「月経前症候群」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

松井 千恵美
松井 千恵美
(国際マナー専門家)

礼儀正しさ、心遣い、品格を身に付ける世界に誇れるマナー習得

寺岡 孝
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)
小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

閲覧数順 2017年09月19日更新

「月経前症候群」を含む検索結果一覧

32件が該当しました

利用者からのQ&A相談

月経周期とPMSについて

もうすぐ30歳。3人の子どもの母です。よろしくお願いいたします。一番下は、1歳3ヶ月。生理は産後7ヶ月頃に来ました。(今後妊娠予定なし)今、生理周期が、バラバラで40日以上あいてます。毎日バタバタで、基礎体温とか、つけれてません。産後、PMSが、ひどく、イライラ、神経質や、頭痛、だるさ等が、あります。40周期以上なので、PMS期間も長く、イライラが、20日程あります。自己嫌悪です。PMSを改善することって、可能なのでしょうか?生理の間隔が長いとPMSの期間も長いって思ってますが、あってますか?

回答者
足立 美穂
鍼灸師
足立 美穂

PMS対策について

毎月生理前になるとPMSで精神面の落ち込みがすごいです(T^T)生理が始まればあれはなんだったんだろうと不思議なくらい明るくなるのですが…(--;)生理前約10日間がとても憂うつになるので食事制限も運動も休んで外出はなるべく避け趣味に没頭したり掃除や料理に熱中したり自分なりに対策はしてますPMSに振り回されないようになりたいです(>_<)PMS対策皆さんはどうしてますか?

回答者
平澤 一美
メンタルコーチ
平澤 一美

衝動的な行動。自分が怖いです。

以前父親のことで、こちらに相談していました。恐らくこの件が原因のように思うので、一応貼っておきます。http://profile.ne.jp/ask/q-133043/家を飛び出し一年が経ちますが、生活はギリギリで、毎月貯金が1万円ほど、自由に使えるお金はほとんどありません。幸い少ないながらも10万円ほどボーナスが出るのでそれを崩しながら、生活しています。父親とのことで毎月精神的に不安定になること...

回答者
ミコ 小林
パーソナルコーチ
ミコ 小林

セックスレスと性欲減退について

結婚5年の33歳です。 28歳と40歳で結婚しましたが、いろいろな都合から、夫婦同意のもと昨年春まで避妊していました。春より解禁し、排卵検査薬を使いつつタイミングをとりましたが妊娠せず。近くの産婦人科で簡単な検査をし(私は超音波で子宮の形や内膜症・筋腫等がないか。夫は精液検査)異常なしとのことで、卵胞を測りつつ排卵検査薬を使い、反応したらHCG注射を打ってタイミングをとるという方法で約半年頑張りま...

回答者
岩崎 治之
柔道整復師
岩崎 治之

生理前の頭痛がひどくなってきました

今年40歳になります。子供はいません。今年に入り、生理前の偏頭痛がひどく困っています。もともと、20代から視力が悪く肩こりからくる頭痛が頻繁で、たまに偏頭痛もあり、吐き気もありました。でも、それは生理とは関係なかったと思います。今年1月に、頭痛が毎日ひどかったので、頭痛専門の病院で、緊張型頭痛のため毎日飲まなきゃいけない薬と偏頭痛の時の薬を処方されました。また整体のマッサージにも通って、肩こりはす...

回答者
山中 英司
カイロプラクター
山中 英司

専門家が投稿したコラム

熱中症の原因の黒幕 【血液を汚すもの ②「精製された砂糖と人工甘味料」】

以前にも度々「白砂糖を始めとする精製された砂糖には、麻薬の様な作用があり神経や精神に影響を与える」事や、「砂糖は血液を薄め体内のカルシウムを奪う」「人工甘味料の害」などをここでお伝えしている私なので、普段は天然の甘み以外は極力口にしなくなったのですが、   先日猛暑日が何日か続いた時に、私には珍しく(※何故なら乳製品も体内のカルシウムを奪うという事で、できるだけ摂らない事にしている為)、何...

大園 エリカ
執筆者
大園 エリカ
クラシックバレエ教師・振付家

HFA 女性ビューティ〜今日から実践!ヒーリングフードで体質改善!〜

ヒーリングフード・アカデミーでは、今月から新講座が始まりました。 女性ビューティー~今日から実践!ヒーリングフードで体質改善!~ ヒーリングフードで、快適な体と心を手に入れて、より美しくキラキラ輝く女性をサポートする、一押し講座です ヒーリングフードを学び、実践して、劇的な変化を遂げたエキスパート・インストラクター江波戸佐枝さんが講師を担当します。 さえさんのブログはコチラ 多くの女性が抱え...

須永 晃子
執筆者
須永 晃子
メンタルヘルスコンサルタント

愛のホルモンから女性を読む

失敗した男性部下を叱ったら、陰で「生理前?」と 言われて、嫌な経験をした女性上司も多いことと思います。 男性は女性を周期に左右されている感情的生物と、考えているようです。 《ホルモン分泌によって、性格や考え方が変わる?》疑問に思うかもしれませんが、 ホルモンが性格や考え方を決定する本能的感情の源なのです。 解り易い例は、 人間の胎児は受精後7週ぐらいまでは、 身体的には男でも女でもない...

中村 はるみ
執筆者
中村 はるみ
幸せの魔法をかける夫婦円満コンサルタント

PMSについて漢方で考えると

PMS(月経前症候群)について、漢方理論をあてはめると「気滞」という状態が考えられます。 漢方理論では「気」という概念があります。気には「温める作用」「体を守る作用」「エネルギーを生み出す作用」「血を巡らす作用」 「体液を洩れでなくする作用」があります。人間の体には絶えず「気」が巡っており、それによって体の機能が維持されています。 この気の流れが悪くなっている状態を「気滞」と言います。漢方理...

松島 達也
執筆者
松島 達也
薬剤師

PMSってなぁーに??

「PMS」って良く耳にしますがいったいなんでしょうか?「PMS」とは「月経前症候群」または「月経前緊張症」の略称の事です。 月経前の3~10日の基礎体温が高くなる黄体期の間に続く精神的あるいは身体的症状で、月経が来ると症状が改善するものを言います。 精神的な症状としては「イライラする」「気分が落ち込む」「不安感が強くなる」「興奮しやすくなる」などがあります。 身体的な症状としては「乳房の張り...

松島 達也
執筆者
松島 達也
薬剤師

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「月経前症候群」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (19件)

  • コラム

    (13件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索