「日本国債」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

佐久間 健一
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)

モデルボディメイク

中村 はるみ
中村 はるみ
(幸せの魔法をかける夫婦円満コンサルタント)

家庭と社会に"幸せの魔法”をかける夫婦円満コンサルタント

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大野 萌子
大野 萌子
(心理カウンセラー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月21日更新

「日本国債」を含む検索結果一覧

400件が該当しました

利用者からのQ&A相談

終身保険と定期保険、養老保険について

初めまして。子供が生まれ、夫婦共何も保険に入っていないこと、また子供のために貯蓄を兼ね、保険を考え始めました。情報: 主人 32歳 年収 1030万(去年の確定分) 妻  32歳 年収 800万(去年の確定分※今年は、産休中のため、減額) 子供 0歳(将来もう1人を予定) ●ローン 5300万(購入して3年 毎月31万返済) ●貯蓄  銀行口座:600万      財形・持ち株:300万     ...

回答者
岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー
岩川 昌樹

日本の口座にある資産運用につきまして

はじめまして。外国人の夫と子供とアメリカ在住の主婦です。日本の口座に4000万ほど資産がありますが、口座に眠ったままです。何か投資をして資産運用をしたいのですが、非居住者の場合、新たに日本で投資信託などの口座を開設することができず、どうしたらいいか悩んでおります。日本に永住することがない場合、資産を海外の口座に送金してから運用するしかないのでしょうか。今円安でドル替えすると損をするような気がして、...

回答者
吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー
吉野 充巨

中国の不動産バブル崩壊による、日本への株価影響度について

一説では、中国の不動産バブルはすでに崩壊し、あとはどこまで傷口が大きくならないかに焦点が当てられていると聞きますそこで、今年夏頃までに日本にどの程度まで影響を及ぼすか、下記の視点から教えてください・今から投資をするとして、避けるべき日本の業界(具体的な銘柄まで分かれば尚嬉しいです)・今から投資をするとして、狙い目の業界(具体的な銘柄まで分かれば尚嬉しいです)・今年夏頃までの全体の市況感(中国の不動産バブル以外の要因も含め)

回答者
森本 直人
ファイナンシャルプランナー
森本 直人

将来に備えるための資産運用を教えてください

医療従事者、独身、女性、37歳、年収700万程度です。資格取得後医療機関に勤務後退職、大学院に行き、修了後別の医療機関に勤務し、現在7年目です。貯金は円流動性預金、円定期性預金(月8万定額貯金中)、外貨預金合わせて720万程度です。保険は貯金代わりの終身介護保障保険360万程度一括払済のもの(死亡給付500万)、病気に備えるための終身保険年一括払105000円程度です。将来に備えて資産運用をと考え...

回答者
平井 寛
ファイナンシャル・プランナー
平井 寛

資産運用について

昨年末に株を売却したのでその資金(1100万円)で、高金利な南アフリカランド建 社債とブラジルレアル建 社債の購入を考えております。為替リスクは有りますが、年間九十万円程利息金となり大変魅力を感じます。投資金額を考えるとリスクが高すぎるでしょうか。同等の利息でリスクの小さい投資先が他にあるでしょうか。

回答者
大泉 稔
研究員
大泉 稔

専門家が投稿したコラム

運用利回り低下により、貯蓄型保険の優位性はなくなる

1.標準利率の引き下げにより、生保の予定利率も引き下げらる 本年4月より金融庁が定めている標準利率が1.00%⇒0.25%により、生命保険会社が契約者に約束する運用利回り(予定利率)が引き下げらる。 標準利率は金融庁が国債利回りをもとに決めているもので、生命保険会社は契約者から預かった保険料を主に日本国債で運用している。 現状は、日銀のマイナス金利政策による国債利回りの低下で生...

釜口 博
執筆者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー

日本の20年度財政黒字化困難で、外貨資産保有割合の見直しを

ファイナンシャルプランナー(FP)の久保逸郎です。昨日の日本経済新聞の1面見出しは「20年度黒字化困難に」でした。 今月25日の経済財政諮問会議で中長期の財政試算をしたところ、2020年度に8.3兆円の赤字を見込んだそうです。 安倍首相は財政黒字化の目標の旗は降ろさない方針のようですが、日本政府が世界に対する事実上の国際公約を行った「2020年度のプライマリーバランス(基礎的財政収支)の黒字化...

久保 逸郎
執筆者
久保 逸郎
老後のお金の不安解消アドバイザー

ドルは何処まで上昇するか?125円通過説

金利差が一気に拡大 ドルがどこまで上昇するのか?中々判断はしにくい現在です。 トランプ氏が次期大統領に確定してから一気にドル円相場が変わりましたが、なぜ変わったかは2国の金利が決定していきます。 下の表は2016年の日本とアメリカの10年国債の金利です。 2016年の日米金利と為替 日本国債 アメリカ国債 金利差 ドル円 2016年1月 0.264% ...

三島木 英雄
執筆者
三島木 英雄
ファイナンシャルプランナー

低金利も方向性は「上昇局面」に

金利低下も底打ち2016年、マイナス金利政策も導入され金利は下がり続けていましたがようやく底打ちをした感じです。すぐに急上昇という感じではありませんが大きな方向性としては上昇局面に入ったと考えられます。 図は2016年の日本国債の金利です。差がわかりやすい「1年、5年、10年、30年」で比較していますが年初は金利の差が大きかったのですが徐々に金利の差が無くなっていきました。 通常は長いほど金利...

三島木 英雄
執筆者
三島木 英雄
ファイナンシャルプランナー

「日銀の“含み損”10兆円に!」

こんにちは! さて、前回長期金利上昇による民間金融機関が抱える “含み損”について取り上げましたが、 今回は、日銀のお話です。   国債を大量に購入し続けている 日銀の日本国債での“含み損”が、 年内にも10兆円を超す見通しとなりました。   現在、日銀は年80兆円程度の国債を買っていますが、 構図としては、 国が発行する国債を金融機関がマイナス利回りで購入し、 それをさら...

荒川 雄一
執筆者
荒川 雄一
投資アドバイザー

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「日本国債」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (161件)

  • コラム

    (239件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索