「姻族」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

岡田 ひろふみ
岡田 ひろふみ
(恋愛アドバイザー)

女性の為の新しい復縁方法

佐久間 健一
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)

モデルボディメイク

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2017年08月17日更新

「姻族」を含む検索結果一覧

46件が該当しました

利用者からのQ&A相談

兄嫁とその子どもとの関係を完全に絶つことは可能なのでしょうか

両親は健在で、4人きょうだい(兄、私、妹二人それぞれ30代)です。兄は結婚しており、子ども(小学生)もいます。私たちもそれぞれ結婚しており、実家から出ています。実家には両親と、兄世帯が住んでいましたが、兄世帯は実家敷地内の別棟に住んでいました。その兄が、先月病気で他界しました兄の生前から、兄嫁と両親、私たちきょうだいとの関係はかなり悪い状態でした。兄嫁は私たち両親のことを「最悪!」と罵ったりしてい...

回答者
高島 一寛
司法書士
高島 一寛

娘が受給権者の遺族年金について

4年前に妻を亡くしてから娘(現在7歳)が遺族年金を受給しています。夫であった自分は現在も独身ですが、将来的に再婚するとなると遺族年金の受給は消滅してしまうのでしょうか?お恥ずかしいところ給料も下がり、娘の遺族年金を教育資金に充てているので、もし将来的に再婚するということがあった際に、その点どうなるのか気になりました。今現在相手が居るわけではないのですが、再婚するにあたって入籍して、新しい妻と養子縁...

回答者
平松 徹
社会保険労務士
平松 徹

母との遺産相続について

父と母は再婚です。父が亡くなり、小さいときから色々とあり母とはうまくいっておりません。私が母に思いやる気持ちがない部分もあるのでしょうが、母も我が強い部分がありうまくいくことがありません。母と衝突を繰り返す度に、母は、縁を切ってやる。財産をお前なんかに一円もやらない。と、いっております。事あるごとにこのような言葉を言われ、なんか、財産のために親子の縁がつながっているのかと感じてしまいます。別に母親...

回答者
藤本 厚二
ファイナンシャルプランナー
藤本 厚二

高齢のおばを残し嫁が出て行きました

専門家への頼み方と相談の仕方について質問があります。 91歳のおばには2人(兄妹)子供がいて、2年前に同居していた息子(兄)を亡くし、嫁と二人で暮らしていました。妹は嫁ぎ先で暮らしています。兄妹どちらにも子供は居ません。兄は定年退職し退職金を受け取った翌年に亡くなり、(公務員であったため)遺族年金や死亡保険金も全て嫁が受け取っています。住んでいる建物は生前は兄と嫁の名義でしたが今は嫁の名義、土地は...

回答者
木本 寛
弁護士
木本 寛

義祖父母との関係

突然の質問です。子供から見て、母親の再婚相手の両親(義祖父母)は姻族になるのでしょうか?養子縁組をしていれば血族に当たると思いますが、していないければ無関係だと思うのですが、教えてください。

回答者
羽柴 駿
弁護士
羽柴 駿

専門家が投稿したコラム

【相続のお話】死後離婚

死後離婚が10年間で1.5倍に増えたそうです。(記事はこちらをクリック)。 女性からの方が多いようですが、「女性の方が長生き」だけが理由ではないと思います。「姻族関係終了届」の提出は「嫁の卒業切符」みたいなものですね。 増えたとは言え、2015年で2783件。潜在的なニーズは、まだまだあるのではないでしょうか? 9月10日のFP試験を受検する方は、クリックなさってくださいませ。   

大泉 稔
執筆者
大泉 稔
研究員

生計を一にする配偶者その他の親族とは?

医療費控除もセルフメディケーション税制も自己と自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る支出が対象になるということですが、このときの「生計を一にする」とはどのようなことをいいますか? A:「生計を一にする」とは、日常の生活の資を共にすることをいいます。そのため、必ずしも同居していることが要件ではなく、例えば、会社員、公務員などが勤務の都合により家族と別居している又は親族が修学、療養などの...

松本 佳之
執筆者
松本 佳之
税理士・公認会計士・行政書士

未支給年金を請求できる人の範囲が拡大されました

年金は、受給する権が発生した月の翌月分から、権利を失ったその月の分まで支給されます。 そして、偶数月の15日(15日が土・日・祝日の場合はその直前の平日)に、直前の2ヵ月分の年金が支払われます。 たとえば、4月分と5月分の年金は、6月15日(平成26年は13日)に支払われます。   したがって、年金受給者が亡くなった場合、亡くなったその月の分まで受給権のある年金を受け取ることができません。...

服部 明美
執筆者
服部 明美
社会保険労務士

労働者災害補償保険法の遺族補償年金の受給権者

労働者災害補償保険法の遺族補償年金の受給権者 最高裁判決昭和53年11月20日、遺族補償年金不支給処分取消請求上告事件 訟務月報25巻5号1358頁、最高裁判所裁判集民事125号701頁、金融・商事判例566号44頁、判例時報912号50頁 【判示事項】 労働者災害補償保険法上の遺族補償年金の受給権発生前から直系血族又は直系姻族以外の者の事実上の養子であつた者が、右...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

第2 株式の評価方法の適用判定

第2 株式の評価方法の適用判定 1 判定方法 (1)同族株主かどうか  相続等により株式を取得する者が、その会社の同族株主かどうかを確認します。 同族株主がいる会社の同族株主は、原則として原則的評価方式が採用されます。もっとも、取得した議決権割合が5%未満で、株主のなかに中心的な株主がいても、株式取得者が中心的な同族株主や役員でない場合には、特例的評価方式が採用されます。 ...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「姻族」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (29件)

  • コラム

    (17件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索