「施工方法」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

岡田 ひろふみ
岡田 ひろふみ
(恋愛アドバイザー)

女性の為の新しい復縁方法

佐久間 健一
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)

モデルボディメイク

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2017年08月16日更新

「施工方法」を含む検索結果一覧

169件が該当しました

専門家をご紹介

松本 昭彦

住宅設備コーディネーター

経験、技術、資格をもとに最適なご提案を心がけています

家電系住宅設備工事業界に長年携わってきました。多くの技術者が居る業界ですが、技術や質、知識、提案力に大きな差があります。良質な商品や施工方法があっても一般…

松本 昭彦

利用者からのQ&A相談

マンションの換気を一つにまとめてよいのでしょうか

築年数40年以上のマンションで、レンジフードの排気口しかなく(150)トイレ浴室等の換気は窓排気になっております。新しく躯体に穴をあけることができないので、キッチンのダクトと一緒に配管を引き直すよう勧められましたが、一方では条例での関係上キッチンのダクトとその他のダクトは一緒に出来ないといわれました。場所は新宿区になります、地域とかで変わるのでしょうか、可能な施工方法があるのでしょうか?

回答者
清水 煬二
建築家
清水 煬二

外壁サイディング通気工法胴縁取付について

外壁下地として9mm構造用合板を前面に張り、この上に通気シートタテ胴縁を取り付けるのですが タテ胴縁と間柱は同じ位置でなければだめでしょうか 間柱から外れて9mm合板下地のみの所にタテ胴縁を取り付けても大丈夫でしょうかカタログ施工方法を見てもタテ胴縁の所に間柱があるものですから気になりまして初歩的な質問で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします

回答者
大沼 徹
建築家
大沼 徹

建築会社の選定

現在、北海道で住宅を建設予定です。デザイン・提案力が気に入りお願いしようとしている会社があるのですが、他社よりデザイン面重視で性能面に難ありとのご指摘がありました。知識がないためどちらの言っていることが正しいのかもわかりません。どちらの工務店の担当者も個人的には信頼できると感じております。そこで専門の方からご助言いただければと思いメールさせていただきました。・基礎断熱と床下断熱はどちらの方が適して...

回答者
大糀 一幾
注文住宅アドバイザー
大糀 一幾

地下室の施行方法

地下室の施行方法にはいろいろあるようでどの施工業者に任せるか、そしてどの建築家に頼むか困っております。 土地面積58m2, 80/200で両隣びっちりにRC 3F建てを考えています。 不動産の紹介で建築家の人に何人かきいたのですが逆にWebsiteで調べた私のほうが地下室が上手に作れる(と少なくともいっている)業者をよく知っているような状況。。。お助けいただければ幸いです。

回答者
中舎 重之
建築家
中舎 重之

外壁材にフレキシブルボードを使用した場合について

現在、新築で家を建てています。先週上棟したのですが、この後、外壁材を決めるタイミングです。下見張りの雰囲気が気に入っているのですが、材料としてフレキシブルボードはどうかと、設計事務所からアイデアが出てきて、私も良いかなと思ったのですが、住宅で下見張りでの施工となると、事例があまり無い様で、また、素材自体が数年経った時点でかなり汚れる可能性もあるみたいです。駅の外壁などで使われているものを見るとかな...

回答者
中舎 重之
建築家
中舎 重之

専門家が投稿したコラム

夏のゲリラ豪雨と屋根防水

関東では夏になると「ゲリラ豪雨」が当たり前になり、今までの樋径では雨水が吐ききれない量になる場合も出てきたように感じます。 陸屋根や下屋のあるバルコニーなどでは、排水口のつまりが雨漏りや床上浸水の引き金になりえます。 依頼された現場では、施設の屋上の排水口は泥で塞がれ、防水層の下地に雨水が回り込んでいる大変な状況でした。 ウレタン防水でしたので部分補修は出来るのですが、水が入り込む位置は全く別の場...

斉藤 進一
執筆者
斉藤 進一
建築家

気密の重要性。

 建物の断熱をよくすると、実は壁体内結露の危険が増しま す。プロの間では常識ですが、一般の方は高断熱!の売り に盲目になってしまうのです…ですから、壁体内に内部側からの湿気を入れないというのが基本。ということで、気密測定をして確認するのです。今回の結果は、0.3cm2/m2。これって実はすごい数値なんです。超高断熱高気密で売っている某メーカーさんでも平均で、0.59cm2/m2!と公に謳ってい...

浜田 肇一
執筆者
浜田 肇一
工務店

外壁工事進捗

外壁工事が進んでいます。 現在は1階が張り終って2階部分を張っています。 裏側から張っているので、思っている以上に進んでいますよ。   現在今後の施工方法見直しを検討しているので、それが現在忙しいですね。 もう一つ、設備屋さんがちょっといないのでその辺も結構いつもと違うと 連絡を頂くところです。 この辺もちょっと考えないといけないようですね。   効率化やコスト削減など、たまたま...

信戸 昌宏
執筆者
信戸 昌宏
建築家

FRPライニング工法・排水管その①

FRPライニング工法で部分的に改修施工した配管でしたが、 漏水が発生しました。 すったもんだの挙句、致命的な不具合を指摘した所、 最初は責任逃れしていた業者もあっさり認めて 補修工事です。 同じ35年経過した横引き排水配管ですが、 使用箇所により肉厚の減りがこんなにも違うとは驚きでした。 右側は今にも穴が空いてしまいそうなくらい 薄くな...

中村勝己
執筆者
中村勝己
建築家

工事前の最終打ち合わせだったのですが・・・

工事前の最終見積もりを行いました。 アレコレと一緒に各部位を確認しましたよ。   ここはこんな風になりますとか、この部分にはこんなのが付いて その大きさはこの位です・・・などなど。   少し追加が出てしまうのですが、金額の事はそんなに考えませんでした。 これまでの見積もりに少しのプラスは仕方ないと思ってましたからね。   翌日見積もりが出ていたので見てみると・・・ 結構凄い金額...

信戸 昌宏
執筆者
信戸 昌宏
建築家

専門家が投稿した写真・作品

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「施工方法」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (118件)

  • コラム

    (49件)

  • 写真

    (1件)

  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (1人)

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索