「払込期間」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

杉浦 恵祐
杉浦 恵祐
(ファイナンシャルプランナー)

金融商品の税制や国民健康保険料等の社会保険料対策なら

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)

27年の経験を活かし、不動産を通じてあなたを幸せにします。

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)
小田 都呼
小田 都呼
(恋愛・婚活アドバイザー)

閲覧数順 2017年08月16日更新

「払込期間」を含む検索結果一覧

268件が該当しました

利用者からのQ&A相談

個人年金、ユニット・リンク等についてご相談です。

家計のやりくりのため、及び保険内容が安心できるものに見直そうと、保険見直しを数ヶ月前からFPの方と相談しています。(FPとの相談は保険マ**スで申し込みをしました。FPとの相談は何度でも無料となっています。)現在、夫と私の2人暮らし。子どもを持つ予定もありますが、すぐではありません。妻の私は現在専業主婦ですが、そろそろパート等をする予定です。今回の相談は主人の保険についてです。内容は、ア*サのユニ...

回答者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー
岡崎 謙二

払込期間満了となる終身保険の対応について

終身型保険に入っていますが、60歳で払込期間満了となります、今後どうするのがよいか教えてください。             記1.保障内容   終身保険(1000万円、一生涯)        定期保険特約(500万円、60歳まで)2.契約     平成1年3.医療特約なし4.現在の状況  貸付あり(現時点で、貸付金を返済しても数十万円の解約金が戻る)5.質問     今すぐ解約するのがよいのか、そ...

回答者
渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー
渡辺 行雄

個人年金について

最近、マイナス金利になったので、個人年金保険料控除を目的で下記の個人年金(10年確定)の加入を検討しています。 1.ソニー生命 5年ごと配当付 個人年金保険 給付金 年額40万円(受取率121.4%)2.スミセイ たのしみワンダフル 給付金 年額32.65万円(受取率125.3%)2つとも払込期間60歳、65歳から受取。受取率だけで見ればたのしみワンダフルが高いのですが、ソニー生命には払込免除が付いています。受取率が低くても払込免除が付いている方に加入するべきなのでしょうか?

回答者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー
辻畑 憲男

普通養老保険新フリープラン短期払込型について

学資保険が満期に。定期にしてもほとんど利子がつかないので普通養老保険新フリープラン短期払込型に加入しようかと考えています。払込期間は10年、年額481901円で合計4819010円支払い。保険満期は15年で5000000円、180990円増える計算に。死亡保障は500万、加入後1年半経過すると倍額に、入院は1日めから1500円です。(保険はおまけで貯蓄と考えています。)契約者を社会人になる息子にすると、10年間保険料控除されるのでお得かと思うのですが、いかがでしょう?

回答者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー
釜口 博

ユニットリンク保険、AIG富士生命

閲覧ありがとうございます。夫29歳(会社員)妻30歳(専業主婦)子供2歳の3人家族です。先日、募集代理店にて保険を見直してタイトルの保険で契約をしました。アクサ生命ユニットリンク保険は、月々18915円保険期間、払込期間75歳死亡保険金1500万円こちらは10年で払込を中止する予定です。AIG富士は、月々10820円払込期間50歳保険期間80歳保険金額(死亡、高度障害状態)月10万円給付こちらは5...

回答者
森本 直人
ファイナンシャルプランナー
森本 直人

専門家が投稿したコラム

長生きすればするほど得する保険が発売される、しかしこれは賭け

ここ最近は保険会社から「終身年金保険」が販売される事は少なかったです。なぜならば平均寿命が延びているために長生きすればするほど保険会社の支払いが多くなってリスクが高まるからです。 マイナス金利の中、老後の収入を心配する人が多いため、そのニーズに応えるべく日本生命は[終身年金保険] を販売しました。例えば50歳男性が払込期間10年で月額約9.5万円の保険料払うと、60歳から年44万円の年金...

岡崎 謙二
執筆者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

生保加入時には、保険屋さんに相談してはダメです!

1.保険に加入しようと考え、保険屋に相談に行くと、、、私の事務所では、毎月2回、「完全予約制個別相談会」を開催しているが、この相談会に来られる方のほとんどが、「セカンドオピニオン」を求めて来訪される。    「保険屋さんからの提案のまま加入してしまったが、その提案が自分と家族にとって最適なのかどうかを判断して欲しい」というような内容だ。    保険屋とのやりとりを聴くと、思ったよりもたくさ...

釜口 博
執筆者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー

歴史で覚える日本の生命保険4

昭和50(1975)年代後半になると、平均寿命が伸びてきたことにより、一定の期間で保障が切れる「定期付養老保険」ではなく、一生涯保障が継続する「終身保険」への関心が除々に高まってきました。 昭和54(1979)年、コンサルティング営業を中心とした「ソニー・プルデンシャル生命」(後、昭和62(1987)年に合併契約を解消し、ソニー生命とプルデンシャル生命に分割して改称)が設立されました。生保レディ...

田中 香津奈
執筆者
田中 香津奈
CFP・社会保険労務士

年金を受け取ったとき

個人が個人年金保険の年金を受け取った場合には、契約者・受取人が誰であるかにより、所得税、贈与税のいずれか、もしくは両方の課税対象になります。所得税の対象になる場合、住民税も課税の対象となり、平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間に生ずる所得については、所得税とともに復興特別所得税が源泉徴収されます。 国税庁のHPでは、契約者でなく、保険料負担者が誰であるかにより、税金の種類を決めてい...

田中 香津奈
執筆者
田中 香津奈
CFP・社会保険労務士

生命保険料控除

生命保険料控除とは、個人で支払った生命保険料の額に応じて所得税・住民税の所得金額から控除を受けることができる制度です。「一般の生命保険料控除」と税額適格型年金に適用する「個人年金保険料控除」、平成24(2012)年から新設された「介護医療保険料控除」の3種類があり、各々所得税は最大4万円(合計12万円)、住民税は最大2.8万円(合計適用限度額7万円)の控除を受けることができます。控除の対象となる保...

田中 香津奈
執筆者
田中 香津奈
CFP・社会保険労務士

サービス

実務家FPによる生命保険の見直し相談(電話相談)

割安なのに安心できる生命保険・医療保険プラン作り

カテゴリ:保険設計・保険見直し全般

料金:3,240(税込)

場所:---

平野 雅章

平野 雅章

(ファイナンシャルプランナー)

実務家FPによる生命保険の見直し相談

割安なのに安心できる生命保険・医療保険プラン作り

カテゴリ:保険設計・保険見直し全般

料金:3,240(税込)

場所:神奈川県横浜市神奈川区

平野 雅章

平野 雅章

(ファイナンシャルプランナー)

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「払込期間」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (192件)

  • コラム

    (74件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (2件)

  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索