「受給資格」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2017年08月18日更新

「受給資格」を含む検索結果一覧

322件が該当しました

利用者からのQ&A相談

個人年金保険解約について

はじめまして。義兄の個人年金保険解約を考えており、これは得策なのか知りたく質問させていただきます。私には今年60歳になる義兄がいます。義兄は3年前より難病にかかっており、現在は無職です。難病で仕事は困難ですが、車の運転や短時間の買い物、家の中を歩くことはできるので、田舎で義父母の面倒をみてもらっています。その義兄についてですが、最近国民年金が長期間未納であることがわかりました。なぜか国民年金を払う...

回答者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー
辻畑 憲男

遺族年金の受給資格

現在、年金受給している両親(父は元会社員・母は専業主婦)のうち、母だけを私の税法上の扶養にしています。(2世帯住宅で両親と同居)この場合、将来に父が他界した際に、母が遺族年金受給資格を満たさず、受給できないことにならないでしょうか?受給資格要件に『亡き配偶者と生計を一にしていること』と記されていることが、気がかりです。税法上の扶養条件も『生計を一にしていること』とされているため、遺族年金のいうとこ...

回答者
高橋 圭佑
社会保険労務士・行政書士
高橋 圭佑

有期雇用契約満了の失業保険

こんばんは。短期派遣で就業していますが、下記のような状況の場合、失業保険が給付制限なしでもらえるか教えて頂けませんでしょうか?どうぞよろしくお願いします。・2月から4月までの有期雇用契約・雇入通知書には「更新の可能性無し」と記載があり・次の仕事の紹介はなし・4月20、21、24日は当日欠勤、残りの3日間もお休みを希望。(パワハラを派遣会社に相談したところ、派遣会社が先方に伝えたため状況が悪化してい...

回答者
菅田 芳恵
人事労務・キャリアコンサルタント
菅田 芳恵

住宅ローンと教育費

はじめまして 夫47歳 妻45歳 大学受験生の娘と高校2年生の4人家族です。今年春より大学生、来春息子が受験生となり続いて大学生になると思います。最近他行の住宅ローンに借り換えをした方がよいのではないかと思い検討中ですが、現在の住宅ローンが預金連動型のため現金を確保するのに損をしても続行した方が良いのか借り換えをした方がいいのか迷っています。年間収入(手取り)妻500万円夫280万円その他50万合...

回答者
小川 正之
ファイナンシャルアドバイザー
小川 正之

廃業届と青色申告について

今年7月に個人事業の開業届けを提出し、同時に青色申告の申請書も提出しました。しかし、一度個人事業をストップして、就職するために、失業保険を申請しようと思うのですが、そのためには廃業届を出さなければ、受給資格がないと聞いたので、一度、廃業届を出そうと思っています。しかし、開業届を出した後に、個人事業としての収入も支出もあり、経費が多くかかっているので、出来れば今年は青色申告したいのですが、青色申告を...

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

専門家が投稿したコラム

10年短縮年金のポイントと注意点

1.2017年8月より老齢年金の受給資格期間が10年に短縮 今までは老齢年金を受取るため25年という受給資格期間が必要だったが、今月より10年に短縮される。 この制度改正によって新たに年金を受取れるようになった人は、規定年齢(原則65歳)に達している人だけで約64万人。 さて、その老齢基礎年金の受取額だが、年金保険料を納付した期間で決定される。    この受給資格期間は以下の3種類...

釜口 博
執筆者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー

年金受給資格期間が25年から10年に短縮

先日、無年金者対策として年金受給資格期間を現状の25年から10年に短縮する法案が閣議決定されました。今回の措置により受給資格を得る人が約64万人増える事になるそうです。 それに伴い必要な予算は約650億円。一体、何処から出すんでしょうかね? では、短縮されたからと言って10年加入で幾ら年金が支払われるのかですが、現状の年金額から試算すると40年間丸々、保険料を納めた人で年額780,100円(月...

植森 宏昌
執筆者
植森 宏昌
ファイナンシャルプランナー

家族のために、としたことなのに・・・児童扶養手当がもらえない⁈②

 児童扶養手当というものがあります。 (児童手当とは違います。紛らわしいですね) 児童扶養手当はひとり親家庭等の児童のために 支給される手当です。 これまで夫の扶養でいた妻が子供を引取る形で 離婚される場合には 児童扶養手当の受給資格者となる可能性が高いので 児童扶養手当のご案内は必ずするようにしています。  お子様が1人の場合、月額42,330円が支給されます 2人目の加算額は10,000円...

藤原 文
執筆者
藤原 文
行政書士

「スイスで、無条件に月28万円支給!?」

こんにちは! さて、久々に「えっ」というニュースを目にしました。   スイスで、無条件に全住民に毎月一定額を支給する 「最低生活保障」の導入に向け、 国民投票が行われるとのことです。   内容は、年金や失業手当などを廃止する代わりに、 無条件に大人月額2500スイスフラン(約28万円)、 子供625スイスフランを支給するというものです。   推進派の主張としては、 「誰でも...

荒川 雄一
執筆者
荒川 雄一
投資アドバイザー

【遺族年金】万一の時に家族には…

一家の大黒柱に万一のことがあった際、遺族の生活保障として遺族年金(遺族給付)という公的保障があります。加入している公的年金制度によって、国民年金の「遺族基礎年金」、厚生年金の「遺族厚生年金」、共済年金の「遺族共済年金」があります。職業や収入や家族構成によって、支給額や支給期間等は異なります。私的な保障(民間の保険)に加入する前に、まずは公的な保障を理解しておくべきだと思います。この機会に、ご自身や...

小川 正之
執筆者
小川 正之
ファイナンシャルアドバイザー

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「受給資格」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (220件)

  • コラム

    (102件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索