「女性の活用」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

岡田 ひろふみ
岡田 ひろふみ
(恋愛アドバイザー)

女性の為の新しい復縁方法

佐久間 健一
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)

モデルボディメイク

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2017年08月16日更新

「女性の活用」を含む検索結果一覧

18件が該当しました

利用者からのQ&A相談

ブランクが長い、育児中ですが再就職は?

はじめました。白です。ただいま5歳と2歳のこどもの育児専念中です。以前は都内の総合商社に勤めて貿易事務をしておりました。主人の転勤もあって仕事を辞め6年が経ちました。そろそろ再就職をしたいのですが、ブランクが長いのと子どもが二人居るということで会社側としては雇用を嫌がるのではないかと考えております。派遣会社も検討しておりますが、昨今の雇用状況が把握できておりません。私の希望では同職種で探したいのですが足踏み状態です。良きアドバイスがございましたら 宜しく御願いいたします。

回答者
葉玉 義則
キャリアカウンセラー
葉玉 義則

結婚と就職は両立できますか

 半年以内に結婚を控えた30歳の女です。現在は臨時職員をしていますが、来年3月で契約が切れます。 将来を考え、正社員が有利なのは理解していますが、結婚や子育てとの両立が不安です。 妊娠するのに若くて越したことは無いし、子供が大好きなので、なるべく早く出産したいと思うのですが、迷いも多いです。・結婚してから就職すべきか、独身のうちにすべきか・入社してからすぐに妊娠では非常識と思われるのでは・子供は数...

回答者
松山 淳
経営コンサルタント
松山 淳

専門家が投稿したコラム

2028年、男性Xデー

地域差等があるものの、共働きが一般的になりつつある現代。 周知の通り女性の労働人口は増加しており、過去30年弱の推移は以下の通りです。 ■労働力人口及び労働力人口総数に占める女性割合の推移       総数   男性   女性   女性割合 1985  5,963  3,596  2,367  39.7% 1990  6,384  3,791  2,593  40.6% 1995  6,666...

堀池 泰
執筆者
堀池 泰
保険アドバイザー

女性が仕事をすること(4)

☆☆-------------------------------------------- 最近想う事 -------------------------------------------☆☆ 女性がなぜ仕事をしなければならないか 雇用が減っていく中で女性の活用が必須であるとか 多様な考えが組織の中で必要であるとか それもそうかもしれないけど どうもまっすぐ心に落ちるキーワードがないと感...

壷井 央子
執筆者
壷井 央子
キャリアカウンセラー

女性活用について(1)~職場風土の改革が第一

 最近「女性の活躍促進」というワードが飛び交っています。どこかの企業や自治体が女性管理職を大幅に増やしたとか、女性を活用した企業には国が助成金支を給するとか。私も企業研修や、経営者団体等で「女性の活用セミナー」の講師を務めていますが、セミナーの内容は理解できるが、現実は難しいというのが実情でのようです。  「女性の敵は女性」とよく言われるように、頑張ってほめられると他の女性社員から「自分だけ目立...

菅田 芳恵
執筆者
菅田 芳恵
人事労務・キャリアコンサルタント

人口減の日本市場を維持するために

 ビジネスにおいては、経営不振に陥りますと、あれこれ難しく考えがちです。モノゴト、難しく考えると考えるほど解決からは遠ざかります。解決策を見出すためにはシンプルが一番です。考え過ぎは、わたし自身が陥りやすい罠です。そのため、日ごろから「シンプル シンキング」をモットーにしています。  今日考えたい問題は、日本経済の成長戦略です。政府はアベノミクスで景気がよくなったと騒いでいます。確かに、金融緩和...

中山おさひろ
執筆者
中山おさひろ
起業コンサルタント

一つのことばかりに気を奪われ大変な失敗

 家から仕事で外出する途中、重要な資料を忘れたことに気付いたとき。誰もが、急いで資料を取りに戻ることを考えます。このとき、ほとんどの人の頭の中は、忘れた資料のことでいっぱいになります。車で仕事に向かっているときなど、習慣的に信号は注意しますが、最も事故を起こしやすいときです。  人は誰でも、一つのことばかりに気を奪われていますと、他の思いもしなかったことで失敗を犯しやすくなります。これは、個人で...

中山おさひろ
執筆者
中山おさひろ
起業コンサルタント

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「女性の活用」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (2件)

  • コラム

    (16件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索