「政策金利」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2017年08月19日更新

「政策金利」を含む検索結果一覧

149件が該当しました

利用者からのQ&A相談

MMfと外債と条件付き預金

豪についてですが、豪MMf1.9%と豪外債4.4%条件付き預金5パセント(ANZ  http://www.anz.co.jp/personal/structured/services/southerncross/yen/どれがオススメですか?デメリットも教えて下さい。これで見てると豪債か条件付きなのですが。どうでしょうか?

回答者
三島木 英雄
ファイナンシャルプランナー
三島木 英雄

anz オーストラリアニュージーランド銀行

条件付き預金予想よりオーストラリアドルの方が高くなったら、ドルで受け取る。為替料金はかからず、そのままドルで預金するを、円とオーストラリアドルを行ったり来たりしながら、いつも金利は付く。2%以上。これって安定していて、良いですか。確実に増える。デメリット教えて下さい。

回答者
上津原 章
ファイナンシャルプランナー
上津原 章

米ドルを3万ほど持っています。運用の方法

3万米ドルを持っています、これを中長期で運用したいのですが、3年か5年、または10年でもかまいませんが出来れば低リスクで運用したいと思っています。当方来年定年で、65歳か70歳の時にこの3万ドルを少しでも増やして受け取りたいと思っています。何か良い方法はありませんか?。

回答者
川西 こうじ
ファイナンシャルプランナー
川西 こうじ

南アフリカランドディスカウント債

他界した父が購入(2010年)しておいてくれた南アフリカランド債が2013年2月初旬に満期になりますが、為替のため元本割れしております。証券会社は、現在の為替レートが悪いので、円に変換せず、受け皿としての南アフリカランドの割引債(2018年(5年)満期、5%)を設置するので、そちらに乗り換えないかと連絡がありました。元本割れ(利息分でカバーすると最終10~15%ぐらいの損)していても、満期受け取り...

回答者
青野 泰弘
ファイナンシャルプランナー
青野 泰弘

豪ドルの運用について、仕組債or投資信託or保険?

銀行で下記商品を勧められました、◇金利毎年上昇型・豪ドル建社債 クレディアグリコルコーポレートアンドインベストメントバンク 2017年12月21日満期(売出期間:~2012年12月20日まで) 豪ドル建て 早期償還条項付き ステップアップ固定利付社債 1年目 年率3.40% 1年毎に0.20%ずつ段階的に引き上げられる固定利率 売出価格:3万豪ドル単位 数年前、他行で保険(養老?)を勧められました...

回答者
青野 泰弘
ファイナンシャルプランナー
青野 泰弘

専門家が投稿したコラム

円安再進行の足音

周知の通り、株高の大きな要因となる円安。 実際の2007年から2016年における過去10年間の「日経平均・ドル円」相関係数は0.91で、非常に強い相関が示されています(0.7~0.9:強い相関、0.9~1.0:非常に強い相関)。 リーマンショックの影響があった2009年は例外で負の相関が発生していますが、全体では現実感のある結果となりました。 ただ2017年は、ドル高・円安要因となる米国の政策金利...

堀池 泰
執筆者
堀池 泰
保険アドバイザー

口は幸いの元

様々な公約を掲げた米政権。 その後の状況は周知の通りで、特に大型減税などの公約が実現せず、また今後の可能性も低いことから米ドルは停滞しています。 直近約9カ月における、主要6通貨に対するドル指数推移は以下の通りです。 ■ドル指数推移(DXY) 2016/10  97.7 2016/11  99.8 2016/12 102.1 2017/01 101.2 2017/02 100.7 2017/03...

堀池 泰
執筆者
堀池 泰
保険アドバイザー

2017年7月のソニー銀行金利と今後の見通し

 銀行の中では数少ない、翌月の適用金利を今月に発表しているソニー銀行ですが、7月は短期固定が上昇、長期固定が低下しました。  まず変動金利ですが、これは日銀が「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を継続していることや、日本の短期金融市場が安定しているため横ばいとなりました。変動金利の横ばいは、7月の他行の金利でも同様だと思います。 なお、ソニー銀行は返済額を5年間一定としその一定の金額の範囲内で、...

沼田 順
執筆者
沼田 順
ファイナンシャルプランナー

ドムスと住宅ローン

ラテン語で家屋を意味するドムス(domus)。 古代ローマでは中流階級以上の住居を指しました。 荒い動きながらも、2011年頃から総じて力強い回復を見せてきた米・不動産市況。 直近では改めて踊り場に差し掛かっています。 過去約10年の、住宅着工件数推移は以下の通りです。 ■米・住宅着工件数推移(万戸) 2006  181 2007  134 2008   90 2009   55 2010  ...

堀池 泰
執筆者
堀池 泰
保険アドバイザー

平成29年(2017年)の住宅ローン金利動向(前編)

 平成28年(2016年)は、日銀の大規模金融緩和により歴史的な低金利が継続し、住宅購入という観点から見ると恵まれた環境が続きました。 しかし、ここまで低金利であるにもかかわらず、盛り上がったのは借り換え需要であり、新規需要はそこまで盛り上がったとは言えない状況です。日銀の思惑通り、家計の購買意欲が高まるにはもう少し時間がかかりそうです。 なお、消費税率の引き上げが平成29年(2017年)4月から...

沼田 順
執筆者
沼田 順
ファイナンシャルプランナー

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「政策金利」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (39件)

  • コラム

    (110件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索