「個人情報保護法」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

岡田 ひろふみ
岡田 ひろふみ
(恋愛アドバイザー)

女性の為の新しい復縁方法

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

閲覧数順 2017年08月17日更新

「個人情報保護法」を含む検索結果一覧

140件が該当しました

専門家をご紹介

五島 一輝

ITコンサルタント

ITの主治医として、個々の企業にあったITの処方箋をご提供します

ITのもつ真のメリットをより多くの企業に享受してもらいたい。ITで企業の強みをより洗練させたい。横並びのIT化ではなく企業の個性や特徴を活かすIT活用のあり方を提…

五島 一輝

利用者からのQ&A相談

マイナンバーと年末調整

年末調整でマイナンバーは絶対に書くなと、上から言われたのですが、なにか違法な事などがあるのでしょうか?

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

生活保護。

現在 病気で働けないため 生活保護を受けさせて頂いています。私は一人暮らしのため 両親(離婚しています)に面倒が見れないか文書で書類を 市役所の方から送られました。それは しょうがないと思っています。ところが 父(小学生の時に別れて以来 どこにいるのかも分かりませんでした)に居所を調べて 書類を送ったという後に 市役所の人に 「お父さんから 手紙は届きましたか?」と言われ とても 驚きました。市役...

回答者
平松 徹
社会保険労務士
平松 徹

履歴書の賞罰について

私は以前、地方公務員として勤務していましたが、停職6ヶ月の懲戒処分を受け依願退職しました。理由としては刑事事件を起こしてしまい、書類送検をされたことです。しかし不起訴処分となりました。その後地元の市役所を受験し内定をいただいたのですが、提出書類の中の履歴書に賞罰の欄があり、このことを記載するべきか悩んでいます。記載するとしたらどこまで記載するべきか、また、記載した場合に今後の昇格や昇級などに影響が出るのか、教えていただけたら幸いです。

回答者
西田 正晴
転職コンサルタント
西田 正晴

肖像権について教えてください

肖像権について教えてください。一般的な個人も肖像権などはあるのでしょうか?現在知人が困っています。その知人が以前パートとして働いていた整体のHPでもめています。働いていた時にスタッフ紹介ページができて顔写真と名前まで載せていました。もちろん整体の代表の意向で名前まで載せていたのですが、本人は当初から名前まで載せるのは反対していました。その後代表とうまくやっていけなくなり整体を辞めました。それが5月...

回答者
鬼沢 健士
弁護士
鬼沢 健士

結婚相談所

こんにちは。どうぞ宜しくお願いします。私は専業主婦をしておりますが、自宅のパソコン等を利用して結婚相談サービスをしたいと思っております。そこで、質問ですが・・・1.個人で結婚相談所は設立してもいいのですか?  仲人協会等の団体組織に入会しないといけませんか?2.いまのところ収入の見込みが年間でいくらか把握できません  が、「開業届」は出した方がよいのでしょうか?  目安として、入会金5万・見合い金...

回答者
杉山 春樹
飲食店コンサルタント
杉山 春樹

専門家が投稿したコラム

外国事業者への第三者提供 | 改正個人情報保護法

改正個人情報保護法が、平成29年5月30日より全面施行されます。 改正前の個人情報保護法では、5,000件を超える個人情報を保有する事業者のみが個人情報保護法の適用対象でした。 しかし、改正個人情報保護法では、保有している個人情報が5,000件以下の事業者であっても、適用の対象になります。外国事業者への第三者提供改正前の個人情報保護法は、外国にある第三者に対する個人データを提供することについて...

中西 優一郎
執筆者
中西 優一郎
弁護士

データベース提供罪 | 改正個人情報保護法

改正個人情報保護法が、平成29年5月30日より全面施行されます。 改正前の個人情報保護法では、5,000件を超える個人情報を保有する事業者のみが個人情報保護法の適用対象でした。 しかし、改正個人情報保護法では、保有している個人情報が5,000件以下の事業者であっても、適用の対象になります。データベース提供罪改正個人情報保護法では、個人情報データベース等を取り扱う事務に従事する者又は従事していた...

中西 優一郎
執筆者
中西 優一郎
弁護士

トレーサビリティの確保・第三者提供を受ける場合 | 改正個人情報保護法

改正個人情報保護法が、平成29年5月30日より全面施行されます。 改正前の個人情報保護法では、5,000件を超える個人情報を保有する事業者のみが個人情報保護法の適用対象でした。 しかし、改正個人情報保護法では、保有している個人情報が5,000件以下の事業者であっても、適用の対象になります。トレーサビリティ・第三者提供を受ける場合改正法では、個人データの第三者提供をする場合、第三者提供を受ける場...

中西 優一郎
執筆者
中西 優一郎
弁護士

トレーサビリティの確保・第三者提供をする場合 | 改正個人情報保護法

改正個人情報保護法が、平成29年5月30日より全面施行されます。 改正前の個人情報保護法では、5,000件を超える個人情報を保有する事業者のみが個人情報保護法の適用対象でした。 しかし、改正個人情報保護法では、保有している個人情報が5,000件以下の事業者であっても、適用の対象になります。トレーサビリティ・第三者提供をする場合従前は、企業が個人データを第三者に提供する場合には、その提供の記録の...

中西 優一郎
執筆者
中西 優一郎
弁護士

オプトアウト規定の厳格化

改正個人情報保護法が、平成29年5月30日より全面施行されます。 これまでは取り扱う個人情報の数が5000以下の事業者には、個人情報保護法が適用されていませんでした。 この度、改正法の全面施行によって、適用除外の規定が撤廃されます。 個人情報を取り扱う事業者はすべて個人情報取扱事業者として法規制の対象になります。オプトアウト規定の厳格化改正個人情報保護法では、オプトアウト規定による第三者提供をし...

中西 優一郎
執筆者
中西 優一郎
弁護士

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「個人情報保護法」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (49件)

  • コラム

    (90件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (1人)

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索