「外貨保有」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

岡田 ひろふみ
岡田 ひろふみ
(恋愛アドバイザー)

女性の為の新しい復縁方法

佐久間 健一
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)

モデルボディメイク

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2017年08月16日更新

「外貨保有」を含む検索結果一覧

18件が該当しました

利用者からのQ&A相談

3億程の資産

株式売却で3億程度あるのですが、インフレ対策をしておらず、どの様に資産管理と運用をするべきか悩んでいます。現在、複数会社を経営しており、年収2000万〜3000万程です。資産的には金融資産のみで、今後の運用などをご相談したいと思っています。

回答者
吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー
吉野 充巨

財政破綻を煽りたてる投資コンサルタントをどう見るか?

お世話になっております。今回は不安を煽りたてて金融商品を薦める投資コンサルタントについて質問させていただきます。とある在外邦人の投資コンサルタントが日本人向けに投資情報や投資仲介サービスを行っています。その投資コンサルタントは日本の財政破綻、ハイパーインフレ、預金封鎖などを煽りたて、さらには原発事故の後では日本の終わりを吹聴しています。一方でフィリピンの不動産投資を薦めています。もう1例を挙げます...

回答者
荒川 雄一
投資アドバイザー
荒川 雄一

外貨保有について 外貨MMFかドル建て養老保険

日本経済に対するリスク対策として外貨保有を検討しています。選択肢として外貨MMFかドル建て養老保険を検討しています。どちらも月々の積立てもできる消費ですが、分野が違うためか比較資料もなく、なんとなくドル建て養老保険の方が、万が一の際を考えるとお得なのかな。という認識なのですが、いかがでしょうか。お知恵をお貸しくださいませ。

回答者
吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー
吉野 充巨

FXの利用について

運用資産1500万円のうち、普通預金を300万円、残りの1200万円を、海外債券、海外株式、国内株式、新興国株式に分散させています。新興国通貨(元、リアル等)のほか、ドル、ユーロも含めて、300万円のうち200万円程度をFXを利用して海外通貨で分散させようかと考えています。なお、あくまで分散の観点からの運用で、リスク回避のためにリバレッジを利かせるつもりはまったくありません。基本は現物です。このような運用について留意すべき点、リスクなどについて教えていただきたくお願いします。

回答者
吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー
吉野 裕一

日本経済の行く末について

 日本の健在は現在、長期成長を続けているといわれたり、一部しか回復していない等、様々な意見が飛び交っていますが、自分が心配しているのは、日本がかかえる先進国の中でも最大の借金大国だということです。 一部の専門家の中では、このままの状態が続けば100年もたたないうちに、日本経済は破綻すると言われています。 そうなると、いくら財テクで貯蓄をしても国家が破綻してしまえば意味が無くなってしまうと言う事ですが、この点についてどうお考えになっているかお伺いしたいと思います。

回答者
吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー
吉野 裕一

専門家が投稿したコラム

日本の20年度財政黒字化困難で、外貨資産保有割合の見直しを

ファイナンシャルプランナー(FP)の久保逸郎です。昨日の日本経済新聞の1面見出しは「20年度黒字化困難に」でした。 今月25日の経済財政諮問会議で中長期の財政試算をしたところ、2020年度に8.3兆円の赤字を見込んだそうです。 安倍首相は財政黒字化の目標の旗は降ろさない方針のようですが、日本政府が世界に対する事実上の国際公約を行った「2020年度のプライマリーバランス(基礎的財政収支)の黒字化...

久保 逸郎
執筆者
久保 逸郎
老後のお金の不安解消アドバイザー

「日本の対外純資産が減少!?」

こんにちは! さて、財務省の発表によれば、 2015年末の日本の対外純資産額が、 5年ぶりに減少に転じました。   日本政府、企業、個人が海外に持つ 資産から負債を引いた対外純資産額が、前年末に比べ、 6.6%減の393兆2630億円となりました。   資産残高は、前年比0.7%増の948兆7290億円となりましたが、 負債残高が、前年比5.3%増の609兆4660億円となった...

荒川 雄一
執筆者
荒川 雄一
投資アドバイザー

「金融資産 ついに1700兆円!」

こんにちは!      さて、2015年1月~3月期の日銀の資金循環統計によれば、 家計の金融資産残高が、前年同期比5.2%増の“1708兆円”と、 ついに1700兆円を超えました。 これで、18四半期連続で前年同期末より増加したことになります。   内訳を見てみると、株式・出資金が21.5%増加し184兆円、 そして投資信託も21.6%増加し、95兆円まで残高を伸ばしています。 ...

荒川 雄一
執筆者
荒川 雄一
投資アドバイザー

「家計の金融資産 最高額更新!」

こんにちは!      さて、日銀の資金循環統計によれば、2014年10月~12月の家計の金融資産残高が“1694兆円”と、17四半期連続で前年同期末より増加し、過去最高額を更新しました。 総額では、前年比3%の増加となっています。   内訳に占める投資商品の保有比率をみると、株式・出資金が3.9%増の162兆円、 投資信託も17.1%と大幅に増加し92兆円まで残高を伸ばしています。 ...

荒川 雄一
執筆者
荒川 雄一
投資アドバイザー

「対外純資産、3年ぶり過去最高!」

こんにちは!   さて、先日、財務省から2012年末の日本の対外純資産残高が発表されました。   対外純資産とは、日本の企業や個人が海外に持つ資産から負債を引いた残高のことです。 2012年末は、前年末比11.6%増加して、296兆3150億円と過去最高を更新しました。特に年末にかけて、「円安」による外貨資産の評価額が膨らんだことも、残高を押し上げる要因となりました。   内訳をみる...

荒川 雄一
執筆者
荒川 雄一
投資アドバイザー

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「外貨保有」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (6件)

  • コラム

    (12件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索