「床の間」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

杉浦 恵祐
杉浦 恵祐
(ファイナンシャルプランナー)

金融商品の税制や国民健康保険料等の社会保険料対策なら

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)

27年の経験を活かし、不動産を通じてあなたを幸せにします。

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)
小田 都呼
小田 都呼
(恋愛・婚活アドバイザー)

閲覧数順 2017年08月15日更新

「床の間」を含む検索結果一覧

127件が該当しました

利用者からのQ&A相談

キッチン角の柱の太さについて

家を建てる予定ですが、建築上、キッチン角に柱が必要と言われました。妻のこだわりがあり、上小節の柱を別注して、キッチン角に立てる予定なのですが、普通は3.5寸くらいだと思うのですが、5寸柱にする予定で、それでは太すぎるでしょうか?見栄え的にはどうなのでしょうか?キッチンから見て圧迫感はないか等心配しています。ご意見をお聞かせ下さい。宜しくお願いします。

回答者
大沼 徹
建築家
大沼 徹

床の間と仏壇の両方がある和室の席次

工務店に勤めている者です。お客様から和室の席次について質問されましたが、自分では曖昧なので専門家の方に質問します。床の間が向かって左にそのすぐ右隣に仏壇が配置されている和室です。座卓は横向きに置かれています。その部屋の左に廊下があり出入りしますので、奥である仏壇がある仏間の前が最上位、向かって左隣(つまり床の間の前)が2番目、このような席次でまちがいないでしょうか?あるマナー本には、『「床の間」は...

回答者
松岡 利恵子
研修講師
松岡 利恵子

和室について

現在、新築工事中です。4.5畳の和室について質問します。和室の押入れと床の間のデザインで、大変悩んでいます。畳は琉球畳にする予定でいますが、押入れと床の間の部分を調度真ん中で分けるんですが、押入れを浮かせた感じにしようと思ってます。押入れの上も隙間を空け、空中に浮いた感じにするか、下だけを浮かせた感じにするか悩んでます。あと、浮かせた場合、下はどれくらい浮かせたらいいんでしょうか?アドバイスをよろしくお願いします。

回答者
野瀬 有紀子
一級建築士 インテリアコーディネーター
野瀬 有紀子

和室について

現在、新築工事中です。和室についてアドバイスをよろしくお願いします。間取りは、北側からキッチンファニチャー、南に向かってオープンキッチンになっていて、キッチンの前にダイニングテーブルがあります。そのまた南側に和室があるという間取りなんですが、ダイニングテーブルと和室の間の通路を通って、西側にあるお風呂へとつながっています。ダイニングのスペースは、通路もいれて、南北に3m弱、東西に4m弱と、狭いです...

回答者
青沼 理
建築家
青沼 理

台所の土間について

現在築年数およそ50年程の家に義父、夫、1歳の娘と住んでいます。かなり築年数が古いので、台所は昔ながらの土間(農家の造りです)になっています。私が嫁ぐかなり前から台所の土間部分にはビニール製のシートが敷いてありますが、恐らく自分で適当に敷いたような感じです。というのも、土間にそのまま敷いてあるだけで、壁と床の間の幅木?も無く、下の土間から砂埃がどんどん上がってきます。シートが足りなかったのか、シー...

回答者
稲垣 史朗
リフォームコーディネーター
稲垣 史朗

専門家が投稿したコラム

ハーマンミラー主催の素敵なお茶会♪

イームズでお茶会2017 右上の小さな写真。 1951年にイームズ氏主催のお茶会がロスで行われた際のもので、ご亭主、松本宗静氏。 客人にはチャーリー・チャップリン氏、イサム・ノグチ氏。 そのことが掲載された書籍、EAMES DESIGN。我がバイブルの一冊でもあります。  …それから66年の時を経て、松本宗静氏を師とする丹羽宗勢氏は、一枚の絵に出会う。 フワフワと和紙から抜け出で宙を舞う海月...

早乙女 明子
執筆者
早乙女 明子
建築プロデューサー

昭和47年築の民家を利用した木造3階建の居酒屋

先日、神保町にある昭和47年築の木造3階建、元酒屋併用住宅を改装した《カギロイ》という店で旧友との飲み会がありました。 少し早く着き、時間も早く、従業員の方以外誰もいませんでしたので、撮影をさせていただきました。 築44年位経っている?もっと古く見えます。だいぶ、造っているのかな? 市ヶ谷の《あて》という居酒屋と姉妹店。 以前に、《あて》もご紹介しましたが、その時のブログは下記です。 ク...

野瀬 有紀子
執筆者
野瀬 有紀子
一級建築士 インテリアコーディネーター

青梅市の中庭のある平屋の家の竣工写真です

青梅市の中庭のある平屋の家の竣工写真ができました。撮影してくれたのはプロのカメラマンの柴田篤さんです。柴田さんは「住まいの設計」などの住宅誌の取材の時に、撮影をしてくれたカメラマンさんです。 南側外観です。軒が大きく張り出してシンプルな外観にしています。樹木が生長すると外構もステキになると思います。玄関ホールです。玄関に入ると中庭が見えて明るい玄関になっています。地袋収納の襖戸は京都のから...

栗原 守
執筆者
栗原 守
建築家

「コンプライアンス精神」の拠り所

それはどこに? コンプライアンスは「スキルを教える」だけでは実行されません。 スキルは「技術」や「道具」であり、 使われなければ“床の間の飾り”に過ぎないからです。 では、スキルが使われるには何が必要か? スキルを行動に移す「動力源」=「エンジン」です。 では、人間の中にあるエンジンとは何か? そう、  <スキルを使うように自分を仕向ける【意志・気持ち】>=【コンプライアンス精神】 です...

中沢 努
執筆者
中沢 努
コンサルタント・研修講師・講演講師

立冬2015年の炉開き

今日は立冬でした 11月8日 今日は「立冬」でした 二十四節気の19番目 いよいよ寒くなる季節の到来ですね お茶の世界ではこの頃になると 炉を開いて 火をお客様の方に近づけます お茶の「相手を想いやる気持ち」が このようなところにも現れていますね 子どもたちは こういうお茶の気持ちを意外にもよく理解しています 「夏は熱いからお釜が遠い だから涼しい」 「冬は寒いか...

橘 凛保
執筆者
橘 凛保
マナー講師

専門家が投稿した写真・作品

平塚の家 和室/床の間と押入れ

2014/07/31 16:28
上村 美智夫
(建築家)

上目黒の家リノベーション たたみコーナー

2014/07/17 09:47
伊藤 一郎
(建築家)

床の間

2014/06/25 21:24
葛原 千春
(建築家)

コンソール

2014/05/02 10:01
斉藤 克雄
(インテリアデザイナー)

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「床の間」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (31件)

  • コラム

    (75件)

  • 写真

    (21件)

  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索