椿 邦司(建築家)- 経歴・実績 - 専門家プロファイル

椿 邦司
本物志向の大人に似合う「和風モダンスタイル」の住まいを提唱

椿 邦司

ツバキ クニジ
( 東京都 / 建築家 )
有限会社椿建築デザイン研究所 代表取締役
サービス:0件
Q&A:2件
コラム:48件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-5963-3696
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

経歴

1980年、旅行で訪れたL.A.でインテリアデザイナー・ロバート クラウダ氏に出会い、氏のもとでハリウッドの住宅のインテリアや壁紙デザインなどを手掛ける。帰国後、本格的に学ぶべく専門学校へ。1884年「フォルマ・デザインスタジオ」に入社。建築設計やプロダクトデザインの経験を積む。1990年に独立する。

1960年~1980年
千葉県生まれ
成田近郊の農家の長男として生まれる。小学校時代まで築200年以上の茅葺き民家で生活。高校卒業後は旅行関係の仕事を目指すが、英語の勉強のために訪れたロサンゼルスで、ロバート クラウダ氏に偶然出会ったことがきっかけとなり、建築やインテリアの道に進むことを決意。このロサンゼルスでの生活や世界各国への旅行で、各地の歴史建築物や街並みから多くを学ぶとともに、日本の伝統文化の奥深さにも改めて興味を抱くようになる。
1980年~1984年
「ロバート・クラウダ&アソシエイト」勤務(ロサンゼルス)
1980年、旅行で訪れたロサンゼルスで、インテリアデザイナー・ロバート クラウダ氏に出会い、インテリア工房「ロバート・クラウダ&アソシエイト」に入る。その後1年半に渡ってクラウダ氏のもとで学びながら、ハリウッド住宅のインテリアや壁紙デザインなどを手掛ける。これらの経験が自身の「和風モダンスタイル」に大きく反映されている。帰国後、本格的にインテリアや建築を学ぶべく、千代田学園インテリア建築科に入学。
1984年~1990年
千代田学園インテリア建築科卒業。フォルマ・デザインスタジオ勤務
1984年、同校卒業後に「フォルマ・デザインスタジオ」に入社し、建築設計やプロダクトデザインの経験を積む。
1990年~2010年
「椿建築デザイン研究所」を設立
1990年、独立とともに「椿建築デザイン研究所」を設立。翌年に有限会社として法人化、代表取締役に就任し現在に至る。

実績

趣味は旅行、茶道、華道、能楽。これまでに訪れた海外は、ヨーロッパ全域をはじめ、アジア、北アメリカなど世界数十カ国にも及ぶ。また、茶道は20年以上のキャリアを持ち、裏千家全国組織の委員長としても精力的に活動。そのほか、街づくりのトータルアドバイザーとして、地元の東京都北区議会議員を務めており、街並みに配慮した建築のあり方や公共性についてアプローチし続けている。
個人住宅
自然素材にこだわりながら、和のテイストを現代のライフスタイルにアレンジした住宅設計を得意としています。本格的な数寄屋建築や茶室設計、茶庭造園もいたします。
エコ・省エネ
環境問題への取り組み(自然に還る素材、耐久性、高気密高断熱、メンテナンスなど)はもちろん、美しい街づくりや公共性にも配慮した住まいづくりを心がけています。
自然素材
「本物」の自然素材を使った住まいは、環境や身体に優しいだけでなく、時間の経過とともに味わい深さを増していきます。これは工業製品では得られない大きな魅力です。
プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム