「予定利率」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

本田 和盛
本田 和盛
(経営コンサルタント)

労働法と組織心理学に精通した「凄腕社労士」

堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)
滝山 博行
滝山 博行
(鍼灸師)

閲覧数順 2017年08月23日更新

「予定利率」を含む検索結果一覧

460件が該当しました

利用者からのQ&A相談

払込期間満了となる終身保険の対応について

終身型保険に入っていますが、60歳で払込期間満了となります、今後どうするのがよいか教えてください。             記1.保障内容   終身保険(1000万円、一生涯)        定期保険特約(500万円、60歳まで)2.契約     平成1年3.医療特約なし4.現在の状況  貸付あり(現時点で、貸付金を返済しても数十万円の解約金が戻る)5.質問     今すぐ解約するのがよいのか、そ...

回答者
渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー
渡辺 行雄

企業年金連合会と個人型確定拠出年金について

はじめまして。個人型の確定拠出年金に興味があり調べているところなのですが、不明な点があるので質問させてください。現在、40歳パートで働いており国民年金第1号被保険者です。過去に正社員だった際に、9年ほど厚生年金基金に加入していた期間があり、現在は企業年金連合会に引き継がれています。連合会から個人型へは本人の申しこみで可能なようなのですが、このまま企業年金連合会で置いておくよりも、多少なりとも増やし...

回答者
森本 直人
ファイナンシャルプランナー
森本 直人

個人年金保険解約について

はじめまして。義兄の個人年金保険解約を考えており、これは得策なのか知りたく質問させていただきます。私には今年60歳になる義兄がいます。義兄は3年前より難病にかかっており、現在は無職です。難病で仕事は困難ですが、車の運転や短時間の買い物、家の中を歩くことはできるので、田舎で義父母の面倒をみてもらっています。その義兄についてですが、最近国民年金が長期間未納であることがわかりました。なぜか国民年金を払う...

回答者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー
辻畑 憲男

家計診断、家購入と保険について

東京都在住、2016年5月に第一子を出産予定で、マイホーム購入、家計についてアドバイスをいただきたいです。現在・毎月の収入  夫37歳(手取り月収25万円、ボーナス年間手取り90万円)、妻36歳(手取り月収20万円)・住居費用(賃貸) 108000円・食費 35000円・日用品 5000円・光熱費 14000円・現在の保険 31610円(夫・貯蓄型生命保険(死亡保障10...

回答者
寺岡 孝
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント
寺岡 孝

養老保険の払い済か前納かで迷っております。

かんぽ生命 ながいきくん(おたのしみ型)特別終身保険 満期 200万円に契約中基本保険料 7,380円 災害、疾病傷害入院特約 5,840合計13,220円 平成18年加入平成38年1月満期です。現在、平成30年12月分まで前納しております。先日 特約のみ解約を行ってまいりました。そこでご質問がございます。現在独身なので死亡保障は最低限確保できればよく、払い済にすべきか残り分を前納すべきかを迷って...

回答者
渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー
渡辺 行雄

専門家が投稿したコラム

金融機関が外貨建て保険の販売に力を入れているワケ

今回は「金融機関が外貨建て保険の販売に力を入れているワケ」 についてお伝えいたします。 2016年4月頃から貯蓄型保険の販売停止や予定利率の 引下げによる保険料引上げなどが相次ぎました。 また、金融庁が定める標準利率の引下げ(1%⇒0.25%)により、 2017年4月以降、円建て貯蓄型保険の魅力は完全に失墜。 生命保険各社は、終身保険や個人年金保険などの貯蓄型保険の 予定...

釜口 博
執筆者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー

標準利率改定でも慌てて保険に入らないほうがよい

来月(2017年4月)から生命保険の標準利率が現在の1%から0.25%に引き下げられる影響で、多くの生命保険商品で保険料が値上がりするため、保険の提案を受ける方が増えているようです。私のところにもお客様からの問い合わせが増えています。貯蓄性のある生命保険の中には2割以上の大幅な値上げとなるケースもあるため、なんとか今月中に加入をしておきたいという気持ちはわかります。 超低金利ですでに魅力のある貯...

久保 逸郎
執筆者
久保 逸郎
老後のお金の不安解消アドバイザー

運用利回り低下により、貯蓄型保険の優位性はなくなる

1.標準利率の引き下げにより、生保の予定利率も引き下げらる 本年4月より金融庁が定めている標準利率が1.00%⇒0.25%により、生命保険会社が契約者に約束する運用利回り(予定利率)が引き下げらる。 標準利率は金融庁が国債利回りをもとに決めているもので、生命保険会社は契約者から預かった保険料を主に日本国債で運用している。 現状は、日銀のマイナス金利政策による国債利回りの低下で生...

釜口 博
執筆者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー

保険商品を使った貯蓄は良いのか?悪いのか?

先日、とある保険会社の社員に電話してみると、 「来年に、貯蓄性保険の利回りが下がるかもしれない。」 といった話をお聞きしました。まだ不確実な話ですが、マイナス金利が保険会社の経営に大きな影響を与えていることが伝わりました。 保険商品では貯蓄ができないと、私がCFP(R)を取得した2000年頃には一部の方がすでに言われていました。貯蓄性商品の年換算利回りも2%を下まわっており、私も保険商品で貯...

上津原 章
執筆者
上津原 章
ファイナンシャルプランナー

マイナス金利、円高などによる生保の逆ザヤに要注意

1.生保の業績悪化が鮮明 2016年4月~6月期決算は、主要生保8社中6社の基礎利益(一般の会社で言えば営業利益に相当)が前年同期比で減少した。 首位の日本生命は1.5%減。 第一、住友、明治安田、富国、朝日はいずれも2桁減益となった。 業績悪化の要因の1つが、急激にすすんだ円高。 主要生保の昨年6月末の想定為替レートは1ドル=120円前後であったが、今年6月末は、100...

釜口 博
執筆者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「予定利率」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (317件)

  • コラム

    (143件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索