締役1名,監査役・会計参与非設置)なのですが、確定申告以外に会計監査を受ける必要があるのでしょうか?ちなみに赤字会社です。

回答者
及川 浩次郎
税理士
及川 浩次郎

XBRLで同業他社の情報収集

たとえば、5社あるとします。それぞれの売上高やROEの情報を収集して加工・分析するにはどういうプロシジャーが必要ですか。いずれにしてもXBRLの変換ツールがないとだめですよね。

回答者
小松 和弘
経営コンサルタント
小松 和弘

XBRLはEXCELみたいなもの

XBRLは利用者にとってEXCELみたいなものと感じました。ただし、使い方を解説した本はまだ出版されていません。財務諸表作成者にとっては決まったXBRLのフォーマットに数値を入れ込むだけ、注記もHTMLのフォーマットに文章を挿入するだけと感じました。これであれば業者の簡単の説明とマニュアルがあればできそうな感じがしますが、他に財務諸表作成者はすることがありますか?財務分析だけであれば、XBRL業者...

回答者
小松 和弘
経営コンサルタント
小松 和弘

ロイヤリティの勘定科目?

フランチャイズ加盟にて、個人事業で青色申告をする場合毎月フランチャイズ本部に支払うロイヤリティが発生しますが、勘定科目はどのように記載すればよろしいのでしょうか?帳簿記載にて悩んでおります。ご回答頂ければ幸いです。何卒宜しくお願いいたします。

回答者
森 滋昭
公認会計士・税理士
森 滋昭

他社の財政状況について

私の主人は小規模なのですが会社を経営しています。ここ数年、あまり良い経営状態ではないようです。先日、ある企業から大きな受注を受けたと聞き少し安心したのですが、知人から「あの会社は危ないという噂を聞いた」と聞きました。心配になり、主人に話しましたが「大丈夫だから」と言って聞き入れてもらえませんでした。他社の経営状態や、財政状況を知ることは可能でしょうか?

回答者

専門家が投稿したコラム

株式公開のための法務 「上場会社が行う情報開示・情報提供活動」

株式公開のための法務  「上場会社が行う情報開示・情報提供活動」  前回までは、上場までの大まかな流れを説明しました。今回は、上場後に会社が行う情報開示・情報提供活動を説明したいと思います。 1、上場会社が行う情報開示・情報提供活動の種類 IR(Investor Relations)とは、会社が、株主や投資家に対して、投資判断に必要な情報を開示・提供する活動をいいます(※1)。上場会社は...

金井 高志
執筆者
金井 高志
弁護士

東芝への課徴金73億円から考える

ファイナンシャルプランナーの大間武です。 2015年12月7日、証券取引等監視委員会は行政処分として東芝に73億7350万円の課徴金を科するよう金融庁に勧告しました。 この73億7,350万円という課徴金は会計不祥事として過去最高額となりそれだけ大きな過ちであったことがうかがえます。(ちなみに以前はIHIの16億円が最高額) 今回の課徴金の内訳としては、(調査対象期間は過去5年間で) ①2011年...

大間 武
執筆者
大間 武
ファイナンシャルプランナー

株式公開のための法務  「株式上場のメリット・デメリット②」

株式公開のための法務   「株式上場(IPO)のメリット・デメリット②」  今回は株式上場のメリット・デメリットの2回目です。前回はメリットについてお話ししましたので、デメリットに関してご説明させていただきます。  株式上場の主なデメリットとしては、①株主の意見に沿う経営方針選択の必要、②経理事務・株式事務などの費用の増加、③M&Aの対象となるリスクの発生、④企業内容の情報開示の義務化が...

金井 高志
執筆者
金井 高志
弁護士

日経記事;『オリンパスが再生医療 膝の軟骨細胞、年内治験 3~4年で製品に』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 4月20日付の日経新聞に、『オリンパスが再生医療 膝の軟骨細胞、年内治験 3~4年で製品に』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『オリンパスは生きた細胞を培養して、失われた身体機能を回復させる再生医療の事業化に向けて動き出す。膝...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

リスク?アクティブ?ネットDERスプレッドと時価総額上昇率

“最大のリスクは、リスクのない人生を送るリスクである” 著名作家スティーブン・R・コヴィーは、そう唱えました。 国の成長戦略はやや明瞭さを欠きますが、大企業中心ながら企業業績は徐々に回復してきました。 売上高ランキングの顔ぶれも変化しており、半期前になりますが報道ベースでは2014年3月期(通期)のTOP10は以下の通りでした。 ■上場企業・売上高ランキング(2014年3月期) (01)トヨタ...

堀池 泰
執筆者
堀池 泰
保険アドバイザー

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「有価証券報告書」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (18件)

  • コラム

    (66件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索