中村 雅子(建築家)- Q&A回答「住まいのアメニティー」 - 専門家プロファイル

中村 雅子
街並みや生活スタイルから“建築”のあるべき姿を見つけます

中村 雅子

ナカムラ マサコ
( 東京都 / 建築家 )
株式会社タジェール 建築家・インテリアデザイナー
Q&A回答への評価:
4.4/27件
サービス:1件
Q&A:93件
コラム:395件
写真:12件
お気軽にお問い合わせください
03-5305-2773
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

RC住宅のアメ二ティ度について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2009/11/04 14:35

新規取得の敷地が都内防火地域にかかっていて、、木造耐火も高いし、鉄骨は嫌いなので、RCで建築想定しています。複数の建築家の方が立候補してくださったのですが、夏炉冬扇を心配する当方に対して、RCは一度暖まったら冷えにくい、夏も冷房すれば涼しい、ペアガラスと床暖房で大丈夫、と皆さん仰います。只、契約前なので、皆さんあまりマイナス面は強くおっしゃらないようにも感じます。実際にRCに住んでいる奥様に聞くと、「夏は暑くて冷房などきかないので全部面開け放している、冬は全部の床暖房入れてそれでもガスヒーター併用しないと寒くてたまらない。冷暖房費はすごくかかる。RCの素材感がすきなので覚悟して建てたが、ここまで寒いとは思わなかった。自分のお友達でrcに住んでる方はみなさん寒いという」とおっしゃるのです。寒がりなので、ショックです。予算は無尽蔵にないので、内断熱、床暖房も一部、リビングダイニングキッチンぐらいと想定していたのですが。70坪ぐらいの2階建てを想定していて、中庭にして面した開口部を大きくとってカーテンのいらないぐらい明るい家にしたい、と。でもまさに熱効率悪そうだなとも思いますが。木造で全面床暖房の家に住んで快適だったのですが、彼女にはそれをRcににぞむのは無理といわれました。只そのお宅はコンクリートむき出しです。rcの一戸建てに住んだ経験者のかた、また設計のプロの方、本当のところどうなんでしょう?何か対策はあるのでしょうか?当方の予算がローコストなのであまり色々できないというのもあるのでしょうか?快適性をもとめるとお高いものにつくというなら、木造耐火に変更という道もあるかと悩んでいます。

インテリア好きさん ( 東京都 / 女性 / 46歳 )

住まいのアメニティー

2009/11/04 15:36

こんにちは。タジェールの中村です。

ご質問の件ですが、
RCに関わらず、

夏の暑さ対策には
1)屋根をきちんと作る
 屋根の断熱・遮熱・換気
2)南や西の日射を防ぐ深い庇や格子戸などの採用
3)南の落葉樹や南北通風を確保する

冬の寒さ対策
1)開口部の位置と断熱性能
2)床暖房やその他の暖房方式の的確な位置や機種
3)躯体そのものの断熱性
4)床下の断熱性

おおよそ上記のような事がどんな構造にせよ
重要だと思います。

弊社のRC実績では躯体蓄熱という方式で
冬の暖かさを確保したり、夏の防暑計画を行っており
『冬あたたかく〜夏涼しい家』として
好評を頂いております。

ご参考まで。タジェール 中村雅子

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真