「変形労働時間制」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

岡田 ひろふみ
岡田 ひろふみ
(恋愛アドバイザー)

女性の為の新しい復縁方法

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

閲覧数順 2017年08月18日更新

「変形労働時間制」を含む検索結果一覧

20件が該当しました

利用者からのQ&A相談

変形労働時間制での休日の扱い

お世話になります。4月から変形労働時間制になるのですが休日の扱いについて疑問になることがあり質問します。会社には夜勤勤務があります。人によって時間は多少違うのですが基本23:30から32:00までの時間になります。夜勤勤務の前に人によってはさまざまな時間帯の仕事をしてから夜勤勤務をするのが日常になります。今回は夜勤明けで次の勤務まで24時間以上あるので夜勤明けの日を会社は休み扱いにすると言っていま...

回答者
高橋 圭佑
社会保険労務士・行政書士
高橋 圭佑

年間変形労働制の導入について

人事担当の新米です。当社はお客様先に商品を運ぶ仕事もある問屋業です。年間で繁忙期と閑散期があるため、変形労働制をとることで、残業代を抑制していきたいと考えています。変形労働制を採用した場合のシミュレーションを作成しており、その際に疑問に感じたことについてご回答をお願いいたします。1、年間所定労働時間(2085時間)を割り振る際、1日の労働時間が繁忙期は15時間(残業含む)、閑散期でも5時間~7時間...

回答者
小松 和弘
経営コンサルタント
小松 和弘

変形労働時間制による超過勤務手当について

先日、就業規則が制定されました。給与計算担当者です。基本的に隔週土曜・日曜・祝日を休みとし、 月曜  9:00~18:30 8.5時間 火~土曜9:00~17:00 7.0時間土曜日は2班に分けて交代で出勤となっており、土曜出勤有だと43.5時間、土曜出勤無だと36.5時間の勤務時間となります。週40時間の勤務時間にするために月曜日の就業時間を長くしています。土曜出勤無の場合、(1)1日8時間にな...

回答者
小松 和弘
経営コンサルタント
小松 和弘

障害者グループホーム世話人の勤務について

知的に障害のある方が4名で、一戸建ての住居で生活されているグループホーム。このホームで利用者の支援(食事の準備、介護、入浴準備、介護、お小遣い管理等々)の業務に当たる職員を世話人として2名で勤務してもらってます(Aさんが週4日Bさんが3日)。この世話人の勤務時間が、16:00〜21:00・翌日の6:00〜9:00の8時間です。そして夜間の21:00〜6:00をそのグループホームで宿泊してもらってい...

回答者
木本 寛
弁護士
木本 寛

繁忙期の公休出勤について

主人の会社なのですが、小売業で12~2月位が繁忙期になります。通常月の公休は月8日~10日程度あるのですが、繁忙期は月4日しかありません。そのため、連続で8日間の勤務やひどいと10日連続という場合もあります。これは、労働基準法に違反していないのでしょうか?繁忙期による特殊形態と届け出をしているから問題ないと会社側は言っているようですが、そんな届け出があるのでしょうか?連続勤務が体力的にかなりきつい...

回答者
清水 正彦
社会保険労務士
清水 正彦

専門家が投稿したコラム

変形労働時間で残業代圧縮

1日の法定労働時間は8時間。 これを超えると残業代が発生します。 月単位の変形労働時間制を採用すると、31日の月は177時間以内は法定労働時間とみなされます。 例えば、1日10時間働いた日があった場合、通常2時間の残業代が発生しますが、月単位の変形労働時間制を採用すると月単位で177時間に収まっていれば残業代は発生しません。 土日出勤やシフト制を敷いている会社に多く採用されています。 ...

大黒たかのり
執筆者
大黒たかのり
税理士

変形労働時間の時間外手当の計算の仕方

変形労働時間の時間外手当の計算の仕方   割増賃金(労働基準法37条)の対象となる時間外労働 変形労働時間・フレックスタイムは、法定労働時間を超えて労働させるもので、時間外手当の計算のうえで問題となる。ただし、休日・深夜の割増賃金は支払わなければならない。 また、休憩を与えなければならない。 妊産婦については変形労働時間制は適用されない(労働基準法66条)。 育児・介護を行う者につ...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

残業代(研修)を受講しました。

講座名 労働問題の実務対応に関する連続講座 第2回 時間外労働(残業)問題 研修実施日  2013年2月21日開催 実施団体名  日本弁護士連合会        認定番号          (会内研修の認定番号、又は外部研修実施団体の認定番号) [講師] 澤崎 敦一 弁護士 (第二東京弁護士会) 棗 一郎 弁護士(第二東京弁護士会) 労働問題の実務対応に関する連続講座  第2回のテーマは,...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

残業代請求事件(研修)を受講しました。

eラーニングで日本弁護士連合会の研修を受講しました。  講座名       労働者による残業代請求と使用者側の対応に関する研修会  研修実施日  2011年7月21日開催  実施団体名  日本弁護士連合会         認定番号           (会内研修の認定番号、又は外部研修実施団体の認定番号)   [講師] 小川 英郎 弁護士(第二東京弁護士会) 峰 隆之 弁護士(第一東...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

医療・介護サービス業の労務管理

1.労働時間管理 医療、介護の現場では、日をまたいで連続16時間などの長時間勤務を行うことが珍しくありません。この場合、たとえ8時間勤務を2日間にわけて行う場合でも、変形労働時間制を取らない場合は、8時間を超える部分について時間外割増賃金が必要になります。 このようなケースでは、1カ月単位の変形労働時間制で対処することが効果的です。1カ月単位の変形労働時間制とは、1カ月を平均して1週40時間以...

西川 幸孝
執筆者
西川 幸孝
経営コンサルタント

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「変形労働時間制」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (13件)

  • コラム

    (7件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索