「出産手当金」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

岡田 ひろふみ
岡田 ひろふみ
(恋愛アドバイザー)

女性の為の新しい復縁方法

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

閲覧数順 2017年08月18日更新

「出産手当金」を含む検索結果一覧

400件が該当しました

利用者からのQ&A相談

今年の保険の扶養にはいる場合について

素早い回答ありがとうございます。大変スッキリしました。4月に働いて5月に振込まれた収入〜来年3月迄の収入が130万未満であれば大丈夫と言う事ですね。この場合の来年3月迄の収入とは2/28まで働いて3月に振込まれる給料の解釈で合っていますか?何回も質問して申し訳ありません。

回答者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー
岡崎 謙二

育児休業中の配偶者控除について

平成28年は、育児休業中で育児休業給付金をいただいていました。そのため、夫の配偶者控除ができると思い、年末調整で配偶者控除を申請しましたが、源泉徴収票が届くと、私の収入は140万でした。一般的に源泉徴収票の支払総額には手当金は含まれているのでしょうか?含まれているならば、確定申告はしなくてもいいと思いますが、含まれていないならば確定申告しなければいけないでしょうか?宜しくお願いいたします。

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

育児休業給付金受給要件等について

平成24年2月 第一子出産産前産後休暇及び育児休暇を取得、平成25年1月より復職。平成27年5月 第二子出産一子同様、産前産後休暇取得、現在育児休暇中。平成28年5月末まで有給と組み合わせ取得し、6月より復職予定。只今第三子妊娠が分かり、平成28年5月上旬出産予定。二子誕生日が5月下旬のため、育児休業給付金受給中の出産となります。なお、新しい制度に基づき二子の産前産後休暇から社会保険料免除申請を提...

回答者
高橋 圭佑
社会保険労務士・行政書士
高橋 圭佑

産休手当と標準報酬月額について。

表題の質問について、よろしくお願いします。現在妊娠中で、8月12日より産休に入る予定の30代女性です。(産前6週間、産後8週間のフルで取る予定です)勤務医で、当直手当、交通費等を含め、額面の給与は120~130万円ほどです。(今年4~6月の給与も120万円くらいです)もともとは年棒制で、それを12で割った額+各種手当といった形で支払われています。産休手当についてですが、いただけることはいただけるよ...

回答者
寺野 裕子
ファイナンシャルプランナー
寺野 裕子

出産手当金

健康保険の出産手当金の申請なんですが予定日は23日だったのですが間違えて26日と伝えてしまったことを忘れてて育児休暇に入ってしまいました。会社には伝えてないのですがこのまま申請した場合手当が貰えないのか不安定です。どのようにしたらいいのか教えてください。

回答者
大泉 稔
研究員
大泉 稔

専門家が投稿したコラム

医療費控除 よくある間違い

確定申告で医療費控除よくある間違いを紹介します。 ・健保組合が発行した「医療費のお知らせ」→領収書ではありませんので、領収書を添付しましょう。 ・出産育児一時金、高額療養費→明らかに健保組合等から補てん金があると思われるものは未収であっても見積りで控除します。 ちなみに、出産手当金は傷病手当金などの付加金は補てんではないでの控除する必要はありません。 ・レーシック手術→医療費控除の対象となりま...

大黒たかのり
執筆者
大黒たかのり
税理士

出産したら

会社員C「昨日会社の同僚に子供が生まれたんだ」   主婦A「おめでたいわね。何かお祝いしなくちゃ」   会社員C「何がいいかな。出産したばかりでまだバタバタしているから落ち着いたらでいいかな」   主婦A「でもすぐにでもほしいものだってあるから用意はしておいた方がいいわよ」   会社員C「本人に聞いてみるよ」   先生B「出産とはおめでたいね。ぜひ医療費控除はチェックしておきた...

大黒たかのり
執筆者
大黒たかのり
税理士

扶養家族の「103万円・130万円の壁」って?ー扶養内で働くメリットとデメリット

こんにちは、専門家プロファイル編集部です。 マネー分野で人気なのが「扶養家族に入れますか?」「扶養に入れる範囲内で賢く働くには?」といった質問や、「103万と130万円の壁」といった内容の記事。 今回は、「扶養に入れる範囲内で働きたい」と考える方にとって関心が高いと言えるテーマ、「扶養家族」についてまとめました。   早速ですが、扶養家族についてご存知ですか?扶養家族がいるかいないか...

妊娠・出産・育児でもらえるお金はいくら?

妊娠・出産・育児では、家族が増えることでの経済的リスクを軽減するため、国や自治体、社会保険制度からの公的制度があります。主にもらえるお金として、健康保険に加入している人であれば「出産育児一時金(家族出産育児一時金)」及び「出産手当金」、国・自治体から「児童手当」、雇用保険から「育児休業給付金」があります。職業や収入、家族構成によってその額や支給期間は異なりますが、まずはすべての女性がもらえるお金に...

田中 香津奈
執筆者
田中 香津奈
CFP・社会保険労務士

公的医療保険制度について

昭和36(1961)年に「国民皆保険」の体制が整い、生まれたときから全員が何らかの公的医療保険制度に加入しています。病気やケガをして病院に行ったとき、保険証1枚で一定の自己負担により必要な医療サービスを受けることができます。また、フリーアクセスであり、受診する医療機関を自由に選ぶことができます。医療保険制度は、職業や年齢によって加入する制度は異なりますが、75歳未満の人は健康保険などの被用者医療保...

田中 香津奈
執筆者
田中 香津奈
CFP・社会保険労務士

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「出産手当金」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (370件)

  • コラム

    (30件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索