「利上げ」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

タカミ タカシ
タカミ タカシ
(キャリアカウンセラー)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2017年08月21日更新

「利上げ」を含む検索結果一覧

172件が該当しました

利用者からのQ&A相談

この局面に米国債券っていいの?

証券会社から満期になったお金で米国債券の円建てのコースを勧められました。他に豪ドルもの、日本株のものと持っているので、分散ということです。アメリカの金利が上昇するときには債権はいいんですって言うのです。金利が上がるとドル高になるので基準価格もあがる、ということらしいです。この局面ではどうなんでしょうか?

回答者
吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー
吉野 充巨

債券ばかりの購入。これについてのリスクは?

素人の質問で申し訳ありませんが、ご教示下さい。銀行預金の金利を見ると、今後はあまり期待出来ないと思い、投資信託や株なども検討しましたが、今イチ手を出す勇気がありません。唯一、まだ安心かもしれない…と思い、始めたのが債券購入です。といってもまだ少ない投資ですが、ブラジル債、日本の社債、豪ドル債と合計で100万円ほど購入致しました。そして次にまた、狙っているものがあるのですが、債券ばかりの購入の場合、...

回答者
上津原 章
ファイナンシャルプランナー
上津原 章

長期金利について

『金利の先高観を強めているのが、米金融緩和の修正観測だ。・・・米金利上昇につれて「(連動性の高い)日本の金利も緩やかに上昇する」というのは、 「日本国債の金利を上げなければ、債券の買い手がつかないため、やむをえず、金利を上げる」という意味ですか。

回答者
森本 直人
ファイナンシャルプランナー
森本 直人

住宅ローン(変動金利と固定金利)の選び方

初歩的な質問になってしまうのですが、変動金利と固定金利の違い(双方の良い点、悪い点)がいまいちわかりません。また、不動産屋には夫が公務員だという理由で固定金利の方が良いといわれているのですが、職業によってどちらの方が良いといった基準(目安のようなもの)があるのでしょうか。ご教示の程、宜しくお願い致します。土地+建物:4,000万円頭金:1,600万円(両親からの援助)借入:2,400万円家族構成:...

回答者
沼田 順
ファイナンシャルプランナー
沼田 順

住宅ローン固定と変動の2枠での借りを変動1本にするか

初めまして 5年前に新築の住宅を購入し 只今高は1315000円です中央三井信託銀行さんで住宅ロンをお借りしていて残高約1315000円で内訳が 固定金利 2.0パーセント H27年まで 最終支払いH36年です こちらが 残高480万少しもう1つが変動金利 1.375パーセト 最終支払いH34年です 残高821万弱ですの2枠でお借りしていますこれをある方のアドバイスで今は金利が低い時代なので固定金...

回答者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー
辻畑 憲男

専門家が投稿したコラム

円安再進行の足音

周知の通り、株高の大きな要因となる円安。 実際の2007年から2016年における過去10年間の「日経平均・ドル円」相関係数は0.91で、非常に強い相関が示されています(0.7~0.9:強い相関、0.9~1.0:非常に強い相関)。 リーマンショックの影響があった2009年は例外で負の相関が発生していますが、全体では現実感のある結果となりました。 ただ2017年は、ドル高・円安要因となる米国の政策金利...

堀池 泰
執筆者
堀池 泰
保険アドバイザー

2017年8月のソニー銀行金利と今後の見通し

 銀行の中では数少ない、翌月の適用金利を今月に発表しているソニー銀行ですが、8月は固定金利が全て上昇しました。 まず変動金利ですが、これは日銀が「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を継続していることや、日本の短期金融市場が安定しているため横ばいとなりました。変動金利の横ばいは、8月の他行の金利でも同様だと思います。 なお、ソニー銀行は返済額を5年間一定としその一定の金額の範囲内で、元本、利息の定...

沼田 順
執筆者
沼田 順
ファイナンシャルプランナー

2017年7月の住宅ローン金利と今後の見通し

まず変動金利ですが、これは据え置きとなりました。6月15~16日に日銀で開かれた、金融政策決定会合でも原則的な金融政策は据え置かれたため、現在は金利を引き上げる環境にはありません。 日銀は、2%の物価上昇率を達成するまでは基本的に「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を継続する考えですが、4月27日に公表した最新の政策委員の見通しの中央値では物価上昇率を17年度は+1.4%、18年度は+1.7%...

沼田 順
執筆者
沼田 順
ファイナンシャルプランナー

口は幸いの元

様々な公約を掲げた米政権。 その後の状況は周知の通りで、特に大型減税などの公約が実現せず、また今後の可能性も低いことから米ドルは停滞しています。 直近約9カ月における、主要6通貨に対するドル指数推移は以下の通りです。 ■ドル指数推移(DXY) 2016/10  97.7 2016/11  99.8 2016/12 102.1 2017/01 101.2 2017/02 100.7 2017/03...

堀池 泰
執筆者
堀池 泰
保険アドバイザー

ドムスと住宅ローン

ラテン語で家屋を意味するドムス(domus)。 古代ローマでは中流階級以上の住居を指しました。 荒い動きながらも、2011年頃から総じて力強い回復を見せてきた米・不動産市況。 直近では改めて踊り場に差し掛かっています。 過去約10年の、住宅着工件数推移は以下の通りです。 ■米・住宅着工件数推移(万戸) 2006  181 2007  134 2008   90 2009   55 2010  ...

堀池 泰
執筆者
堀池 泰
保険アドバイザー

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「利上げ」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (18件)

  • コラム

    (154件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索