「女性特有の病気」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

高橋 昌宏
高橋 昌宏
(建築家)
白尾 由喜子
白尾 由喜子
(英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師)

閲覧数順 2017年08月19日更新

「女性特有の病気」を含む検索結果一覧

45件が該当しました

利用者からのQ&A相談

内膜症の先進医療不担保について

4年前に、内膜症の手術をしてから、去年内膜症を再発しました。新しく保険に入るにあたり、審査を受けたら、女性医療の先進医療不担保が2年つくと言われました。2年の間に手術をする可能性は、内膜症ですが、4年前に受けた手術は腹腔鏡下手術で、これは先進医療にはならないと言われました。乳ガンについては毎年、マンモとエコー両方受けてますし、病気になったらすぐ手は打てると思います。先進医療不担保2年は、長い気もします。専門家のご意見お願いします!

回答者
大泉 稔
研究員
大泉 稔

30代後半独身女性の保険

現在30代後半独身で、保険などには加入していません。結婚の予定等なく、将来が不安になり、保険加入の検討をしています。色々と調べ、・がん保険・医療保険・生命保険別々に、加入することにしました。そこで、どうも決めかねるのが、・終身医療保険を終身払いにするか60歳払込みにするか。・入院は5,000円で十分か。・女性特約を+500円程度の金額でつけるか。※前提として、ある程度の貯金があります。また、貯金目...

回答者
吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー
吉野 裕一

保険加入について

今年34歳になりますが、生命保険に加入していません。これまで入院するほどの病気にかかったことは有りませんが、最近、体調の変化を感じ女性特有の病気ではないかと気になっています。近いうちに病院で検査をしようと思いますが、保険加入は検査前がいいのでしょうか?それとも検査後(例えば病気にかかっていたら)でも保険加入は出来るのでしょうか?

回答者
渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー
渡辺 行雄

新規に医療保険または共済に加入したいのですが

現在36歳、女性、独身です。親が県民共済に入っている以外は保険や共済には加入しておりません。会社に出入りしている明治安田生命の保険員が年に何度も保険の加入を勧めてきます。保険には入りたいと思っているのですが、この不況で収入が年70万円ほど減り(ボーナスは2年以上出ていません。収入は手取りで200万円くらいです)、さらに事情があって実家を縮小して立て直したため、現在、車両保険+住宅保険(火災は35年...

回答者
宮下 達裕
保険アドバイザー
宮下 達裕

尾てい骨(子宮?!)辺りの痛み・・・

今まで感じたことのない痛みに悩まされています。。。お尻を蹴られてるような、つっているような重たい痛みがあります。(28歳・女)2日間、激痛で歩くのに抵抗があるほどでした。その、2日目に生理になったので生理前の腰痛かと感じさせられたのですがあまりの痛さに生理前の腰痛だとは考えずらく・・・仕事もディスクワークなので遂にヘルニアになったのかとも思ったのですがよくよく痛むのは尾てい骨辺りで・・・女性特有の...

回答者
市原 真二郎
カイロプラクター
市原 真二郎

専門家が投稿したコラム

医療保険のチェックポイント

   保険会社各社が医療保険を出しているのでどこがいいのか迷っていませんか。医療保険の基本は入院給付金と手術給付金です。それにいろいろな特約(オプション)があります。選ぶときのチェックポイントは下記のとおりです。保険料の比較は最後にしましょう。保険は確率でできています。保険料が安い理由のチェックは大事になってきます。保障期間は終身がいいですね。 ≪主なチェックポイント≫ 1、入院給付金 入院...

辻畑 憲男
執筆者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

女性専用の医療保険

女性専用の医療保険とは、女性特有の病気で入院した場合などに、普通の医療保険よりも給付金が上乗せされて支払われるのが特徴です。 一例で言いますとオリックス生命の新CURE Ladyは女性特有の病気と全てのガンによる入院で通常の入院給付金に加え女性入院給付金が上乗せされ支給されます。他にも、東京海上日動あんしん生命や三井住友海上あいおい生命も同様に上乗せされ支給されます。 アフラックのちゃんと応え...

植森 宏昌
執筆者
植森 宏昌
ファイナンシャルプランナー

子どもが生まれたとき

子どもが生まれると、必要保障額は一気に上昇しますので、しっかりとした死亡保障が必要となります。死亡保障の適切な金額は、家族構成、共働きか専業主婦(主夫)なのか、子どもの進路、現在の収入・資産状況などによって異なりますが、まずは貯蓄がどのくらいあるか確認するところからはじめましょう。家族の経済的担い手である大黒柱が亡くなったとき、貯蓄で不足する金額を保険でまかなうことができます。 一番多額の死亡保...

田中 香津奈
執筆者
田中 香津奈
CFP・社会保険労務士

結婚したとき

配偶者に対する責任から、ある程度の死亡保障が必要となりますが、共働きか専業主婦(主夫)なのか、夫婦の価値観などによって保険の入り方は異なります。まずは、お互いに独身の頃から加入している保険の保障内容や保障額の確認をしたうえで、過不足分を見直しましょう。加入している死亡保障は、一般的には死亡保険金が親に指定されています。継続する場合で、保険金を配偶者に渡したい場合は、受取人を親から配偶者に変更する必...

田中 香津奈
執筆者
田中 香津奈
CFP・社会保険労務士

女性向け保険ってお得?

女性向け保険とは、「女性のための」「女性専用」「女性保険」などという名称で、女性特有の病気や女性がかかりやすい病気(女性疾病)になった場合に、入院日額5,000円を限度として、手厚く保障する医療保険のことです。通常の医療保険に女性疾病特約を付加するプランが多いですが、最初から女性疾病特約が保障内容に組み込まれている商品もあります。ただ勘違いしやすいのは、女性特有の病気による入院・手術は、通常の医療...

田中 香津奈
執筆者
田中 香津奈
CFP・社会保険労務士

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「女性特有の病気」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (32件)

  • コラム

    (13件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索