「企業会計」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

佐久間 健一
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)

モデルボディメイク

中村 はるみ
中村 はるみ
(幸せの魔法をかける夫婦円満コンサルタント)

家庭と社会に"幸せの魔法”をかける夫婦円満コンサルタント

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大野 萌子
大野 萌子
(心理カウンセラー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月22日更新

「企業会計」を含む検索結果一覧

101件が該当しました

利用者からのQ&A相談

クレジット決済の売上月について

個人事業主でネットショップを開業しております。12月で売上をあげるか教えていただきたいのですがクレジット決済や代金引換などは、1ヶ月ほど遅れて入金があります。出荷日を12月に行った場合クレジット決済・代金引換の売上は1月※仕入も1月に払います。その場合、12月分として、1月の入金や仕入代金も計上しますか?それをやると、仕入先の締め日等も異なるので売上と仕入のバランスが変わってしまうのですが。。ちな...

回答者
林 高宏
税理士
林 高宏

住宅ローン、変動と固定で迷っています。

はじめまして。ご指導よろしくお願いします。住宅ローン、固定か変動か、決めきれずにいます。現在住宅ローンを変動・フラットエコの両方で本審査を申請して通っています。どちらを断るか迷っています 。夫婦共働き・世帯年収約900万(夫400、妻500)夫39歳・妻41歳子供2人(5歳.2歳)、高校までは公立を考えています。定年60歳、退職金それぞれ1000万35年返済ローン3300万、諸費用その他含めて手出...

回答者
渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー
渡辺 行雄

減価償却の有税償却について

これまで減価償却については、税法の法定耐用年数に基づき毎年決算において実施処理してきました。今後、経営環境も不透明であることも踏まえ、また、固定資産の割合も大きいとは思われないことから、企業会計上は、備忘価格1円まで有税による減価償却を実施したいと思います。減価償却については、税務会計と企業会計の側面があるようであり、また、話には聞くものの具体的な事例があまり明確でないことから、有税償却を実施してよいのか否かが、不明です。減価償却の有税償却について、問題はあるのでしょうか?

回答者
平 仁
税理士
平 仁

オラクルの習得は独学でどこまでできるか

会計系のオラクルの習得は独学でどれぐらいまで可能か。もし、可能であればどういう手順で行えばよいでしょうか。

回答者
村本 睦戸
ITコンサルタント
村本 睦戸

未公開グローバル企業とIFRS

株式公開企業はIFRSを導入し始めている企業はよくききますが、株式を公開しないグローバル企業もあります。こうした企業にとってIFRSがもたらす影響はありますか。もちろん導入しても費用対効果の観点からペイをしなければ意味がありませんが・・

回答者

専門家が投稿したコラム

工事進行基準が廃止

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日は会計基準についてのお話です。 日本の会計基準を作成する企業会計基準委員会(ASBJ)は、企業の売上高に関する会計処理を定める「収益認識基準」の草案を公開しました。 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/072501071/?mln&rt=nocnt これまで受託ソフトウエア開...

長谷川 進
執筆者
長谷川 進
経営コンサルタント

日経記事;『みずほ、IT新会社 伊藤忠などと、AI活用し新事業』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 4月30日付の日経新聞に、『みずほ、IT新会社 伊藤忠などと、AI活用し新事業』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は、以下の通りです。 『みずほフィナンシャルグループ(FG)は6月をメドに、IT(情報技術)分野のベンチャー企業をつくる。仮想通貨や人工...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

日本の資産と負債についてデータで確認。ニューズウィーク日本版を読んで。

先週発売された、ニューズウイーク日本版4月21日号に、1.「アベノミクス、景気回復の実感はいつ?」今も懐疑的な見方が多い阿部政権の経済政策が日本にもたらした「奇跡」 ピーター・タスカ(投資顧問会社アーカス・インベストメント共同創設者)私は、次のように常々思っています。欧州各国の失業率は軒並み2桁で、南欧諸国の若者の失業率は25%を超えています。それに比べ日本の失業率は一ケタで5%程度です。いくら新...

吉野 充巨
執筆者
吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

基準が変われば利益が変わる

おはようございます、今日はタバコのピース記念日です。喫煙者だった頃、たまに吸っていましたねぇ(止めて10年になります)。会計の期間についてお話をしてきました。棚卸しが必要な理由、固定資産、繰延資産、引当金など現在の企業会計において特徴的な項目を色々と紹介しました。これらはすべて会計の要請する「適正な期間損益」、つまり・この一年間でどれだけ儲かったのか?ということを計算するために設けられている項目で...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

売上と売上原価の対応

おはようございます、初詣はどこかに行かれましたか?我が家は毎年地元の氏神さまにお参りしております。会計の期間についてお話をしています。「売れていった商品の仕入額を確定させること」が棚卸しの目的です。ここで現代の企業会計でとても重要とされている原則をご紹介します。「費用収益対応の原則」といいます。これを少し噛み砕いていうと・今年売り上げた金額と・それに対応するだけの仕入額が・きちんと当期に計上されて...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「企業会計」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (11件)

  • コラム

    (90件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索