牛山 恭範(ビジネススキル講師)- 経歴・実績 - 専門家プロファイル

牛山 恭範
スキルアップの専門家

牛山 恭範

ウシヤマ ヤスノリ
( ビジネススキル講師 )
株式会社ディジシステム 技術習得アドバイザー
サービス:0件
Q&A:6件
コラム:5件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
086-208-3178
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

経歴

慶應義塾大学総合政策学部在学中に起業。現在株式会社ディジシステム代表取締役。全国の高等学校で小論文外部講師を務める。現在は企業研修の他、難関試験の個別サポートを行う記憶専門の通信制の塾である記憶塾を運営する等、各分野で技術習得、スキルアップの支援を行う。ビジネスブレークスルー大学大学院(Kenichi Ohmae Graduate School of Business)経営管理研究科修士課程修了。(MBA)

2006年~2006年
自動記憶勉強法で新しい学習法を発表
スキルアップには欠かせない記憶量を増加させる学習法として、ほぼ自動的に記憶量を増やす事ができる自動記憶勉強法をエール出版社より発表する。これまで常識とされてきた試験科目が増えればそれだけ難しくなる、あるいは、記憶量が多いスキルはそれだけ習得が難しいという常識を覆すメソッドを提供。
2008年~2008年
人の成長の要となる核要素時間を目標達成論で発表
従来のスキルアップには、人の能力を引き伸ばす為の明確な指針が無く、研修の導入等の判断基準も明確には存在しなかった。この書籍で説く核要素時間は、人の成長を物理的な立場から捉え、対処する目安となる。
2008年~2010年
難関試験に教え子を続々と合格させる
ビジネスの世界で必要なロジカルシンキングや速読、英語力のスキルを教え子に習得させる事により、慶應大学やビジネスブレイクスルー大学等に続々と合格者を輩出。MBA選抜の社内論文試験対策や、法科大学院の受験生を指導し、合格に導く。速読や記憶法、非ロジカルシンキング等を教える事でTOP0,1%へ成績が急上昇する等の実績がある。
2012年~2012年
クラウド知的仕事術を出版
ソーシャルネットワークサービス、オンラインストレージサービス等を仕事に用いて生産性を引き上げる手法を紹介したクラウド知的仕事術を日本能率協会マネジメントセンターから出版。
2012年~2012年
機械的記憶法を出版
資格試験の受験支援・大量の記憶構築手法を詳しく解説した『機械的記憶法』を日本実業出版から出版する。公認会計士、弁理士等の合格者を多く輩出した記憶作りの詳細を解説。
2013年~2013年
速読暗記勉強法を出版
速読を学習に取り入れ、従来の速読では記憶に残しにくかった問題点につき「暗記速読」というジャンルを開拓することにより解決策を提示。「速読暗記勉強法」を上梓。

実績

各種技術習得を短期間で現実にしていただく。
高齢者が高速タイピングを習得
年齢のギャップをものともせず、70歳を超えた方が高速タイピングを習得。
思考力の強化により、小論文の点数を伸ばす
思考法、文章指導を行う事によって、模擬試験での成績がTOP0,1%まで急激に上昇。その後その教え子は慶應大学に合格。
ダブルE判定から小論文最難関校へ合格
教え子のクライアントは、大手予備校2社の模擬試験で両方ともE判定。小論文の添削及び指導をすることにより、ここから慶應大学の総合政策学部に現役合格する。
ほぼ自動的に記憶する手法を出版
自動記憶勉強法(エール出版社)で、記憶量をほぼ自動的に増やす手法を解説した書籍を出版。人の技術習得には、知識の増加が有効であり、その手法を2008年1月1日に出版物で発表する。
技術習得に関する知見を発表
目標達成論(エール出版社)で、技術習得を可能にする新しい知見を発表。成長の核となる3要素を改善する手法であり、自分自身の指導経験から実績のある有効な手法を発表する。
プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム