「会社更生法」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

本田 和盛
本田 和盛
(経営コンサルタント)

労働法と組織心理学に精通した「凄腕社労士」

堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)
滝山 博行
滝山 博行
(鍼灸師)

閲覧数順 2017年08月23日更新

「会社更生法」を含む検索結果一覧

83件が該当しました

利用者からのQ&A相談

買収しやすい企業

プレゼンで困っています。買収しやすい企業はどういう条件の企業でしょうか?自己資本比率が高い企業は狙われやすいと言われますが、なぜでしょうか?

回答者
八ッ波 泰二
経営コンサルタント
八ッ波 泰二

長期間、工事がストップしていた物件

質問内容ある新築マンションを先日契約いたしました。当該マンションは売主が昨年破綻し、現在は会社更生法が認められ業務を続けております。 リスクを考慮し、最低限の手付金を入れ、契約をしました。場所などは気に入っているのですが、だんだんとある不安要素が大きくなってきました。それは、会社が破綻したのと、周辺住民から反対運動が起こったことが原因で、約1年ほど、基礎工事途中で工事がストップしていた期間があった...

回答者
稲垣 史朗
リフォームコーディネーター
稲垣 史朗

鉄骨の錆

現在購入を検討しているマンションについて質問があります。昨年売主が倒産し、3階くらい(マンション自体は20階立てです)まで工事していた状況で工事がストップして会社更生法が適用されて現在は工事が進んでいます。工事が停止していた間放置されていた鉄骨が錆びて耐震に影響が無いかが気になっています。若干の錆であれば、錆代として問題ないかと思いますが、約1年半工事が止まっていた状態なのでそのまま工事が進んでい...

回答者
稲垣 史朗
リフォームコーディネーター
稲垣 史朗

会社更生に係る実態BS・PLの作成方法について

会社更生にあたり実態BS.PLを作成することとなりました。BS上実態のないものや実在しないもの、不正経理により計上したものがあり、これらをどのように修正したらいいのですか。評価時点の残高を基準とし、相手科目は繰越利益で仕訳をきればいいのですか。また、PLについては、元帳などで不正取引を確認し、修正するのですか。この場合、法人税、消費税の扱いはどうなりますか。抽象的な質問ですが、よろしくお願いします。

回答者
岡部 徹
税理士
岡部 徹

育児休業中の解雇

去年11月から今年9月まで育児休業中の会社員です。出産休業中に会社が民事再生を出して、法人格が去年9月から変更になりました。そのまま継続という形で健康保険も9月1日より変更して加入してます。先日人事より、「戻っても希望する空きがない」と言われました。当方は復帰する意思があることを伝えましたが、最悪、解雇されるかもしれません。その際こちらが不利にならないように注意することがあれば教えてください。宜しくお願いいたします。

回答者
葉玉 義則
キャリアカウンセラー
葉玉 義則

専門家が投稿したコラム

倒産

おはようございます、今日は民放の日です。刑事ドラマの数が多すぎますね。廃業についてお話をしています。休眠という何だかよくわからない状態の法人が相当するあることを紹介しました。次に考えてみたいのは倒産という言葉について。これもまた法的な用語ではありません。実際には民事再生法だとか会社更生法、破産手続といった色々な言葉を総括して使われていると考えて良いようです。民事再生法や会社更生法というのは、商売を...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

blog201405、社会保障法

blog201405、社会保障法 ・『社会保障法(第5版)』(有斐閣アルマ) ・西村 健一郎『社会保障法入門(第2版)』有斐閣 ・「企業年金の積立不足への対応策~年金減額を中心に」ビジネス法務2010年9月号 ・介護労働者の雇用管理の改善等に関する法律 ・『ハイレベルテキスト社会保険に関する一般常識』2014年、TAC出版 『社会保障法(第5版)』(有斐閣アルマ) 有斐閣、本文...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

「企業年金の積立不足への対応策~年金減額を中心に」ビジネス法務2010年9月号

「企業年金の積立不足への対応策~年金減額を中心に」ビジネス法務2010年9月号 確定給付型企業年金について、企業年金積立不足の理由から、給付すべき年金額を減額することができる場合の要件・手続を論じている。 ただし、日本航空のケースについては、会社更生法を利用した事実が記述されていない。  あまり見慣れないテクニカル・タームが頻繁に出ているので、精読が必要である。

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

Blog201404-1

Blog201404-1 今月は、以下のコラムを作りamebroとAllAboutに掲載しました。 [ブログ] ・今後ブログに追加していきたい法律 [民事法] ・『平成25年度重要判例解説』有斐閣、平成26年刊。 「民法判例の動き」 「商法判例の動き」(会社法、金融商品取引法を含む) 「民事訴訟法判例の動き」のうち倒産法・家事事件の部分 「租税法判例の動き」 「労働法判例の動き」...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

Blog201404、倒産法

Blog201404、倒産法 ・特定調停手続規則 ・『新・裁判実務体系21 会社更生法・民事再生法』青林書院 特定調停手続規則(平成一二年一月二○日最高裁判所規則第二号) 第1条(特定調停の申立て・法第三条) 第2条(財産の状況を示すべき明細書等・法第三条) 第3条(民事執行手続の停止・法第七条) 第4条(相手方が提出すべき書面等・法第十条) 第5条(当事者に対す...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「会社更生法」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (10件)

  • コラム

    (73件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索