「早期治療」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

タカミ タカシ
タカミ タカシ
(キャリアカウンセラー)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2017年08月21日更新

「早期治療」を含む検索結果一覧

90件が該当しました

利用者からのQ&A相談

猫の血尿について

雑種の5才のメス猫が量は普通ですが、ドス黒い色の血尿をしているのに気が付きました。以前2回ほど尿が出ににくなった事があり、2回目はさらに酷く、点ほどしか尿が出なかったり少し血が混じったりした状態でしたがいずれも病院で貰った液体の薬を与え症状は回復しました。3か月ほど前の2度目を機にドライフードのみを石を溜まりにくする物に切り替えました。食欲は変わらず、元気ではあり、10才になるオス猫も飼っています...

回答者
沖田 将人
獣医
沖田 将人

63歳の母は認知症でしょうか

母(63歳)の言動が認知症なのか教えて下さい.父と母は祖父母と二世帯住宅に住んでいます.私と兄は地元を離れています.祖父母ともに健康で両親と祖父母は風呂,トイレ,食事は別々です.しかし,たまには4人で外食したり,母がパートに出ているため,祖母が洗濯物を取り込んでくれるなど,母の本音はわかりませんが概ね関係は良好でした.しかし去年の11月頃,母が「シュークリームを買っておいたのになくなった」と父に言...

回答者

お腹に白いポツポツが出来ています。

家で飼っているダックスフントです。先週末、何気にお腹を見ていると、白いポツポツとしたものが出来ているのに気が付きました。痒がったりしておらず、また触っても特に反応は示しません。避妊と鼠径ヘルニアの手術をして3か月ほど経過していますが、その後遺症なのか、単なる毛穴が目立っているだけなのか判断が付きません。(写真が載せられれば良いのですが)ドッグフードを変えたりしていませんし、環境的な変化はないと思い...

回答者
沖田 将人
獣医
沖田 将人

50代夫婦の保険見直しについて

こんにちは。FPにも相談したのですが、3人3様意見が違い悩ましいです。こちらのサイトを本日知りました。回答をよろしくお願いいたします。50代夫婦。保険の見直しはライフステージごとに行っていて、これで3回目です。貯金は、年齢並みにあります。夫はサラリーマン(5年後退職予定)・妻は専業主婦生活水準は普通です。車は必要ないので処分するなど、生活全般を見直しています。▼現在の保険▼ 23年前にアフラック癌...

回答者
大泉 稔
研究員
大泉 稔

フレンチブルドッグ

2歳になるフレンチブルドッグなんですけど、二日前からゲロをしています。二日前は夜食べたものを結構たくさん吐き、昨日は朝食べたものを夜吐いてました。全部吐き出してしまったのか黄色い液体と白い泡のものを夜中にまた何回か吐いてました。でも、便は普通の便をしています。何かの病気にかかってしまったのでしょうか。

回答者
沖田 将人
獣医
沖田 将人

専門家が投稿したコラム

早期発見、早期治療で治せるがんが増えている-政府広報: PR

気づかぬうちに、深刻な生活習慣病に!がん検診&特定健診・特定保健指導の受診を! Ads by Trend Match

平井 妙子
執筆者
平井 妙子
メンタルチェンジトレーナー

検診関係が一通り終了

今月5日に特定健診を受診し、その後 ・眼科定期健診 ・歯科定期健診 ・脳ドッグ と予定していた病院通いが一段落しました。 歯科においては、半年に一度受診しているにも関わらず、小さい虫歯が必ず出来ているので、歯磨きはより丁寧にしなければと思いました。 特定健診の結果は運動療法と投薬治療のおかげで数値の悪いものはありませんでしたが、クレアチニンが少し高めの数値でしたので、腎臓をいたわる...

斉藤 進一
執筆者
斉藤 進一
建築家

ワンちゃんの認知症を早期発見をするために。

「ペット問題行動」解決ドクター 千田純子です。 認知症は進行性の病気なので、なるべく早く治療を開始することによって、進行を遅らせることができます。年だから仕方ないと放置していると、夜泣きや粗相がひどくなって、手がつけられなくなってきます。さらに、症状がひどくなると効果のある治療法が少なくなってきます。 動物放棄の理由の中には痴呆症によって「夜泣きがひどくなって飼い続けられなくな...

千田 純子
執筆者
千田 純子
獣医

「心の病、はじめが肝心 早期発見、早期治療の最新ガイド」水野雅文著

恩師、水野雅文先生による新書が出版されました。「心の病」に関する一次予防(発病予防)・二次予防(早期発見・早期治療)・三次予防(リハビリテーション)について、最新の知見が余すところなく、分かりやすく書かれています。一読して、水野先生の講義を聴いているような、座談会にてお話を聴いているような錯覚を覚えました。なかでも、第3章「心の病を重くしないコツ、病気は治り方が大事」の一節は読みごたえあります。「...

茅野 分
執筆者
茅野 分
精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)

テーマは、「スターバックスコーヒーのように、気軽に通える革命的なクリニック」

高輪皮膚科・形成外科のロゴマークが完成致しました。 キーワードは、「美・修復・再生・一流・革新」 友人のお悩みを聞くたびに、いつも思ってきました。 「病院に行けば、すぐに治るのに」 「医者に相談すれば、すぐにわかるのに」 友人は口々に、こう私に言いました。 「病院、嫌いなんだよね」 「病院、行く時間ないんだよね」 「病院行くほど、悪くないし」 敷居が高いと思う、病院への敷...

蘇原 しのぶ
執筆者
蘇原 しのぶ
院長 皮膚科医

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「早期治療」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (50件)

  • コラム

    (40件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索