「含み損」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2017年08月19日更新

「含み損」を含む検索結果一覧

121件が該当しました

利用者からのQ&A相談

債権バブル崩壊

債権バブルの崩壊という話を聞きますが、私は債権を中心に$80円のころに2億円程度の分散投資をしました。$建、ユーロ建、豪ドル建が中心です。日本円を保有したくなかったので。債権バブルが崩壊すると、なんのリスクがあるのでしょうか?期限まで待てば毎月のインカムもありますし、そうでない商品も、期限まで待つことで満額もらえると説明を受けています。債権を中心とした投資をしている際の崩壊のリスクの説明を頂けると助かります。

回答者
吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー
吉野 充巨

投資信託の売り時

積立してきた投資信託200万円が+30万の評価損益になりました。どのくらい利益がでたら売るべきものなのでしょうか?投信の売り時を教えてください。

回答者
三島木 英雄
ファイナンシャルプランナー
三島木 英雄

資産運用について

20代前半の男です。M&Aでの会社の売却益で現在6000万円ほどの預金があります。使う予定は今のところないので、運用した金利などで小遣い稼ぎ程度になればいいと思っているのですが、どうするのが良いのかわかりません。銀行や証券会社に行ってみたり、自分でも定期預金や投資信託、FXなど少し調べてみましたが、選択肢が多く判断できかねています。数年後にまた会社を作るなど、ある程度まとまった資金が必要になったと...

回答者
山田 聡
ファイナンシャルプランナー
山田 聡

投資資産の取り崩しについて

40代後半の製造業です。現在7,000万円を円建2,500万円と米ドル建4,500万円で組み立ています。円建は国内株式500万円、新興国再建のAUDコースとBRLコースが各1,000万円、米ドル建はハイイールドのUSDが300万円、AUDが150万円、BRLが150万円、日経インデックスが150万円、グローバルCBが150万円、世界銀行債が2,000万円、米ドルMMFが2,000万円です。今回、相...

回答者
森本 直人
ファイナンシャルプランナー
森本 直人

買取か解約か

素人が手を出すべきじゃなかったと後悔してますが勧められるまま6年程前に財産3文法を200万(158.6999口)購入、当初は単価12407円、分配金80円。 現在は単価4730円前後、分配金50円。暴落しています。買取か解約か暫らく様子を見た方が良いか。1/3~1/2ずつ減らすべきか、どうしたらよいでしょうか。

回答者
森本 直人
ファイナンシャルプランナー
森本 直人

専門家が投稿したコラム

「日銀の“含み損”10兆円に!」

こんにちは! さて、前回長期金利上昇による民間金融機関が抱える “含み損”について取り上げましたが、 今回は、日銀のお話です。   国債を大量に購入し続けている 日銀の日本国債での“含み損”が、 年内にも10兆円を超す見通しとなりました。   現在、日銀は年80兆円程度の国債を買っていますが、 構図としては、 国が発行する国債を金融機関がマイナス利回りで購入し、 それをさら...

荒川 雄一
執筆者
荒川 雄一
投資アドバイザー

「超長期国債発行増の潜在リスク」

こんにちは! さて、この度財務省は、各国の金利が上昇した場合に、 民間金融機関などが抱える“含み損”の試算をまとめました。   それによると、国債の金利が1%上昇した場合、 日本国債の保有者が抱える含み損は、 GDPの13.5%にまで達するという結果となりました。   同様の試算で、米国は4.2%、ドイツは2.5%となっており、 金融緩和を進めてきた先進国の間でも、大きな開きが出...

荒川 雄一
執筆者
荒川 雄一
投資アドバイザー

「外国人の日本国債買いが進む!」

こんにちは! さて日銀のマイナス金利導入の影響が、 様々な形で表面化しています。   代表的な10年物の国債の利回りがマイナスとなったことで、 国債市場でも、大きな変化がみられています。   今まで長期投資主体を前提に購入していた国内生保や銀行が、 マイナス金利の影響で、購入しにくい状況となり、 代わりに主役となっているのが、 短期売買主体の外国人投資家です。   今年3月...

荒川 雄一
執筆者
荒川 雄一
投資アドバイザー

リスク回避的な投資家から学ぶ

年初から日本株の下落は大きいのですが リスク回避的な投資化と一般的な人の差を まとめてみました 昨年末、日経平均は19,000円ありましたが 今は15,000円程度まで値下がりしています。4,000円の値下がりです 仮に状況が落ち着いて17,000円まで回復したとしても 含み損として2,000円ある状態ですね リスクを...

三島木 英雄
執筆者
三島木 英雄
ファイナンシャルプランナー

金融商品の種類と分類と選び方[インタビューコラム]

預金・保険・株式・投資信託・外国為替など金融商品は多彩 ―――金融商品とは何ですか? 「銀行・保険会社・証券会社などで扱う商品をまとめて金融商品と言います。具体的には、預金・保険・株式・投資信託・外国為替などです。規制緩和が進んだこともあり、多様な商品があります」 元本が保証されている貯蓄型商品と元本が保証されていない投資型 ―――資産運用を検討しています。 「はじめに金融商品の性質...

吉野 充巨
執筆者
吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

サービス

【無料 財務デューデリジェンス 相談】 -M&Aを成功させるDD-

専門家によるデューデリジェンスは、無駄な時間とコストを削減し、なにより投資の失敗を防ぎます!

カテゴリ:デューデリジェンス

料金:無料

場所:出張/場所指定

森 滋昭

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「含み損」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (47件)

  • コラム

    (73件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (1件)

  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索