「オキシトシン」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

岡田 ひろふみ
岡田 ひろふみ
(恋愛アドバイザー)

女性の為の新しい復縁方法

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

閲覧数順 2017年08月18日更新

「オキシトシン」を含む検索結果一覧

19件が該当しました

利用者からのQ&A相談

恋愛感情の有無と、20代処女の苦悩

私は発達障害アスペルガー症候群持ちです。23の時に発覚し、日常生活での不自由や自分の特性・対策等は理解済みなのですが、恋愛感情について悩んでいます。発達障害者は、感情の平坦化や、感情より理論を優先させる傾向等もあったり、セロトニンやオキシトシンの分泌量が少ない等で「恋愛感情をあまり持ち合わせていない人が割と多い」と言う事は聞いた事があります。私は現在25歳ですが、「異性を好きになった事」は今まで一...

回答者
糸瀬 彩湖
行政書士、離婚・夫婦問題カウンセラー
糸瀬 彩湖

恋愛感情が分からないままこの年齢まで来てしまいました。

32歳の会社員、男性です。一度も恋愛をしないままこの年齢まで来てしまいました。正直、恋愛感情という類の感情が全く分からないのです。道行く人や芸能人に対して「可愛い・綺麗」という感情はあります。性欲も適応障害の為に薬を服用するようになって大分なくなりましたが、あるにはあります。同性愛者でもありません。ただ、純粋に人に惚れるという行為が一体どういうものなのかが全く分からない(感覚で分からない)のです。...

回答者
堀江 健一
恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー
堀江 健一

専門家が投稿したコラム

産後クライシスと離婚相談④(下心なしのハグ)

 ・・・前回の続きです。 妻の80%が『癒されるかも』と答えた行動。 それは・・ ①ハグして ②「お疲れ様」 ③頭ナデナデ 「なんか・・単純だけど・・癒される・・かもしれないw」 「そんなことされたら泣くかも・・」 「(夫が)仕事で忙しいのわかっているから 家事をもっとやってほしいというのは 難しいとは、わかっているんです。 だからこうやって気持ちを汲んでくれると嬉しいな・・」 と、いうのが代...

藤原 文
執筆者
藤原 文
行政書士

産後クライシスと離婚相談②(靴下を脱ぎ捨てる夫は敵とみなす?!)

 ・・・前回の続きです。 妊娠中、徐々に増えていた女性ホルモンの一つである エストロゲンは産後一気に減少します (私、妊娠中ずっと『世界はピンク色』だったのですがw エストロゲンのおかげだったのかもしれませんね) エストロゲンが減少すると不安や孤独を感じやすくなるそうです。 そんなの感じたくないわ、と思うのですが 不安や孤独を感じることで 「みんな、一緒にいて~一緒に子育てして~」 という欲求...

藤原 文
執筆者
藤原 文
行政書士

タッチングと癒やしホルモン

自由が丘スウェディッシュマッサージ&ストレッチサロン『Lycka till』の渡邊亜紀子です。  ちょっと前になりますが『オキシトシン』なるホルモンについてテレビで取り上げられていました。  オキシトシンは「ハッピーホルモン」とも呼ばれ、ストレスや不安の軽減・慢性の痛みの軽減・認知症の周辺症状の改善などの効果が期待されているホルモンです。  なぜホルモンがストレスや痛みに効果があるのか?それは...

渡邊 亜紀子
執筆者
渡邊 亜紀子
スポーツトレーナー

カナダの Happy な夏休み

カナダの学校は6月の3週目から夏休みに入っています。 学校の最後の週は、生徒も先生も気もそぞろ。 大人も子供も、み〜んなで楽しみにしている夏休みです。   学校は完全に閉まります。 日本のような登校日もありません。 意味不明の課外授業など、もちろんありません。 (『休み』の意味を知らないようですね、日本の学校は。)   9月の第一週に学校が始まるまで、生徒たちは完全に自分の自由な...

大澤 眞知子
執筆者
大澤 眞知子
カナダ留学専門家・英語教育者

うるおうために必要なのは、高級な化粧品よりも、スキンシップ?

ある時期、体の不調や肌荒れなどが、体の外に原因があるものと思って、栄養学を集中して学んでいた時期がありました。 自分の内面と向き合い始めて、夫との関係性に変化がみられてから、私の中である仮説が生まれました。 それは、「サプリメントや化粧品も大事。でも、それが全てではない。も、もしや食事や栄養<内面が安定していること?!」と。 それから、約3年くらい、自分で人体実験をしております。(看護師とい...

山崎 くみこ
執筆者
山崎 くみこ
食事・栄養アドバイザー、心理カウンセラー

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「オキシトシン」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (2件)

  • コラム

    (17件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索