佐野 由美子(ビジネススキル講師、マナー講師)- Q&A回答「「公私のけじめ」を 新人さんにも教えるのが第一歩です」 - 専門家プロファイル

佐野 由美子
「企業のイメージアップ」と「サービス力向上」は人材教育から

佐野 由美子

サノ ユミコ
( ビジネススキル講師、マナー講師 )
有限会社カメリアエンタープライズ 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.6/10件
サービス:0件
Q&A:33件
コラム:33件
写真:10件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

身だしなみについて相談

スキル・資格 ビジネススキル 2015/08/07 11:24

身だしなみについて相談させてください。
最近、新入社員が入り、上司から教育担当を任されました。仕事の仕方は手順を踏まえて
少しずつ指導を進めていくのですが、仕事をするにあたって身だしなみで気になる
ことがあります。
まつ毛が異様に長く、また、カラーコンタクトを付けており、メイクに不自然さを感じて
います。本当のまつ毛や目の黒さだとしたら失礼にあたるので、「まつ毛が長いね~」とか
「黒目が意外と大きいんだね~」など遠回しに聞いてみたところ、「まつ毛はエクステ、
目は黒縁のカラーコンタクトをつけてます」と笑顔で返事がありました。
お客様がいらっしゃった時もそのまつ毛や目元が気になるのかずっと、その新入社員を見
ているような気がします。身だしなみ基準には、エクステやカラーコンタクト装着の禁止
ということは設定していないのですが、不自然なので、直してもらいたいなと思うのです
が、どのように伝えたら良いのでしょうか。教えてください。ちなみに、食品製造会社の
事務をしています。

スノー2250さん ( 島根県 / 女性 / 34歳 )

佐野 由美子 専門家

佐野 由美子
ビジネススキル講師

- good

「公私のけじめ」を 新人さんにも教えるのが第一歩です

2015/08/08 16:40

こんにちは。

新人教育を任せられるのは、上司からの信頼も厚いからですね。
この先も 会社の代表として、きちんとした「スタンダード」を固めて 自信をもって 教育、指導にあたってください。

私自身も毎年、さまざまなサービス業の現場で、新人研修をやらせていただいておりますが、先ずは
採用面接の時点で 「この会社にふさわしい人材、身だしなみ」について本人に伝えることをルールにしています。

入社が内定した新人さんたちのオリエンテーションでも、再度 「この会社にふさわしい姿形の決まりごと」をお伝えしています。 意識付けと 入社までの身支度の準備期間ですね。

その時に 最も大切なキーワードは、「職場での公私の切り替え」です。
いったん職場に入ったら、プロにはプロの姿というものがある。 プライベートの自分とは一線を引いて
仕事に徹する姿勢の「基本」を教えます。

接客業では特に、ヘアスタイル、化粧、持ち物、服装は 厳しくお客様からマークされ、会社を評価されます。たった一人の異質な身だしなみが 会社の印象を左右します。

ですから 「公私のけじめ」のビジネスマナーは 大変重要です。
通勤の時は、ヘアスタイルも ピアスも カラーコンタクトも 服装も自由。プライベートのときは ネイルも お化粧も ファッションも 大いに楽しんでOKです。
その代わり、職場に入るときは 「お客様からどう見ていただけるか」が 全ての基準です。

就業規則や 新入社員ハンドブックには、「清潔感のある身だしなみ」などという曖昧な表現ではなく、
ヘアスタイル、髪色、カラーコンタクト、化粧、エクステ、ネイル、ピアス、持ち物(キャラクターグッズをお客様の前で使わない等)などを、なるべく具体的に記載した方が 新人さんにとってもわかりやすいようです。個人個人によって判断基準が違うと 小さなことでも 後から不満が出てくるのが若い世代。

せっかくの素晴らしいお手本(先輩)です。
是非 「あるべき正しい身だしなみ」をルール化して、明文化して、これからも堂々と新人教育にご活躍され 社風を高めていかれることをお祈りいたします。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム写真