「スケルトン」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

松井 千恵美
松井 千恵美
(国際マナー専門家)

礼儀正しさ、心遣い、品格を身に付ける世界に誇れるマナー習得

寺岡 孝
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)
小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

閲覧数順 2017年09月19日更新

「スケルトン」を含む検索結果一覧

290件が該当しました

専門家をご紹介

浜田 肇一

工務店

スケルトン&インフィル設計で、長く快適に暮らせる自由な家を

福井県・滋賀県近郊で、スケルトン&インフィル設計での家づくりを手がける設計工務店です。時を経てライフスタイルが変化しても、各空間の用途を自在に変えられるの…

浜田 肇一

畔柳 美知子

建築家

時の変化を受け入れる揺るがない空間を

住宅/建築は、完成した瞬間から時の流れを受け、変化し、やがてオーナーのかけがえのない空間として熟成してゆきます。その為の空間を作るのが私の仕事です。また、…

畔柳 美知子

吉田 武志

建築家

栃木県宇都宮市で注文住宅・リフォームならヨシダクラフト

栃木県宇都宮市の注文住宅・リフォーム専門の工務店です。リノベーション・大規模リフォームにも力を入れています。お客様との対話の中から、日々の暮らしを考えるこ…

吉田 武志

早乙女 明子

建築プロデューサー

不動産取引から設計デザインまで

住まいや店舗などの空間と、真摯に向き合いたい。・・・不動産取引を数多く重ねた結果の結論。完成した空間に自分を合わせるではなく、『自分に合わせた空間をしっか…

早乙女 明子

利用者からのQ&A相談

分譲マンション 階下のピアノ音 リフォーム相談です

8年程前に新築マンションを購入しました。最上階の角部屋で、80数平米の3SLDKです。入居してから階下の音楽音と生活音にずっと悩まされています。具体的には、毎朝6時頃からのピアノ音です。朝4時頃からの時もあります。(日中弾いている時も多いのですが、それはやむを得ません)その他、深夜の音(ピアノ音、CD、TV)で、夜10時頃から朝までずっと音が聞こえている日も多く、壁や床をコトコト、ドンドンする音な...

回答者
稲垣 史朗
リフォームコーディネーター
稲垣 史朗

スケルトンリフォーム

実家をリフォームして、両親と同居したいと考えてます。26年前の重量鉄骨、2世帯住宅 3階建(建築面積 72平方メートル×3 合計216平方メートル)てです。当時の建築確認はありますが、検査済み書はありませんがリフォーム可能でしょうか?リフォーム内容は、・新たにエレベーターを設置(階段の昇降機みたいなものは考えてません)・高気密・高断熱仕様に変更・間取りの全面変更       予算は3000万円以内...

回答者
西澤 照彦
1級建築士・宅地建物取引士
西澤 照彦

スケルトンリフォーム

10年くらい前に、水道管を50年以上は持つと言われている塩ビ管に交換しております。スケルトンリフォームをした場合、水道管は交換する必要があるのでしょうか?

回答者
斉藤 進一
建築家
斉藤 進一

新築建売内覧会で床下にカビが見つかりました

東京で予算大分オーバー七千万代でしたが、施工やアフターなど安心して住めるだろうと中堅の施工会社に決めました。内覧会インスペクションの指摘で一階キッチンと、洗面の床下(床天井木板の部分)に黄色いカビが垂れ下がっていました。指摘事項は許せる範囲であれば修理してもらえればと思っていましたが、まさかの床下のカビ。実家でカビに悩まされたので最初からカビは許せません。購入前説明では床下は基礎断熱で、24時間強...

回答者
坪山 利明
ハウスリフォームアドバイザー
坪山 利明

高架水槽、最上階のマンションの水圧改善方法

リフォーム業者です。表題のような高架水槽、最上階のお部屋をリフォームしますと、やはり水圧が弱いとの問い合わせがきます。管理組合などで給水方式の検討をされているマンションは少なく、結局は私達に相談される次第です。こういった条件のお部屋のリフォーム経験がまだ足りないため、解決としては給湯器(バルコニーにある場合)に後付けの加圧ポンプを取付る工事をおすすめしています。ただ、マンションの多くはバルコニーへ...

回答者
深澤 熙之
建築プロデューサー
深澤 熙之

専門家が投稿したコラム

OZONE「食べる空間展」展示中です

新宿リビングデザインセンターOZONE「食べる空間展」に展示中です。光設計の展示は4階のエレベーターホールです。3階〜7階までのいろいろな場所に展示がしてあるようなので、ぐるっと回って見てくるといいのではと思います。2DKマンションのスケルトンリフォームの実例をパネルと模型で展示をしています。3月28日まで展示していますのでぜひ会場にお運びください。  

栗原 守
執筆者
栗原 守
建築家

築30年でも新築同様??

築30年ほど経過した住まいのリフォーム 今月から築30年以上経過している都内のHMの建物のリフォーム。 軽量鉄骨の建物で骨組みがどの程度、変化しているのか、それとも傷みがあるのか気になるところである。   実際に内部の解体を進めて、スケルトンの状態になり、その中身を確認することができた。   現場でも確認したが錆などは全くなく、とても築30年以上の骨組みには見えない。 また、垂直...

寺岡 孝
執筆者
寺岡 孝
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント

2月から開催予定のOZONE「めぐって発見!食べる空間」展に出展します

新宿のリビングデザインセンターOZONEで開催される「めぐって発見!食べる空間」展に出展します。食べる空間をテーマにしてOZONE館内3階〜7階にパネルと模型で建築家の施工例が展示されます。   光設計では2DKマンションのスケルトンリフォームの実例をパネルと模型で展示予定です。そのA1パネルがようやく完成しました。模型はこれから小泉君がつくります。     「めぐって発見!食べる空間」...

栗原 守
執筆者
栗原 守
建築家

共用部の仕上

台東区で進行中の「御徒町テナントビル」。 今月末のお引き渡しに向け、現場も工事終盤。 テナントビルの為、賃貸部はスケルトン渡しの為、仕上げは行いません。 唯一仕上げ工事を行う階段、エレバーターのある共用部。 共用部の天井壁は真っ白。階段も真っ白。そこに巾木や手摺等のステンレスをライン状にアクセントとしたデザインとしています。

松永 隆文
執筆者
松永 隆文
建築家

LGS工事

台東区で進行中の「御徒町テナントビル」。 LGS工事が始まりました。 LGSとはライトゲージスタットの略で、写真で見えるシルバー色の柱状に並んでいるものを言います。 室内の仕上げ材の下地として、このLGSを設置し、この上にボードを張り、仕上げを行う工程となります。 店舗内はスケルトン渡しの為、共用部となる階段エレベーターホールをメインに、LGS工事が行われています。 台東...

松永 隆文
執筆者
松永 隆文
建築家

専門家が投稿した写真・作品

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「スケルトン」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (84件)

  • コラム

    (169件)

  • 写真

    (27件)

  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (10人)

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索