「保険料納付要件」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

岡田 ひろふみ
岡田 ひろふみ
(恋愛アドバイザー)

女性の為の新しい復縁方法

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

閲覧数順 2017年08月18日更新

「保険料納付要件」を含む検索結果一覧

9件が該当しました

利用者からのQ&A相談

国民年金

54歳女性、配偶者はいません。現在、自由業+パートで、国民年金を払っています。老後の資金を少しでも増やしたいのですが、このまま年金を払い続けていくのがよいのかよくわかりません。毎月の1万5000円をもっと有利な保険等に変えることはできるでしょうか。その場合どういう種類の保険がいいでしょうか。

回答者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー
辻畑 憲男

遺族年金を受給資格に満たしていない場合

はじめまして。現在 夫(42才)妻(35才)長女(6才)次女(4才)の四人家族です。夫は、42歳ですが、20才から11年ほど、年金に加入していなかったようで、現在年金加入期間が124カ月(22年10月現在)しかありません。そのうち、国民年金が全額免除期間が12カ月あります。このまま60歳もしくは、65歳まで主人が元気に働いてくれれば、年金受給額は減算されてはいるものの、支給資格は得られるかとおもい...

回答者
松本 仁孝
行政書士
松本 仁孝

学生納付特例による未納と遺族年金について

年金の学生納付特例による未納分があることがわかりました。夫(28)36ヶ月、妻(28)41ヶ月分です。追納猶予期間が10年ということなので、年齢的にも微妙なところです。しかも、併せると相当な額になり、現在新居を建設中な為に追納する余裕も正直ありません。ここでの過去の質問を拝見してみると、女性の方が将来貰える年金額が少ないということで、妻の分から支払う方がよいとありました。そこで、遺族年金についてで...

回答者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー
岡崎 謙二

学生時代の年金

29歳、公務員です。大学時代と就職前の年金が、3年半分、総額約65万円未払いのままです。社会保険事務所に問い合わせたところ、今ならまだ追納が可能だと言われました。もし、払わないままだと受け取る年金が(現在のシステムでは)約7万円減るということでした。何十年先の1年あたり7万円と、今の65万円でどちらをとるか悩んでいます。払う場合、払わない場合のメリット・デメリットなど教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

回答者

障害者年金がもらえません

現在45歳の男性です。16歳の高校の時から、不登校になり、引きこもりを続けています。30歳になる頃に、これではいかんと、親戚が強引に精神科に通院させられるようになって、現在も通院中です。国民年金には27歳ころまで入っていなくて、精神科に通院する時点の加入期間が3分の2に達していないので障害者年金がもらえません。また、特例措置の通院開始日時点での1年間納付があるかと調べたところ、通院月の直前の2ヶ月...

回答者

専門家が投稿したコラム

遺族厚生年金を受給できる方達と年金額の算式

前回は遺族基礎年金を紹介しました。今回は遺族厚生年金につい内容を説明します。 遺族厚生年金の受給要件は 1. 厚生年金保険の被保険者が死亡したとき(在職中の死亡)。 2. 厚生年金保険の被保険者期間中に初診日のあるけがや病気で、初診日から5年以内に死亡したとき(初診日から)5年以内の死亡) 3. 1級または2級の障害厚生年金の受給権者が死亡したとき。 4. 老齢厚生年金の受給権者または厚生老齢年...

吉野 充巨
執筆者
吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

遺族給付を受ける要件について (若齢の)遺族基礎年金

FPの教科書に遺族給付は、貰える人がだれかを確り把握することとされています。例えば、奥様が無くなられた際に、ご主人は遺族給付を受けられるのか等が家計にとって重要なポイントになります。しっかりご確認下さい。 遺族年金には、遺族期さ年金と遺族厚生年金があります。 どちらも遺族給付は年金加入者または年金受給権者が死亡した際に、生計維持関係がある「一定の要件を満たす」遺族に遺族年金が支給されます。 ...

吉野 充巨
執筆者
吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

「遺族厚生年金」って何?

会社員や公務員などの第2号被保険者の場合は、遺族基礎年金に「遺族厚生年金」「遺族共済年金」が上乗せされて支給されます。 遺族厚生年金が支給されるには、一定の要件が必要です。 ●遺族厚生年金の受給要件  1.厚生年金保険に加入中(つまり在職中)の被保険者が死亡したとき  2.被保険者の期間中に初診日のある人が、初診日から5年以内に死亡したとき  3.1級2級の障害厚生年金の...

宮里 恵
執筆者
宮里 恵
ファイナンシャルプランナー

「火災保険」に関するまとめ

  • 火災保険のこときちんと知らなかったかも…今からでも覚えて損はないお役立ち情報を専門家が紹介!

    皆さんは火災保険の10年を超える長期契約が、2015年10月から廃止になるのをご存知ですか?実質的な値上げとなってしまうため、家計などいろんな場面での影響が考えられます。 しかし一方で、契約している火災保険を見直すチャンスでもあるのではないでしょうか。 そこでこのページでは、長期契約廃止による影響に関してはもちろんのこと、火災保険に関する基本情報や意外と知らない適用条件など、専門家による様々な解説を紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「保険料納付要件」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (6件)

  • コラム

    (3件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索