「所有権」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

タカミ タカシ
タカミ タカシ
(キャリアカウンセラー)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2017年08月21日更新

「所有権」を含む検索結果一覧

1,118件が該当しました

専門家をご紹介

高島 一寛

司法書士

個人のお客様を大切に。親切ていねいな接客を心がけています。

2002年の開業当初からインターネットホームページを開設することで、個人や小規模企業者からのご相談を多数いただいてまいりました。その豊富な経験に基づいた、分か…

高島 一寛

利用者からのQ&A相談

建築途中物件の売却

大手ハウスメーカーさんが建築途中のマンションの一室を購入しました。手付金を支払ってあります。ローンの本申込はこれからですが高額なマンションということもあり購入してしまったことを後悔しており、やめたいと思っています。この場合は、ローンの本申込を完了し、引き渡しを受けてから住まずに売却を申し込むのか住みながら売却に出し、売れるのを待つのかそれとも賃貸に出すのがいいのかとても悩んでいます。参考になるお話が聞けたら嬉しく思います。宜しくお願い致します。

回答者
田中 勲
住宅Gメン
田中 勲

会社解散後の法人名義の自宅

役員が主人と私だけの小さな会社を経営しております。今年に父親名義の土地建物にリフォームをしようかと思っておりまして、出資金額による持分の私達の会社と父との共有名義にしようかと思っているのですが、会社解散後も住み続けるには何か方法はありますでしょうか?その際にかかる税金などの費用も教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。

回答者
小松 和弘
経営コンサルタント
小松 和弘

土地購入後のトラブルについて

平成14年に不動産会社を介さずに、知人から土地(約65坪)を購入しました。ブロック塀がありましたが、現在売主(知人)が居住中の土地の一角を購入した為、ブロック塀はそのままでの売買となりました。この時は、後ほど撤去してもらえるものと思っていました。売買契約書には特にブロック塀に関する記載はありません。「この契約地域内の樹木、庭石その他(     )はそのまま保存し所有権移転登記完了と同時に乙(私)の...

回答者
藤森 哲也
不動産コンサルタント
藤森 哲也

海外在住の外国の方と共同販売

こちらで似たような質問があったのですが(http://profile.ne.jp/ask/q-121642/)内容が少し違ったので質問させていただきます。私はアルバイトをしながら副業(海外の方から雑貨を卸値で購入して販売) でネット販売をしております。利益は月に2万円いかないくらいで細々とやっていたのですが今年の10月から海外在住の外国の方と日本のサイトで共同販売をすることになりました。海外在住の...

回答者
小松 和弘
経営コンサルタント
小松 和弘

敷地境界線の再構築について

40年以上前からの問題です。当時私の祖父と家の後ろの住人と敷地境界線について、言い争いをしていました。敷地境界線上よりはみ出てコンクリート塀を作り、祖父がその塀を撤去するように依頼しましたが、聞き入れられず、祖父も平成元年に亡くなり、その後解決しないまま現在にいたり、昨年祖父から見たひ孫へ相続登記しました。最近になり、敷地境界線問題が出て来ていると父から相談され、父から聞くところによると、相手方の...

回答者
藤森 哲也
不動産コンサルタント
藤森 哲也

専門家が投稿したコラム

ハウスメーカーも騙される!地面師詐欺とはどんなもの??

■地面師詐欺の実態は?? 大手ハウスメーカーである積水ハウスが、東京の五反田駅近くの土地購入のために63億円も支払ったにもかかわらず、所有権移転登記を受け取ることができないという話がマスコミで報道された。 いわゆる地面師という詐欺にあったようだが、その実態はどんなものなのか? 詳しくはこちらから   ■著書の紹介   著書「不動産投資は出口戦略が9割」 購入はこちらから   ...

寺岡 孝
執筆者
寺岡 孝
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント

相続手続が楽になる!?「法定相続情報証明制度」

平成28年1年間の死亡者数は、およそ129.6万人。(厚生労働省の人口動態統計の年間推計より)100人に1人が亡くなられています。亡くなられた方には何らかの財産があり、財産を誰が相続するかが問題になります。 預貯金の相続を例にとると、今までは、お亡くなりになられた方(以下:被相続人)の預金を引き出す際は、除籍謄本などの書類を、金融機関ごとに準備する必要がありました。住所と本籍地とが違う方の場合...

上津原 章
執筆者
上津原 章
ファイナンシャルプランナー

自己破産すると自動車は処分しなくてはいけない?

自己破産すると自動車はどうなるのでしょうか。 これは、自動車ローンが残っているかどうかによって異なります。 自動車ローンが残っている場合には、通常、ローン会社との契約によりローンを完済するまでの間は、自動車の所有権がローン会社に留保されています。 したがって、自動車はローン会社にその所有権に基づき、引き揚げられてしまうのが原則です。 これに対して、自動車ローンが残っていない場合には、例えば...

中西 優一郎
執筆者
中西 優一郎
弁護士

登記を怠ると末代まで響きます!

6月7日の各新聞において、 「所有者不明の土地が、九州より広い410万ヘクタール。」 という記事が掲載されました。前職の税理士事務所勤務時代を振り返り、多くの人がなぜ登記を怠るのか、その理由を考えてみました。 「こんな山奥の畑にお金を払って登記をするのはもったいない。」 「土地の価値より登記費用が高くつく。」 「夫が亡くなったことをできるだけ知られたくない。」 「前の相続で(所有権)移...

上津原 章
執筆者
上津原 章
ファイナンシャルプランナー

「落とした現金が戻ってくる!“ニッポン”過去最高!!」

こんにちは! さて、2016年に東京都内で、 落とし物として届けられた「現金」が、 約36億7千万円となり、前年比7.3%増加し、 過去最高となったようです!   これまでの最高額は、バブル期の1990年で、 約35億円でした。 その後、リーマン・ショック時には、 約25億円まで落ち込みましたが、 これで7年連続増加を続けています。   気になる36億円の行方ですが、 約...

荒川 雄一
執筆者
荒川 雄一
投資アドバイザー

専門家が投稿した写真・作品

破格だけれど、危険な土地

2013/11/30 18:00
大長 伸吉
(不動産投資アドバイザー)

小規模1棟4室アパートの基礎工事

2013/05/01 10:00
大長 伸吉
(不動産投資アドバイザー)

リッツ・カールトン・ワイキキ・レジデンス

2013/01/30 06:13
岡村智恵美
(不動産コンサルタント)

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「所有権」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (748件)

  • コラム

    (366件)

  • 写真

    (3件)

  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (1人)

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索