「住宅密集地」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

岡田 ひろふみ
岡田 ひろふみ
(恋愛アドバイザー)

女性の為の新しい復縁方法

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

閲覧数順 2017年08月18日更新

「住宅密集地」を含む検索結果一覧

107件が該当しました

利用者からのQ&A相談

土地購入について

土地購入を考えています。希望の土地(市街化区域第1種低層住居専用地域40/80 116.52ヘーベー約10メートル正方形)の南側(ほぼ同じ面積 50/150)が第1種中高層住居専用地域です。希望の土地との境界線1メートル手前位まで第1種中高層住居専用地域になっています。西側開発道路6メートル、北側同じような整形地、東側2階建ての住宅。このような場合、南側に3階建てが建つ可能性があり、どの程度日当たりが希望の土地に影響してしまうでしょうか。南側に駐車場を考えています。

回答者
小松原 敬
建築家
小松原 敬

寝室の照明についてアドバイスください。

はじめまして。このような寝室を計画しています。http://yahoo.jp/box/qPJkh7布団で寝る予定です。眠りやすい照明をと考えておりますが、アドバイス頂ければ幸いです。足下は、ダウンライトで、45度の角度で、収納に向ける予定です。頭は、上向きのブラケットで、天井を照らす予定です。住宅密集地で、窓がありますが、50cm~80cm先にはブロック塀があります。

回答者
佐山慎英
建築家
佐山慎英

超高気密は必要か?

3地域在住です。冬の平均気温は1℃~2℃で暖房が長期間必要です、夏は蒸し暑いですが住宅密集地ではないため、窓を開けての通風が可能でで冷房使用はわずかです。 現在の家が寒いのと老朽化で、建て替えを計画しています。高断熱で温かくしながらも 夏の通風を考えできるだけ窓を大きくしたいと考えています。 複数の工務店や建築家の話を聞きましたが、高断熱についてはどこでも十分な厚さの断熱をしているのですが、気密に...

回答者
稲垣 史朗
リフォームコーディネーター
稲垣 史朗

上棟後にトップライトをつけたい。

はじめまして。現在、設計士さんにお願いしまして一戸建ての新築工事中です。5日前に上棟いたしましたが、現場を確認しますと、家の中があまり明るくない印象がありました。3方向を住宅に囲まれた住宅密集地の小さな敷地です。現在屋根にトップライトはなく、コの字型の形で南側に3畳ほどの小さな庭を作り、1Fと2Fを庭に面して出入りできる大きな窓をつけているのですが、それだけで十分な明るさがあるかどうか不安です。他...

回答者
小松原 敬
建築家
小松原 敬

建て替えか、転居か悩んでいます。

現在、妻の実家に子どもと義母の四人暮らしです。築45年の木造家屋で、老朽化もあり悩んでいます。○土地・北北東に4mの公道・道路に面して間口約7m、南西に約12m少し台形で32坪強・東側は2m程度の私道・第一種中高層、建蔽率60%、容積率200%、第二種高度地区、準防火地域・地盤改良が必要な可能性あり○隣家・東側は2m程度の私道を挟んで、南、西は境界から60cm程度離れて3方共2階建てどの家も、南側...

回答者
岩間 隆司
建築家
岩間 隆司

専門家が投稿したコラム

屋上は天空の中庭―桜を眺め・子供のプール・洗濯干し・空を我が家の庭に

屋上がある良さは、「日が当たる」「眺めが良い」「開放感」「非日常」。 密集した住宅地、隣の建物がせせこましく建っていても、屋上にでれば遠くまで広がる眺めが解放感抜群です。これまでいくつかの屋上・ルーフバルコニーのある家を設計してきましたが、そこでは、近くの公園の桜を眺めたり、ビールを飲みながら日焼けをしたり、子供のプールを広げたり、ベランダガーデニングを楽しんだり、毎日の洗濯モノを干したり。 ...

小木野 貴光
執筆者
小木野 貴光
建築家

2種類の土間の使い方

土間のある家が、増えて来ました。 写真を見ると素敵だけど、どうやって使うの?という声を聞きます。 実は土間には2種類の土間があります。 1つ目は玄関についている土間。 2つ目はリビングについている土間。 1つ目の玄関についている土間は、外置きのものを収納するスペースを兼ねたり、 来客スペースとして使ったりします。 2つ目のリビングについている土間は、サンルームにしたり、...

小木野 貴光
執筆者
小木野 貴光
建築家

上棟

小さなテラスハウス(集合住宅)、上棟です。ここまで来ると、ちょっとホッとします。 屋上に上がる階段から、リビングに光りが降り注ぐ構成。 綺麗に光りが降りてきそう。階段を媒介する事で、 直射日光の眩しさきつさは、柔らかくなりそう。 住宅密集地ならではの、気遣いが必要なところ。 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

小木野 貴光
執筆者
小木野 貴光
建築家

日経記事;『インフラ点検、ロボ活用 規制緩和で人手補う 安全性向上・成長産業に 政府、来年度にも』考察

皆様、 おはようございます。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 7月20日付の日経新聞に、『インフラ点検、ロボ活用 規制緩和で人手補う 安全性向上・成長産業に 政府、来年度にも』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『政府は橋やトンネルといった公共インフラの点検で、ロボットの活用を促す...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

その家(家族)の為のキッチン

今日はキッチンについて書こうと思います。 いつの頃からかは忘れてしまいましたが、キッチンは家の中心に置きたいと思うようになりました。核家族化からくる家族の変容がそう思わせるのかもしれませんし、単に家族の中心は母であるという思いが、そうさせているのかもしれません。また、キッチンをオブジェとして飾っている様にも思います。結果として、私の設計した住宅の殆どはキッチンが裏に隠れる事なく、堂々と家の中...

宮原 輝夫
執筆者
宮原 輝夫
建築家

サービス

「住宅密集地・狭小敷地」の住まいづくり、相談

狭小敷地で、豊かなスペースと居心地の良い住まい!

カテゴリ:狭小住宅

料金:無料

場所:東京都北区

小木野 貴光

小木野 貴光

(建築家)

専門家が投稿した写真・作品

木遊びの家/事務所併用住宅

2014/04/19 11:43
酒井 哲
(建築家)

うなぎの寝床の家

2012/11/06 12:00
小木野 貴光
(建築家)

奥様の趣味の部屋

2011/10/24 09:00
小木野 貴光
(建築家)

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「住宅密集地」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (23件)

  • コラム

    (51件)

  • 写真

    (32件)

  • サービス

    (1件)

  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索