荒木 恭子(インテリアコーディネーター)- 経歴・実績 - 専門家プロファイル

荒木 恭子
海外で学んだインテリア知識を、後世に続く方々に惜しみなく公開

荒木 恭子

アラキ キョウコ
( 東京都 / インテリアコーディネーター )
トリニティ 主宰
お気軽にお問い合わせください
03-5726-3781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

経歴

2006年教室運営を開始。開始当初は、「ソフトファニシング」にてスタート。2007年、ファブリックにとって関連深い「タッセル作り」の講座を追加。

2006年~2013年
ソフトファニシング講座
カーテンは作ってもらうもの、という概念がまだまだ多くの方が持っている日本。お客様ご自身の手でインテリアを充実していくという文化を広めていくと同時に、インテリアに対する知識と関心をひとりでも多くの人に広めていきたいと考えています。
2007年~2013年
タッセル作り講座
「タッセル」は、インテリアに特有のものではありません。傘やバッグ、ポーチ等、身近な小物類に飾り、幅広く楽しんでいただけるものだと思います。そんなデザインを沢山ご提案して行きたいと考えています。
2013年~2013年
カーテンデザイン講座
現在、過去に実施した内容を見直し中。7月開始を予定。

実績

教室開設当初の「ソフトファニシング講座」に加え、その後「タッセル作り講座」をスタート。数多くの卒業生を輩出。 タッセルに関しては、特別受注も手がける。

また、インテリアコーディネーター様のご要求カリキュラムにてデザイン理論中心の個人授業(20時間)や、フラワー教室からのご依頼による、「インテリアの中のディスプレイ講座」等の、特別依頼による講座実施の実績がある。
ソフトファニシング講座
布の教室持込み可能。そのファブリックの持つ雰囲気は、作るものとのデザイン関係を大きく左右します。布の雰囲気に合ったデザイン提案で、カリキュラムもデザイン変更を可能にしています。
タッセル作り講座
カーテンとともに室内装飾の代表的な存在である、房を意味するタッセル。特にタッセル講座では、認定講師を育成中。現在7名の講師が関東圏内で活躍している。
タッセル特別デザイン制作の受注
2010年: ナンタケットバスケット用タッセル制作。パーティ用、秋冬用、夏用と四季に応じて使用できるものをデザイン。 その数10点以上。
2012年: 某企業様ご依頼による、「販売用タッセル」の企画・デザインを受注。
ご依頼による「インテリア特別講座」の実施
2007年: インテリアコーディネーターのためのスキルアップ講座(20時間)
2010年: インテリアにおけるディスプレイ方法
ご依頼によるソフトファニシング特別制作
・ランプシェード張替え 20台/社
・海外で制作されたカーテン、ペルメットの補修
・カーテン、バランス制作、ランプシェード、テーブルクロス、他多数
プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセス