「ポーランド」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

高橋 昌宏
高橋 昌宏
(建築家)
白尾 由喜子
白尾 由喜子
(英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師)

閲覧数順 2017年08月20日更新

「ポーランド」を含む検索結果一覧

80件が該当しました

利用者からのQ&A相談

外交員報酬

化粧品販売業で 外交員報酬として2016年度は990000万ほどの収入がありました。(去年も900000万ほどでした。)確定申告をしたほうがいいのか、また確定申告をするなら 白色申告か青色申告か教えてください。それくらいなら確定申告しなくていいと聞いてたので、毎年、何もせず放置してました。でもマイナンバー制度も始まり、夫の扶養にも入ってるので本当にこのままでいいのか 今更ですが不安になりました。支払調書はありますが、領収書が全部はありません。領収書がない分でも経費とできますか。

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

たぶん歯周膿瘍ですが海外で治療は危険でしょうか。

とても困っているので是非アドバイスをよろしくお願いします。私は東欧のポーランドに住んでいます。もう1ヶ月半くらい前になるのですが、U字型になっているフロスを夜にしましたがその時歯茎を傷つけたような感じがありました。次の日起きると左の奥歯が浮いているように感じました。その後時間が経つにつれて痛くて物を噛めないほど歯が浮いてる感覚がありました。次の日は顔や頭の左半分がだるくて具合が悪く、リンパ腺が腫れ...

回答者
袋 晃子
歯科医師
袋 晃子

新興国ファンドの選択基準

お世話になります。先月から投資信託の積立を始めました。ネット銀行の1年定期と円MMFを相当額確保した上で、以下3ファンドを選びました。・日本株(225連動)・外国株(MSCIコクサイ指数連動)・外国債券(シティーグループ世界国債指数連動)上記3ファンドを選んだ基準は主に、・ノーロードのインデックスファンド・分配金は年0〜1回(再投資)・純資産100億以上その中から、信託報酬ができるだけ安く、レーテ...

回答者
吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー
吉野 充巨

専門家が投稿したコラム

ヨーロッパの子どものお小遣い

原油価格が低迷しても意に介さない、中東のオイルリッチ層 運転の出来ない小学生の子どもの誕生日プレゼントが、数千万円のフェラーリ。 さらに希望ナンバープレートの落札に1億円以上を費やすなど、桁違いの富豪ぶりは健在です。 産油国の金銭感覚はさておき、比較的堅実な欧州のお小遣い事情はどうでしょうか。 5歳以下の子どもの国別お小遣いランキングは以下の通りです。 ■欧州5歳以下の子どものお小遣いトップ1...

堀池 泰
執筆者
堀池 泰
保険アドバイザー

世界12カ国で紹介、とても嬉しいコト

世界12カ国で掲載していただいています とても嬉しいです! ■ポルトガル ■ブラジル ■ポーランド ■カナダ ■ロシア ■南アフリカ ■ベネズエラ ■インドネシア ■マレーシア ■韓国 ■香港 ■日本 「コンパクトでかわいい家」 小さい空間を有効活用する為の工夫とデザインをほどこした、40歳代の子育て世帯住宅 狭小敷地に建つ狭小住宅、「小さくてもこんなに豊かな彩...

三竹 忍
執筆者
三竹 忍
建築家

「世界のビール消費量、減少へ!」

こんにちは! さて、今日は少し柔らかなテーマです。 キリンの調査によれば、2015年の世界のビールの総消費量が、 前年比0.3%減少し、 約1億8378万キロリットルになったとのことです。   ビールの消費量が前年割れしたのは、 何と“30年ぶり”だとか。   主要因は、最大の消費国である中国が、 3.9%減少したことです。   ちなみに、2015年における世界のビール消費...

荒川 雄一
執筆者
荒川 雄一
投資アドバイザー

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?

株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。 MSCIオールカントリー指数は1.38%の上昇。 先進国の株価指数MSCI Worldも1.38%の上昇、新興国のエマージングマーケット指数も1.33%上昇しています。 地域ではアジア・太平洋地域も1.28%上昇、欧州のSTOXX600は0.90%と続伸し、中東・アフリカのブルムバーグGCC200も1.12%の続伸でした。 ...

吉野 充巨
執筆者
吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

トランプ氏勝利後のマーケットの状況 11月第2週

世界の株価概況 11月第2週の株価、小幅な動きになりました。 リスクオフからリスクオンへそして通常ベースへの戻りです。 MSCIオールカントリー指数は-0.04%の下落。 先進国の株価指数は小幅な0.02%の上昇、新興国のエマージングマーケット指数は-0.54%の続落です。 地域では日本を除くアジア・太平洋地域が不調でアジア太平洋指数は-0.99%の続落、欧州のSTOXX600は0.56%...

吉野 充巨
執筆者
吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「ポーランド」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (3件)

  • コラム

    (77件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索