「手摺」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

高橋 昌宏
高橋 昌宏
(建築家)
白尾 由喜子
白尾 由喜子
(英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師)

閲覧数順 2017年08月20日更新

「手摺」を含む検索結果一覧

273件が該当しました

利用者からのQ&A相談

雨漏り補修工事に関して

ホテル客室で雨漏りが起きております。漏っている場所はサッシ周りからになります。 原因調査も含めて補修工事をお願いしたいのですが、どういった職種にお願いするのが正解でしょうか。 新築であれば元請に責任を持って直してもらうのが筋だと思いますが築30年近く経っていて建設当時の業者もなくなってしまっています。塗装屋、防水屋、建築板金屋、サッシ屋、総合建築と色々ある中で一番確実で手っ取り早いところは何処かご...

回答者
神奈川・東京塗装職人
塗装・防水
神奈川・東京塗装職人

ベランダの手摺の高さ

一般的にベランダの手摺の高さは110センチとお聞きしますが、今回の設計プランはコンクリートで160センチか180センチで提案されました。プライベート感が出るそうです。しかし採光や閉塞感など、暗い部屋になったりしないでしょうか?

回答者
稲垣 史朗
リフォームコーディネーター
稲垣 史朗

階段工事のやり直し

はじめまして。新築にあたり、階段の下4段の壁を取り見せる階段にいたしました。先日現場を見に行くと、踏み板を壁の部分でカットし、全然色の合わない端材を足している事がわかりました。HMに確認すると、ウチでは標準でこうなっています。と回答があったのですが、最初から解っていれば、見せる階段なので金額をプラスしてでも一枚板にしました。大手HMで信用していた事もあり、養生がはがされる迄気づきませんでした。内装...

回答者
畔柳 美知子
建築家
畔柳 美知子

狭小地3階建ての開口部と斜線制限と格子について

はじめまして。大阪府内の準防火地域にて建築予定の者です。木造住宅3階建ての非常用開口部と斜線制限と格子について質問させてください。西側幅員4mの道路に面しており、両隣りは住宅、裏は3階建ての集合住宅のある土地を契約致しました。2階3階の跳ね出しバルコニーの外装部分に周囲からの目隠しと、意匠的に横ルーバーや横格子を設置したいと考えておりました。しかし現在担当してくださっている設計士の先生によると、斜...

回答者
橋本 健
建築家
橋本 健

内側側副靭帯損傷のトレーニング

側副靭帯損傷リハビリトレーニング11月に右足側副靭帯損傷と合わせて大腿部裂傷や踵の亀裂骨折などを受傷したことでリハビリ開始が12月中旬から行っています。はじめは大学病院で入院して治療からリハビリをしていただいてましたが、今は近所の病院で外来リハビリと筋トレ指導のもと、トレーニングしています。その結果、右膝は自力で130度超えするまで曲がるようになり押せば140度近くまで行きます。私は、趣味でサーフ...

回答者
市原 真二郎
カイロプラクター
市原 真二郎

専門家が投稿したコラム

そろそろ器具付けです。

内装工事が進んでいます。一時急ぎの仕事が入ったようで抜けてたこともあったのですが何とか進んでいるようです。 この内装工事が終わると器具付けに入ります。これは照明だったりトイレなどの設備だったりしますので、これが付くと完了検査の依頼をするんです。 玄関のタイル工事にも取り掛かっています。お客さんと現地で打ち合わせも済ませていますよ。 内装が終わりと本当に最後の工事となり、最後はハウスクリーニングで...

信戸 昌宏
執筆者
信戸 昌宏
建築家

浴室・浴場デザイン 高齢者デイサービス

高齢者デイサービスの浴室をデザインしました。 気持ち良くお風呂に入って元気になって貰う様に、 太陽をたっぷり取り込み、温泉水も入れたスパです。浴槽内の茶色タイルの島は、一見デザインのアクセントですが、 島の手摺を握って座って入浴する事で体が安定する、 介護機能とデザインが一体化した設計です。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

小木野 貴光
執筆者
小木野 貴光
建築家

強化ガラスの手摺

台東区で完成しました「御徒町テナントビル」。 1階の階段の手摺に、ガラスの自立式手摺を採用しました。 強化ガラスにフィルムをサンドした合わせガラスとし、もしも最悪割れた時も、破片が飛び散らないように配慮。 階段を上り下りする為に手で握るところは、握りやすい太さのステンレスハンドレールとしました。 決して広くない階段エレベーターホールを、透明のガラス手摺を採用することで、視線...

松永 隆文
執筆者
松永 隆文
建築家

共用部の仕上

台東区で進行中の「御徒町テナントビル」。 今月末のお引き渡しに向け、現場も工事終盤。 テナントビルの為、賃貸部はスケルトン渡しの為、仕上げは行いません。 唯一仕上げ工事を行う階段、エレバーターのある共用部。 共用部の天井壁は真っ白。階段も真っ白。そこに巾木や手摺等のステンレスをライン状にアクセントとしたデザインとしています。

松永 隆文
執筆者
松永 隆文
建築家

屋上の手摺

台東区で進行中の「御徒町テナントビル」。 屋上の手摺が取り付きました。 採用したのは、笠木一体型アルミ手摺。 手摺の高さは、安全性を考え、建築基準法により高さ1.1m以上としなければなりません。 さらに安全を考え、1.2mに設定し取り付けました。 台東区で進行中の「御徒町テナントビル」。 屋上の手摺が取り付きました。 採用したのは、笠木一体型アルミ手摺。 手摺の高さは、安...

松永 隆文
執筆者
松永 隆文
建築家

専門家が投稿した写真・作品

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「手摺」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (55件)

  • コラム

    (187件)

  • 写真

    (31件)

  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索