「共有名義」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

タカミ タカシ
タカミ タカシ
(キャリアカウンセラー)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2017年08月21日更新

「共有名義」を含む検索結果一覧

641件が該当しました

利用者からのQ&A相談

会社解散後の法人名義の自宅

役員が主人と私だけの小さな会社を経営しております。今年に父親名義の土地建物にリフォームをしようかと思っておりまして、出資金額による持分の私達の会社と父との共有名義にしようかと思っているのですが、会社解散後も住み続けるには何か方法はありますでしょうか?その際にかかる税金などの費用も教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。

回答者
小松 和弘
経営コンサルタント
小松 和弘

住宅購入時の頭金の振込

夫婦共有名義で住宅を購入いたしましたが、頭金を売主に振り込む際、夫婦それぞれから振り込まないといけないのか、それともいったんどちらかの口座に振り込んで、その口座から振り込まないといけないのか、どちらでもよいのか、ご教示いただきたくお願い申し上げます。

回答者
渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー
渡辺 行雄

フラット35の契約

10年前に父親と共有名義で自宅を購入しました。ローンは自分名義です。結婚を機に新たに自宅としてフラット35を組む審査に通り今月契約予定です。自宅は母親に賃貸で貸す契約を結んでいます。売却の予定は今のところありません。10年前とは別の金融機関になります。この場合すでに組んでいるローンの金融機関にも新たなローンを組んだことをあらかじめ伝えると利息の見直しや不利益になる契約変更をしなければならなくなるの...

回答者
野口 豊一
不動産コンサルタント、FP
野口 豊一

住宅取得等資金の贈与税申告について

今年3月にマイホームを購入しました。その際、私(妻)は実父から1200万円の贈与を受けました。これから住宅取得等資金の贈与税の申告を行う予定です。(省エネ等住宅の為、非課税対象として)登記は夫と私(妻)の共有名義で、私(妻)の持分は実父からの贈与分のみです。ハウスメーカーへの入金が以下のように複数回ありました。(1)手付金(2)中間金1(3)中間金2(4)残金贈与は実父名義の口座から私(妻)名義の...

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

住宅取得等資金の贈与の非課税枠における住宅面積

お世話になります。自宅の新築を予定していますが、親から住宅資金の贈与を非課税枠で受けます。国税庁のホームページよりますと、非課税となるための要件として家屋の床面積が50平方メートル以上とありますが、次のケースでは非課税となるのでしょうか。住宅総額:2000万円親からの資金援助:(下記2つを併用)・住宅取得等資金の贈与として1100万円・親の共有名義分として親が800万円を出資ローン:自分名義100...

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

専門家が投稿したコラム

【不動産を共有名義で購入する際に注意すべき点とは?】

『マイホーム購入時の資金計画・住宅ローン借り換え相談』に強いファイナンシャルプランナーの真崎です。 共有名義とは、購入する住宅の所有者を、複数の方の名前で登記をすることです。 しかし、どのような割合で登記をしても良いわけではなく、“お金を出した割合”に応じて登記をしないと贈与税の問題が生じてしまいます。 例えば、3,000万円の住宅を購入する際に、ご両親が1,000万円を出してくれたとしま...

真崎 喜雄
執筆者
真崎 喜雄
ファイナンシャルプランナー

住宅ローンが払えなくなる原因

 今日は住宅ローンが払えなくなる原因について話したいと思います。多いのは次の3つです。まず一つは、不況による収入減、給料カット、ボーナスカットです。転職して、以前と比べだいぶ下がったという人も多いですね。又、ボーナス払いを組んでいる方は、急にボーナスがでないとなればやはりキツイですよね。  次は離婚です。今までは夫婦共働きで二人で払っていたが、離婚した後、ひとりでは払えないというものです。そして...

山田 大史
執筆者
山田 大史
代表サポーター

争族は親の責任!相続で揉めないための争族対策

意思がはっきりしている間に全員に思いを伝え、それが出来ないな ―――前回、相続について考えるとき、相続税を減らすことを目的にいろいろと策を練るべきではないことがわかりました。では、積極的にすべきことはありますか? 「遺産分割で家族が争う姿は見たくありませんよね。『争族対策』をしっかりしましょう。実は私も争族に巻き込まれた経験があるため、必要性を強く感じています」 遺言書を書くことが争族の元に...

吉野 充巨
執筆者
吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

家族のために、としたことなのに・・・住宅ローン控除が使えなくなる⁉②

 前回の続きです。 結婚して、家族が増えて、 住宅をローンで購入したが、 離婚することに。 収入が低い妻と、子供の将来のために 住宅ローンはそのまま夫が払い続け ローン終了後に妻に名義変更をすることを 選択した場合・・・ 残念ながら、今まで受けていた 住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)が 使えなくなります ローンの債務者(この場合夫)が その住宅に住んでいることが要件だからです。  ...

藤原 文
執筆者
藤原 文
行政書士

夫婦の共有名義で住宅を取得した場合の住宅ローン控除

Q:夫婦2人で、お互いに住宅ローンを組んで住宅を購入し、共有する予定です。この場合、2人とも住宅ローン控除の適用を受けることができますか? A:2人とも住宅ローン控除の適用を受けることができます。この場合、お互いの共有持分に係る取得費用を上限として、個別に住宅ローン控除で控除できる金額を計算します。 しかし、共有名義であっても、夫婦どちらかの一方のみが住宅ローンを組んだ場合には、その一方し...

松本 佳之
執筆者
松本 佳之
税理士・公認会計士・行政書士

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「共有名義」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (560件)

  • コラム

    (81件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索