「出生率」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

杉浦 恵祐
杉浦 恵祐
(ファイナンシャルプランナー)

金融商品の税制や国民健康保険料等の社会保険料対策なら

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)

27年の経験を活かし、不動産を通じてあなたを幸せにします。

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)
小田 都呼
小田 都呼
(恋愛・婚活アドバイザー)

閲覧数順 2017年08月16日更新

「出生率」を含む検索結果一覧

75件が該当しました

利用者からのQ&A相談

体脂肪率が高くない人に適したダイエット方法とは

現在160センチ、49.5キロ、体脂肪率は19%を切っています。目標体重は2ヶ月でマイナス3.5キロです。ダイエットは始めたばかりですが、毎日1100キロカロリー摂取を目安に食生活に気をつけています。また気軽にできる体幹ストレッチや、移動をなるべく徒歩や自転車でするよう心がけています。体脂肪率について調べると、私の現在の体脂肪率はそこまで高いものではない(むしろ低い部類に入る)ことが分かりました。...

回答者
佐久間 健一
ボディメイクトレーナー
佐久間 健一

アメリカの家のローンと今後のマネープランについて

はじめまして。アメリカ駐在期間中(03年8月〜08年6月)に現地で家を購入しました。当初は5年以上住む予定だったため購入したのですが、諸般の事情によりやむなく帰国。いまは賃貸に出していますが、家賃収入(約20万円)に対して支出(約28万円)が上回っています。家を売ろうにも、昨今の住宅バブルにより、購入金額より20%ほど下がってしまっており、売却額+手数料がローン残高とほぼ同額になりそうです。子供に...

回答者
吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー
吉野 充巨

自己負担分の増加をどう予測されますか

医療保険の加入を検討してます。専門家の方々の回答やコラムを読んでると、公的保険や高額療養制度があるので、必要以上に保険加入を考える必要はない、という意見が主流です。私も同じ考えなのですが、ただ、それはあくまで、今の自己負担率がこのまま変わらないのが前提の話であって、今後の少子化や財源不足や国保の納付率低下を考えると、自己負担の比率アップは必至で、私が高齢者となる30年後や40年後には、自己負担が5...

回答者
照井 博美
ファイナンシャルプランナー
照井 博美

面接時に言いたくないことについて

結婚して数年、現在30歳ですが、面接に行くと遠まわしに「子どもの予定は?」と聞かれます。会社としては採用後、妊娠のためすぐに退社をされるのは困るということで、聞いているのは理解できるので、「子どもの予定はありません。」など経済的な理由で働くことを話しているのですが、やはり妊娠出産について言われてしまいます。実を言うと不妊症で治療をしなくては子どもは出来ないので、その事を言えば納得してくれそうな気は...

回答者
田邉 康雄
経営コンサルタント
田邉 康雄

生活費について

毎月の生活費についてご相談です。結婚して数ヶ月、家を購入する為、今はまだ別々の生活をしています。そこで今一番心配なのは、生活費のことです。一緒に生活を始めると私は仕事を辞めなくてはいけません。理由として私と旦那の住んでいる所が遠い(県が違う)からです。旦那の月収額は約32万円。住宅ローンの月々の返済額が今の予定だと12万ぐらいです。(ボーナス払いなし)これはまだ決定ではありません。車も2台は絶対必...

回答者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー
辻畑 憲男

専門家が投稿したコラム

出生数、初の 100 万人割れ

厚生労働省の発表によると2016年に生まれた子供の数は97万人で、初めて100万人を切りました。しかも出生率は1.44とマイナス。 さらに婚姻件数は62万人前年より減り、戦後最小。ちなみに離婚件数は21万件です(3組に1組は離婚ですね)。 このままじゃぁ日本は衰退していきます。政府はもっともっと少子化対策より婚活対策に力を入れてほしい。未来の日本のために。。  

岡崎 謙二
執筆者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

2053年に人日本の人口1億人割れる、このままではやばい!

厚労省は現在の出生率(1.44)が続けば、日本の人口が2053年に1億人を割り2,065年には8800万人になると予測しました。さらに高齢者の割合が増え働き手である生産年齢人口(15歳から64歳)が4割も減るようです。 出生率はここ数年で多少改善したものの目標の1.8には遠く及びません。というか2を超えないと人口維持できないですが。 このままでは日本が衰退していくのも目に見えてます。政府...

岡崎 謙二
執筆者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

出産・子育ての助成

こんにちは川口です。 子育てママさんの為のお金のセミナーがお陰様で大変好評頂いてます。 子ども達には「読み聞かせ」のプロと連携しながら、益々今後楽しくセミナーをして行こうと考えてます。 子育て経験を生かしたママ達への子育てコーチングも限定的に増やしていけたら幸いです

川口 幸子
執筆者
川口 幸子
ファイナンシャルプランナー国際認定コーチ

出生数 初めて100万人をわる…

厚生労働省によると2016年生まれの子供の数が100万人切り98万人程度になるなる見通しです。 少子高齢化が止まらず、1898年の統計以来初めて100万人を割り込むようです。 この要因は20.30代の人口減少に加えて、子供にかかる経済的な負担から第2子の出産を控えて子供が減っているからのようです。 出生率と経済の拡大はリンクしており経済的な余裕がないと子供は生まれないのは明らかです。だから私...

岡崎 謙二
執筆者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

男性の育休取得、過去最高2.65%

皆さんこんにちは、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺です。 少し前の記事になってしまいますが、日本経済新聞の記事によると、厚生労働省は雇用均等基本調査で2015年度の男性の育児休暇取得率は、2.65%だったと発表した。比較可能な1996年度の調査開始以来過去最高だった。 女性の育児取得率は81.5%で、前年度より5.1ポイント減った。29人以下の小さな事業所で女性...

渡辺 行雄
執筆者
渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「出生率」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (5件)

  • コラム

    (70件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索