斉藤 進一(建築家)- 経歴・実績 - 専門家プロファイル

斉藤 進一
介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

斉藤 進一

サイトウ シンイチ
( 埼玉県 / 建築家 )
やすらぎ介護福祉設計 代表
Q&A回答への評価:
4.5/120件
サービス:0件
Q&A:331件
コラム:1,609件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

経歴

大学卒業後、大手ゼネコンやハウスメーカー系工務店にて、設計施工管理業務を経験する。2004年「ワンストップ型」介護福祉設計をめざし、やすらぎ介護福祉設計(一級建築士事務所)創業。各個人の障がいの症状に合わせた住宅改修をはじめ、ユニバーサルな視点でのバリアフリー設計で、多くの人に安心とやすらぎを提供する。

1992年~1992年
九州東海大学工学部建築学科卒
在学中、サンフランシスコ州立大学へ短期留学した仲間で現在建築家になった友人や、建築学科の同級生で他のゼネコンに勤めている友人とは現在も交流があり、情報交換している。
1992年~1994年
(株)熊谷組東京支店(現 首都圏支店)
主に都内の大規模マンション等の施工管理業務を担当する。基礎・地業工事から躯体・仕上げ工事、メンテまであらゆる工種を経験する。
1994年~2000年
同社東関東支店(現 首都圏支店)
幕張新都心のマンションや埼玉、茨城、群馬などの大規模ショッピングセンター・マンション等の施工管理業務を担当する。S造、RC造、SRC造建築を経験するが、唯一「木造」の経験がなく一般戸建て住宅に興味を持つ。
2001年~2003年
トステムグループ ブライトホーム・エスプリ 支店
個人住宅の設計・施工管理を担当し、お客様にお年寄りの方や障がいをお持ちの方と同居されているご家族が多いことに気付き、ありきたりの設計ではニーズに合わないことを学ぶ。
2004年~2017年
やすらぎ介護福祉設計(一級建築士事務所)
「福祉住環境コーディネーター」「シックハウス診断士補」など数々の資格を取得。「ワンストップ型介護福祉設計事務所」を立ち上げ、各個人の障がいの症状に合わせた住宅改修をはじめ、ユニバーサルな視点でのバリアフリー設計で、多くの人に安心とやすらぎを与えている。
2004年~2004年
草加市役所・商工会「起業プランコンテスト」大賞受賞
テーマ 「高齢者・障がい者が安心して暮らせる住環境サポート」で、かかりつけ建築士の必要性を提案する。「介護福祉建築家」として新たな分野を築く。
2005年~2012年
建築士受験専門学校のパーソナル・アドバイザーを担当
建築家としての業務と平行して、建築士受験専門学校「日建学院」にて1級建築士学科試験全科目 2級建築士学科試験全科目のパーソナルアドバイザーとして、2008年7月まで平日コース(水曜)と日曜コースを担当し、多くの合格者を輩出する。

2012年福祉住環境コーディネーター2級合格web講座を担当する。
2006年~2017年
講演活動その他
数々のバリアフリー設計・施工に携わりながら全国の商工会や高齢者福祉施設などで講演活動を行う。
講演のテーマ 「建築と福祉分野の融合」 「福祉住環境コーディネーターと設計事務所」 「地域密着企業における共同受注の手法とワンストップ型経営の事例」 「住まいのリフォーム会組織・活動強化について」 「防犯に優れた住宅」 「老後の住まい」他多数
2009年~2017年
ワンストップ型サービスをより細分化
「介護福祉建築家のブログ」の執筆や「Yahoo!知恵袋」の公式回答者として、多くの方が抱えている住環境問題のご相談を承ったり分析することで、最新のニーズを知り、二世帯・高齢者・障がい者住宅等に必要なノウハウを住宅設計に活かしている。
2013年~2017年
付加価値をつけたサービス展開を開始
介護福祉建築をベースとして、医療分野・士業分野・マンション管理士分野・ファイナンシャルプランニング分野などと新規コラボを開始する。

実績

障がい者・高齢者住宅などのバリアフリー建築設計を得意とする介護福祉建築家として活動しております。高齢社会を迎え、元気なうちに「終の棲家」をお考えになる50代以降のお客様など、ご病気や認知症になって慌てることないよう「今」からの準備を応援致しております。
また、独立系社会福祉士としての視点から、児童福祉・母子寡婦家庭などの住環境サポートなども行っており、建築を軸とした幅広い活動もしております。
実績
ブライトホーム時代の新築住宅設計をはじめ、バリアフリー住宅として船橋市I邸、春日部市T邸、草加市I邸、船橋市F邸等多くの住宅設計・プロデュース(提案)を行う。バリアフリー住宅は段差解消や手すり取り付けなどだけではなく、尿道カテーテルや特殊イレクター、汚物洗い用オストメイトなどの設置を伴うので、個人的配慮により「作品」としての一般公開は現在していない。
メディア掲載歴
読売新聞「知っておきたい老人ホームの選び方」19回及び20回   
雑誌「けんざい 221号」spirit 他
講演実績
(商工会関連)
山梨県北杜市商工会、大分県商工会連合会、長野県岡谷商工会議所、山梨県商工会連合会、山梨県甲府南商工会、山梨県甲州市商工会、他
(福祉関連)
草加市高年者福祉センターふれあいの里
越谷市桜井地区センター「桜井大学校」 等
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム