「最高裁」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

奥村 徹
奥村 徹
(弁護士(大阪弁護士会))

性犯罪・福祉犯の刑事弁護人です

佐久間 健一
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)
堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2017年08月23日更新

「最高裁」を含む検索結果一覧

967件が該当しました

利用者からのQ&A相談

ワンルームマンションの売買について

13年前に新築でワンルームマンションを購入しています。このたび相場環境も良好とのことで、売却しようと一括査定にだしました。立地がいいとのことで、反響は結構あり、また査定金額や過去の成約金額も満足いくものでした。ただ、私の所有物件は、サブリース契約があり、「サブリース契約を解約できるか?」と不動産屋さんから聞かれました。契約書によると、「三ヶ月前に書面で申し出れば、解約できる」とのことです。その旨を...

回答者
寺岡 孝
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント
寺岡 孝

過去の過払いと思われる固定資産税について

すでに他界した母が支払っていた固定資産税について、どう考えても払いすぎと思われるのですが?母名義の土地、建物を相続で取得することになりました。固定資産税評価額は建物450万、居住用宅地3100万、市街化区域内農地800万(間口2.5mで宅延部分27mの不整形地、地下中央に畑灌用125mm配管が埋設してあります)。不動産業者の査定は建物ゼロ評価、居住用宅地2280万、市街化区域内農地520万、不動産...

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

建築条件付き土地の解約について

少し前に建築条件付きの土地を手付金二百万円で契約しました。契約前より、片方の両親が難色を示しており説得をして一旦は納得してくれたので契約しました。しかし、やはり腑に落ちない所があるようで、反対されるようになりました。片親のため、親の意向を無視する事もできないため、一旦契約を解約したいと考えています。契約書には「買主を手付金を放棄することにより契約を解除することができる。」、 「3ヶ月以内に買主が住...

回答者
藤森 哲也
不動産コンサルタント
藤森 哲也

事業所得、雑所得の見解の相違による問題

誰に相談してよいのかわからず、困っています。このカテゴリーで合っているのかもわかりません。昨年、公的な書類やWebサービスの登録などに無職として申告していたのですが、個人事業主とすべきだったかもしれません。※収入証明が必要な場合は、前年度の確定申告書の控えの写し(退職前の給与所得のみ)で対応してきました。事業所得、雑所得のどちらになるかは人の見解によって異なるグレーゾーンがあると思います。自分では...

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

個人事業と法人経営

現在個人事業主として不動産の賃貸収入を得ています。別途法人を設立し、不動産の賃貸業を営むことは可能でしょうか?競業避止義務違反となるのでしょうか?

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

専門家が投稿したコラム

婚姻費用分担の始期についての検討、あやさんへ

こんにちは、9月24日にハーフマラソンを走る予定の旭川の行政書士の小林政浩です。 さて、今日は、お問い合わせのあった婚姻費用分担の始期についてお話ししたいと思います。文章が長くなるので、コメント欄に書かないでこちらで紹介しようと思います。 >あやさん 本が届きました。 ということで、早速該当ページを確認したところ、 以下のように記載されていましたのでそのまま紹介します。 「婚姻費用分担の始期...

小林 政浩
執筆者
小林 政浩
行政書士

日経記事;『法人設立、ネットで一括 経産省、手続き簡素化へ』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 5月10日付の日経新聞(夕刊)に、『法人設立、ネットで一括 経産省、手続き簡素化へ』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は、以下の通りです。 『経済産業省は日本のビジネス環境の改善策をまとめた。法人設立に必要な手続きを一括してオンラインで可能にする方針を...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

面会交流の間接強制。 判例紹介あり

こんにちは、 今日は、雪が降って、ちょっと冬に戻った旭川に住む、走る行政書士の小林です。 さて、今日は、面会交流に関する間接強制について書こうと思います。 父親と母親が、子どもの面会交流の方法について話し合いができない場合には、家庭裁判所の調停手続で、合意をめざすことになります。 離婚調停の中で決めることもありますし、面会交流単独の調停で決める場合もあります。 単独の調停の場合、調停で合意がで...

小林 政浩
執筆者
小林 政浩
行政書士

電通でまた過労死労災が・・・

広告大手の電通に勤務していた新入社員が昨年末に自殺したのは、長時間の過重労働が原因だったとして労災が認められました。電通と言えば、有名な「電通事件」という最高裁判決(2000年の大学卒の新入社員である労働者が過労によって自殺した事件) 最高裁は、会社に安全配慮義務違反があったとして、電通に対し遺族への損害賠償の支払いを命じた原審の判断を維持し、その額は2億円。最初の事件発生から24年後、...

岡崎 謙二
執筆者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

誰か!お願いします!!、、、シーン・・・

 From 真山英二(さのやまえいじ) 「誰か、お願いします!」シーン・・・ 「ほんと、誰か、お願いします!!」シーン・・・ 「ほんと、困るんです!!誰かお願いします!!!」シーン・・・ 自治会の理事会でのできことです。 役員を決めたり、防犯のボランティアを募集したり、防災会議の出席を促したり、 何かを決めるときに必ず起こるひとコマだと思います。 実は、今期は地元の自治会の役員になっています。...

真山 英二
執筆者
真山 英二
不動産コンサルタント

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「最高裁」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (63件)

  • コラム

    (904件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索