「採光面積」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

佐久間 健一
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)

モデルボディメイク

中村 はるみ
中村 はるみ
(幸せの魔法をかける夫婦円満コンサルタント)

家庭と社会に"幸せの魔法”をかける夫婦円満コンサルタント

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大野 萌子
大野 萌子
(心理カウンセラー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月22日更新

「採光面積」を含む検索結果一覧

19件が該当しました

利用者からのQ&A相談

土地購入

南道路で間口が8メートルで奥行き30メートルの土地を購入しようか迷ってます。車3台程度停められて35坪位の平屋を作るのはおすすめ出来ないでしょうか?因みに建ぺい率が80パーセント容積率200パーセントです。接している公道は11メートルあります。やはり歪な形の土地を買わずに無理しても形の良い土地を購入して建てた方が良いのでしょうか?文書まとまらずすいません。どなたかご教授頂ければ幸いです。

回答者
三竹 忍
建築家
三竹 忍

建築基準法第28条 居室の採光及び換気

「住宅、・・・建築物で政令で定めるものの居室・・・には、採光のための窓その他の開口部を設け、・・・」とありますが、ここで必要とされる窓は建物の外部に対しての窓と理解していいでしょうか?とすると、吹き抜けに面する窓はこれには該当しないということでしょうか?また、「その他の開口部」とは具体的に何があるのでしょうか?

回答者
中辻 正明
建築家
中辻 正明

土地で悩んでいます

間口8m奥行き24mの土地の購入を悩んでいます。南向きで前面道路6mになります。車は外に1台ビルトインに2台置きたいのですがこの土地ですと玄関スペースは狭くなってしまうものでしょうか?部屋数としては5~6LDKシューズクローク物置スペースを考えています。ご意見いただけると幸いです。建蔽率50%容積率100%です。

回答者
中舎 重之
建築家
中舎 重之

図面確定後の窓の追加などできるか

はじめまして、これから新築を建てるのですが、もう図面確定後なので窓の追加などできるか?リビングの窓が165なので小さくないか?と営業に聞いた所、斜光など設計士が考えてあるから大丈夫だと言われましたでもどうしてももう少し大きくしたいので窓の両側のクロスの筋交いの部分にガラスブロックか300×300の四角いFIXの窓を付けたいと検討していますが可能ですか?またリビング横の和室の壁なんですが柱が入っていなければ無くす事は可能ですか?宜しくお願いします

回答者
中舎 重之
建築家
中舎 重之

居室が実は納戸だった

建売住宅ですが、ほぼ引渡し前の内覧会時に居室と思っていた部屋の一つが納戸であることが分かりました。戸建のため売買契約書には4LDKなどの表記はありませんが、購入検討や契約の際にもらっていた販売用広告や平面図のほか設備打合せで使用していた図面などにも洋室と明記されていました。ただ唯一契約の際に渡された施工図面の中のひとつに納戸表記がありましたが、説明もなくまったく気づきませんでした。基本その部屋は窓...

回答者
岩間 隆司
建築家
岩間 隆司

専門家が投稿したコラム

都市の建物高さ制限・パブコメ

東京都大田区がすすめる 絶対高さ制限を定める高度地区 第一次素案 に対するパブリックコメントを下記のように送付しました。   基準法に係る建築物に対する高さの制限はじつに複雑で、一般の方には なかなか理解するのが難しく、それもひとつの問題だなと考えています。 一般の方にも、出来るだけ分かりやすい主張となるよう、つとめました。  _____________________________...

岩間 隆司
執筆者
岩間 隆司
建築家

自分で間取りを描ける講座4

●抑えておきたい建築法規と構造計画 法規にしても構造にしても、全てをマスターしようと思えば、プロになれます。建築業界には法規のスペシャリスト・構造のスペシャリストがいて、幅広い建築業界の中でも、その道一本で生きていけます。 もちろんご自分の家を建てるだけの話しで、そこまでスペシャリストになる必要もありません。 理屈は判らなくても、法規の全般が判らなくても、家造りに対してのセオリーだけを要約して ま...

福味 健治
執筆者
福味 健治
建築家

集合住宅計画案・超変形三角地

80坪ほどの三角形の敷地に計画された集合住宅の計画案です。 接道は一部分のみ。二辺は遊歩道に面するも 隣地あつかい。 都安全条例の関係で、建物用途は長屋。 北側斜線制限、採光面積などクリアしつつ 18坪の住居4室 計画できました。

岩間 隆司
執筆者
岩間 隆司
建築家

超・変形敷地での集合住宅計画

都内の50坪ほどの敷地での共同住宅建替え計画です。 3年ぶりの再スタート、再提案です。 既存の木造アパート8部屋の部屋数は減らさずに計画。   制約は敷地の形状だけではありません。法規制もです。 前面道路斜線 高度斜線 の高さ制限。 建築基準法における 採光面積の確保。 都内の共同住宅(特殊建築物)ということで安全条例。 ‥窓先空地 避難経路の有効確保。     厳しい条件で...

岩間 隆司
執筆者
岩間 隆司
建築家

都市型集合住宅 土地活用の工夫を魅力へ

現在、実施設計 進行中の都内の集合住宅。 概要提案段階での スタディー模型 です。 床面積の最大確保のため、斜線制限や日影規制をかわした建物高さ。 制約された階高でのプランニングでは、設備計画との整合がかなめ。 他に天空率や採光面積、都安全条例の解釈と、法規制もてんこもり。 さいごは シンプルなデザイン におさめます...

岩間 隆司
執筆者
岩間 隆司
建築家

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「採光面積」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (13件)

  • コラム

    (6件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索