「人種差別」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

タカミ タカシ
タカミ タカシ
(キャリアカウンセラー)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2017年08月20日更新

「人種差別」を含む検索結果一覧

33件が該当しました

利用者からのQ&A相談

涙もろい

涙もろすぎる自分に困ってます。親に進路の話をされただけで泣いてしまいます。私はふざけたつもりがなかったのに先生にぶざけるな と怒られたときなにを根拠に!と泣いてしまいました。男友達が殴り合いのケンカをして怖くなって泣いてしまいました。人種差別や戦争がとても嫌いでそんな映像を見てすぐに泣いてしまいます。友達に私がしてほしい行動と違う行動をされたらイライラして泣いてしまいます。こんな行動が家でならまだ...

回答者
国府谷 明彦
厚生労働省認定 産業カウンセラー
国府谷 明彦

子供に海外留学させたい。おすすめの時期は?国は?

小学2年生の娘がいます。海外で生活することで、視野を広げてほしいという思いがあり、将来海外留学をさせたいと思っています。私自身は大学時代に留学したのですが、子供の将来への影響を考えると、早いほうがいいのでしょうか? 小~中学で親子留学するか、高校で1ヶ月程度短期留学させるか、それ以降か。経済的な問題があるので、何度も留学させることはできないので、おすすめの時期を教えていただけると助かります。おすす...

回答者
鈴木 将樹
英語講師
鈴木 将樹

ワーキングホリデイ

将来イギリスに移住したいと思っています。日本から現地採用の求人はあるものの現実には難しいのでワーキングホリデイでビザを取り、現地に着いてから仕事を探そうと思っています。これは可能性としては実現できるでしょうか?

回答者
越智 昌彦
研修講師
越智 昌彦

専門家が投稿したコラム

マライア・キャリー 激太りで歌手生命の危機!ただ今106キロ

歌姫マライア・キャリー(47)が激太りして歌手生命の危機が取りざたされている。米芸能サイト「レーダーオンライン」が報じた。マライアは11日(米国時間)、ラスベガスのシーザーズ・パレスの劇場で行ったコンサートに激太りした姿で登場してファンを驚かせた。ステージで歩くのもつらそうな様子だったという。10曲を披露したが、1曲終わるごとに舞台裏に引っ込んで休んでいたそうだ。「彼女は明らかに口パクでした。舞台...

茅野 分
執筆者
茅野 分
精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)

異文化への無神経さ - Body Language & Cultural Insensitivity

言葉で嘘はつけても(トランプのように)態度で嘘はつけない(トランプのように)。 New York Times の記事 “The Awkward Body Language of Donald Trump”   脳科学、言語心理学の見地からも同じことが言えます。 言葉を発する時には脳の高等部分を使います。 「言ってはいけないこと」「こう言った方がいいかな〜」という企みを脳が発声期間に伝達し...

大澤 眞知子
執筆者
大澤 眞知子
カナダ留学専門家・英語教育者

カナダレポート May 17 - [落ちていくアメリカを北のカナダから観察]

「4歳児の子供の方がトランプより大統領に適している」とはNew York Timesの記事です。   人間として社会で行動するにはやってないけないことがたくさんありますよね。 もちろん4歳児ならみ〜んな知っています。   例えば: 1.嘘はついてはいけない 2.暴力はいけない 3.人種差別はいけない 4.人を押しのけて前にしゃしゃり出てはいけない   これをすべてやってのけて...

大澤 眞知子
執筆者
大澤 眞知子
カナダ留学専門家・英語教育者

カナダレポート May20 [カナダの大学を目指すアメリカ人]

[New York Times より] カナダ大学で留学生の数が急激に増加。特に秋からの新学期、アメリカの高校からカナダの大学めがけて学生が波のように押し寄せ、歴史的な増加になる。 理由はもちろんトランプ。 カナダは学費もアメリカよりはるかに安く医療保険も整い(留学生にも適用)環境もよい、移民に寛容なことも大きな魅力。 インドからの学生「人種差別はアメリカの大きな問題。今アメリカでは毎日イ...

大澤 眞知子
執筆者
大澤 眞知子
カナダ留学専門家・英語教育者

「カナダにいらっしゃい!」の時代です

トランプは、馬鹿なことに(馬鹿ですから)アメリカのIT企業が有能な外国人を雇う規制を厳しくしてしまいました。   IT 企業が怒ってアメリカから逃げ出し始めました。 様々な文化背景を持った多様で能力のある人材こそがIT企業を支えて来たことなど、全く無視の無能なトランプの国から。   そこにどっしり存在するのがカナダです! ITを勉強したい人! ぜひ「カナダにいらっしゃい!」 カナダ政...

大澤 眞知子
執筆者
大澤 眞知子
カナダ留学専門家・英語教育者

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「人種差別」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (3件)

  • コラム

    (30件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索