「労務管理」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

タカミ タカシ
タカミ タカシ
(キャリアカウンセラー)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2017年08月21日更新

「労務管理」を含む検索結果一覧

154件が該当しました

専門家をご紹介

神尾 尊礼

弁護士

円満解決が第一。親身になって対応します。

家事事件から刑事事件、企業法務まで、幅広く扱ってきました。特に、裁判所等から後見等を頼まれることもあります。現在は、初回相談無料としています。敷居は低く満…

神尾 尊礼

服部 明美

社会保険労務士

お客様の「こころ」に寄り添う社労士でありたい

職場のメンタルヘルスと年金関連を得意分野としております。就業規則の作成や見直し、休職・復職規程、衛生委員会の運営指導、社会保険制度説明会等、原稿の執筆や講…

服部 明美

岡部 やよい

キャリアコンサルタント

【働く女性】特有のお悩み解決ならお任せください!

キャリアコンサルタントの資格をもった心理カウンセラーとして、女性社員特有のお悩みにお答えしてきました。前職では女性初の4部門兼任管理職として人材育成を担当…

岡部 やよい

利用者からのQ&A相談

退職金規程改定にまつわる事

弊社は従業員10人に満たない同族会社(オーナー社長)です。もともと存在している会社から分離独立した会社で、社長と営業職の役員2名(今は降格して社員)が出資して創設しました。大株主は社長です。わたしは定年退職した上司の総務職を引き継いで2年経ちますが、その元上司が作成した退職金規程をこの元役員の1名がわたしに持ってきて「元上司に言われたと言ってこの様に変更するように社長に言ってくれ」と言ってきました...

回答者
菅田 芳恵
人事労務・キャリアコンサルタント
菅田 芳恵

自衛官の妻です

失業保険を受給することになったのですが、扶養からはずれないといけないことを知らず、1回目の受給を終えてしまいました。この場合、自衛官として罰が与えられたりするのでしょうか。

回答者
平松 徹
社会保険労務士
平松 徹

経理職に就職するには

金融機関で、通算14年位働きました。窓口や出納経験もあり営業成績が良かったので、接客を兼ねる現業に応募しますが、面接で経理や総務について打診されます。日商簿記は3級(全商簿記2級、日商2級については珠算1級取得してるので社債等も理解。銀行業務検定でも関連があるので見当はつきます)会社の経理としての実務経験としては実績がないので、自分として自信が持てず対応できません。社会保険、労務管理については、短期で携わりまして少しはわかります。経理としての経験を積むにはどうしたらよろしいでしょうか?

回答者
西田 正晴
転職コンサルタント
西田 正晴

労務管理

中小企業人事です。弊社はIT開発でサービス残業が当たり前の会社風土です。残業なしでワークライフバランスを充実させたい社員がいる一方で、やる気がありサービス残業も厭わない社員もおります。働き方はそれぞれに任せておりましたが、前者のような社員がいると後者は不満を感じ、後者のような社員がいると残業をしなければならない風潮ができてしまい、代表以下の上下関係もない組織なので人事である自分が労務管理を行わねばとは思っているのですが、どのような対策が考えられるでしょうか。

回答者
小笠原 隆夫
経営コンサルタント
小笠原 隆夫

アルバイトで罰金

とある小売業でパート勤務しています。たまに、挨拶などのカスタマーチェックなどがあるのですが私が勤務している店は全店舗の中でも特に点数が悪くワースト1です。そこで突然、「次回またワースト1を取ったら社員・パート・アルバイト全員から罰金」と発表がありました。これは店の決まりではなく、会社の決めたことらしいです。まだ、払うと決まったわけではありませんが常にカスタマーチェックで成績が悪かったので罰金を払わ...

回答者
平松 徹
社会保険労務士
平松 徹

専門家が投稿したコラム

ー中小企業対象ーIT導入補助金を活用して会計・業務システムを再構築(後半)

前半はこちら 活用方法は? 会計ソフトと予約管理システムや在庫管理システム、レジシステムなど複数の業務システムを導入しているがそれぞれがバラバラになっていて連動していないという会社様は多いと思います。必要なものから順番に導入していくと、全体設計が思うようにいかず、つぎはぎになってしまうからです。このIT導入補助金はその様な状況を見直すには絶好の機会と言えます。例えば美容院の様な業種であれば、HP...

佐藤 宏樹
執筆者
佐藤 宏樹
公認会計士(日本/米国)

日本国憲法第二十五条

おはようございます、今日は労務管理の日です。 いま、かなり熱い話題の一つです。   趣味の事業化についてお話しをしています。 冒頭の挨拶で触れた労務管理とも関わることですが・・・最近、働き方に関する議論が高まっています。 このことと趣味の事業化に関しては、ある程度の関係があります。   日本国憲法第25条、と言われてすぐにパッと思い出せる人は少ないかもしれません。   ◯第二十五...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

過去からの先入観が「人事戦略を制約している」と思ったこと

 このところ、人が採れない、人手不足とおっしゃる企業が増えてきています。  そのことに起因した人件費の高騰、人が集まらないことによる機会損失、さらに店舗閉鎖などといったことから、人手不足倒産というような話も耳にすることが出てきました。    そんな中でも、企業から出てくる求人要件を見ていると、まだまだ過去からの先入観から離れられていないと感じることがあります。これは業種や職種にかかわらず、人...

小笠原 隆夫
執筆者
小笠原 隆夫
経営コンサルタント

仕事に絡む部分だけで収まっていれば良いのですが

おはようございます、今日は労務管理の日です。最近では社会保険とも絡んで熱い分野です。廃業についてお話をしています。車が趣味、と聴くと思わず「あ~」となる件について。社長は趣味を持ってはいけない、なんてことはありません。むしろ適度な趣味の一つや二つは持っているべきだと私は思っています。が、やはりあまりお金が掛かり過ぎるものは怖いかなぁ…というのが正直なところです。仕事で使う車だけで満足できているウチ...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

とりあえず確定申告しないと!

 本業は行政書士ですが、子供たちと関わる仕事がやめられず、 都内の某美容専門学校で「運営管理」という科目を教えています。 この中に労務管理という分野があり、 お給料の内訳について学習します。   この分野は社会保険とか生徒さんたちに知ってほしい情報満載で 私が特に力が入ってしまう分野です。 年金とか、育児休業給付金とか、 たぶん彼らには初めての授業だと 思うのですが、とっても真剣に聞いてくれま...

藤原 文
執筆者
藤原 文
行政書士

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「労務管理」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (43件)

  • コラム

    (108件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (3人)

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索