「外貨準備」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

佐久間 健一
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)

モデルボディメイク

中村 はるみ
中村 はるみ
(幸せの魔法をかける夫婦円満コンサルタント)

家庭と社会に"幸せの魔法”をかける夫婦円満コンサルタント

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大野 萌子
大野 萌子
(心理カウンセラー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月22日更新

「外貨準備」を含む検索結果一覧

30件が該当しました

利用者からのQ&A相談

ハイパーインフレや預金封鎖について

30代の会社員(正社員)です。ハイパーインフレや預金封鎖について、今後そのようなことが起きる可能性はどれぐらいあるのか、専門家の意見をお伺いしたいです。自分なりに本を読んだりネットで調べたりしても、「ハイパーインフレなんて来ない」という意見もあれば、「株券の電子化は国民のタンス資産をあぶりだすためのものだ。近い将来ハイパーインフレと預金封鎖は必ず起こる」という意見もあり、迷っています。ですが、預金...

回答者
吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー
吉野 裕一

外貨MMFで通貨バスケットを作るには?

おせわになっております。外貨MMFで通貨バスケットを作ろうと考えている個人投資家です。金融資産の配分を「当面の生活費」と「長期のポートフォリオ」に分けるのがセオリーなのだそうです。そこで私はこの2つの間に「イザというときに躊躇なく取り崩す分」として税制や手数料で有利な外貨MMFで運用する区分を追加しようと考えています。そこで外貨MMFでの運用を調べて見ると『質問「金利狙いで豪ドルMMF持ってます」...

回答者
岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー
岩川 昌樹

ドル 外貨預金の件

外貨預金の件で相談させてください。現在、大幅な円高が進んでおります。以前に預金した分が円高の影響でマイナスになってしまっていることもあり、長い目で考えて、今はチャンスだと思い、外貨預金額を増額したのですが、その後もさらに円高が続いており、不安になってきました。今までのドルで90円前半はチャンスだと思って判断したのですが、このまま解約しないで大丈夫なのでしょうか。見通しがまったくないということはあり...

回答者
吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー
吉野 裕一

専門家が投稿したコラム

「中国の外貨準備 大幅減少!」

こんにちは! さて、中国人民銀行の発表によれば、11月末の外貨準備高が、 前月より691億ドル(8兆1500億円)減少し、 3兆516億ドルになったとのことです。   これは、5年8か月ぶりの低い水準です。 中国の外貨準備高は、2014年がピークで約4兆ドルあったため、 1/4が減少したことになります。   主な要因としては、トランプ氏が米大統領に当選以降、 急激な米ドルの上昇...

荒川 雄一
執筆者
荒川 雄一
投資アドバイザー

世界3位の軍事大国

数万年から数百万年以上の時を経て地下の地層に堆積される、化石水。 国土の大半が砂漠であるサウジアラビアにおいて、主に都市部以外の農業生産を下支えしてきましたが、あと数十年で枯渇すると見られています。 4月下旬、オーストラリア政府は老朽化が進む現行の潜水艦刷新のため新たに12隻を発注。 周知の通り日本は総額500億豪ドル(約4兆円)の巨大プロジェクト入札に敗れ、フランスの軍事企業が採用されました。...

堀池 泰
執筆者
堀池 泰
保険アドバイザー

世界金融、2015年と2016年の二極化

様々な出来事があった2015年。 株式市場はほぼ二極化しました。 主要国の主な指標は以下の通りです。 ■2015「株式騰落率・GDP成長率・物価上昇率・政策金利変動幅」 (01)  9.6   1.5   0.2   0.00  ドイツ (02)  9.4   6.8   1.5  -1.25  中国 (03)  9.1   0.6   0.7   0.00  日本 (04)  8.5   1....

堀池 泰
執筆者
堀池 泰
保険アドバイザー

「“人民元”、国際通貨(SDR)採用へ!」

こんにちは! さて以前、2015年8月の世界の資金決済の通貨別シェアで、 中国「人民元」が、日本の「円」を抜いて、 4位に浮上したニュースを紹介しました。   今回、11月のIMF(国際通貨基金)の理事会において、 SDR(特別引出権)の“構成通貨”に、 「人民元」が採用される方針が固まった というニュースが飛び込んできました。 SDRの見直しは5年に一度行われますが、 今年は...

荒川 雄一
執筆者
荒川 雄一
投資アドバイザー

「中国“人民元”、国際通貨入り!?」

こんにちは! さてこの度、2015年8月の世界の資金決済に占める “通貨別シェア”が明らかとなりました。   それによれば、中国「人民元」が、日本の「円」を抜いて、 4位に浮上しました。 決済通貨とは、国同士が貿易取引したときなどに、 用いられる通貨のことです。 1位は、いうまでもなく、基軸通貨である「米ドル」で、 全体の44.82%を占めています。 2位は「ユーロ」で27.2...

荒川 雄一
執筆者
荒川 雄一
投資アドバイザー

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「外貨準備」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (3件)

  • コラム

    (27件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索