「ツーバイフォー住宅」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

奥村 徹
奥村 徹
(弁護士(大阪弁護士会))

性犯罪・福祉犯の刑事弁護人です

佐久間 健一
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)
堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2017年08月23日更新

「ツーバイフォー住宅」を含む検索結果一覧

10件が該当しました

利用者からのQ&A相談

ツーバイフォーの大空間について

建築家に依頼して、住宅を作っています。現在、設計に取りかかったところです。ツーバイフォーの住宅で、リビングは広くしてもらいたい(20畳程度)のですが、90cmのそで壁が必要と言われました。これが両側から出てきているのでは、実質上別の部屋になってしまいます。60cmでもできるが、とっても高価な工法になってしまうので、忘れてくださいと言われました。別の手段として、そで壁の代わりに、部屋の真ん中に柱を立...

回答者
稲垣 史朗
リフォームコーディネーター
稲垣 史朗

耐震等級3に向けた基礎の仕様変更 概算費用

戸建て住宅を建設予定で、現在、建物請負契約段階の者です。今回、住宅性能表示制度の耐震等級3を取得したいと考えており、工務店に相談したところ、以下の回答でした。(1)標準仕様は、耐震等級1相当の基礎を作る仕様である(2)耐震等級3をとる為には、建物の補強だけでなく、基礎の鉄筋、   コンクリートの仕様をグレードアップする必要がある(3)費用は申請手続き過程で申請代行業者からの指示が出てから   見積...

回答者
富樫 孝幸
建築家
富樫 孝幸

ツーバイーフォーのリフォーム

現在、築12年のツーバイフォー住宅にすんでおりますが、キッチンの収納棚を広げたい為に、現在食器棚(収納棚付けたら廃棄)に並んでるある勝手口を取り除き、空いた壁面を埋めて収納棚を壁一面に敷きつめ、勝手口は流し台と収納棚の間の突き当たりに移動させたいのです。突き当たりには、腰窓があり腰窓を取っ払い腰窓の下の外壁を取り除き勝手口を取り付けたいのですが、ツーバイフォーの場合可能であるか教えて頂きたいです。

回答者
岩間 隆司
建築家
岩間 隆司

木造住宅、全館空調について

知人が先ほど、ツーバイフォー住宅3階建て、全館空調の家を建てました。 その全館空調の事で質問です。デンソーエース製6馬力、3階に機械室を設けています。空気の流れがよくないのか、特に夜間は出入り口建具付近の風の音が気になり眠れないそうです。そのお宅は出入り口の建具が全て引戸です。全館空調があたりまえの外国は、全て開き戸ですよね。それが原因でしょうか?空調施工業者やメーカーに問合せしましたが、施工や器...

回答者
野平 史彦
建築家
野平 史彦

輸入住宅のリフォームについて

築6年の輸入住宅に住んでいます。間取りは一階がリビング・キッチン・6畳和室・バス・トイレ、2階が主寝室・子ども部屋2部屋です。輸入住宅はリフォームが難しい(不可能?)と聞きましたが、2階にトイレを作らなかったことに非常に後悔しています。やはり、難しいのでしょうか?可能だとしてもかなり高額なリフォームになりますか?それと、リビングの隣が和室ですが、和室の扉(と壁)をとってリビングを広くしたいと思っていますがこれもやはり無理でしょうか?アドバイスお願いします。

回答者

専門家が投稿したコラム

儲けとは何か?

おはようございます、今日はツーバイフォー住宅の日です。最近の家は、プラモデルのように組み立てていますねぇ…。商売と私生活の関係についてお話をしています。儲けと私生活、両者の測定は難しいということについて簡単に。まずは儲けについて。会計的には利益と呼びます(ちなみに税務では所得)。さて、それではこの利益とはなんなのか?・収益 △ 費用 = 利益という式で計算されるのが利益です。問題となるのは、収益は...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

日本の家は湿気や揺れとの戦い

家づくりにおいて頑丈さを考えるなら、端的に言って、トータルバランスが大切です。私自身は柱の太さを重要視していますが、それは日本の現代建築の主流なものと比較しているゆえの議論。つまり、建物の構造躯体が3.5寸角から4寸角の柱を使った日本の家づくりと比較しているからであり、実際には柱の太さだけで家の頑丈さが決まるわけではありません。何が家の強さを決めるのでしょう。それは、建物の構造躯体そのものの強さで...

松岡 在丸
執筆者
松岡 在丸
建築プロデューサー

高気密高断熱住宅は何故生まれたか??

■昭和49年(1974年) 住宅業界は需要低迷時代に突入します。 ・日本の伝統的住宅は希少価値的存在となり、アメリカの在来工法であるツーバイフォー住宅が一般にオープン化され、ハウスメーカーやデベロッパーが、一斉にツーバイフォー住宅に取り組み始めます。 ・ツーバイフォー住宅は、施工が簡単でリスクも少なく、製品コストが格安なため大量販売する企業にとっては、アフターやリスク負担が軽減され企...

宮原 謙治
執筆者
宮原 謙治
工務店

温州おまけ

温州空港から都心部へ向かう途中に戸建の住宅街がありました。 北米型のツーバイフォー住宅です。 4年前に北京で建築の展示会に行ったときに、アメリカのツーバイフォーメーカーが出展していて、これから木造を普及させるんだということを言っていました。 郊外ではすでに普及が進んでいるのでしょうか。 それとも、欧米人が多い温州ならではの現象なのでしょうか。調べてみたいですね。

敷浪 一哉
執筆者
敷浪 一哉
建築家

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「ツーバイフォー住宅」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (6件)

  • コラム

    (4件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索