滝山 博行(鍼灸師)- 対応業務 - 専門家プロファイル

滝山 博行
あきらめないで!その痛み。鍼灸(温灸)治療で慢性症状も改善へ

滝山 博行

タキヤマ ヒロユキ
( 神奈川県 / 鍼灸師 )
鍼 覚王院 シャローム治療室 院長
Q&A回答への評価:
4.5/108件
サービス:0件
Q&A:285件
コラム:111件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
045-561-2856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

強み・特徴

鍼灸医学独特の診断方法である脈診と腹診により、心地良い刺激の鍼や体の深部にまで熱が届く温灸により、赤ちゃんからお年寄りまで、多くの症状を改善します。
体の不調・各部の痛み全般 糖尿病、肝臓病などによる不定愁訴、諸検査では原因不明の体の不調と各部の痛みに鍼灸治療は威力を発揮します。
頭痛・眼精疲労 男性には緊張性頭痛、女性はホルモン系の不調和による頭痛と目の奥が痛む症状が多く、どちらも体の環境を整えると改善します。
肩こり・首痛・五十肩 肩こりはホルモン系の不調和を整えると忘れるほどになり、首痛は冷えと風邪が原因です。五十肩はホルモンの変調を整えます。
神経痛・腰痛・ヘルニア 三叉神経痛は風邪の症状、腰痛と椎間板ヘルニア(ヘルニアは脱腸のこと)の原因は主に過労とストレスが原因だといわれています。
冷え性・婦人病 肩こり、冷え症、便秘は婦人病の注意信号です。すなわち、婦人科系の歪みを整えてあげると注意信号である諸症状は改善します。
対応エリア
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 静岡県

対応業務

東洋(鍼灸)医学ならではの診断方法
独特な診断方法を取り入れています。中でも一番重要なのは、橈骨(とうこつ)動脈を診る「脈診」です。脈のリズムや強弱、圧を加えた時に跳ね返ってくる脈、経路を巡る気の流れといった脈状を診ることで、患者さんの体質や症状に至るまでのプロセス、症状の根本的な原因、性格や食べ物の味の好みまで診断することが可能です。「腹診」やツボの反応・気の滞りの状態も併せて確認し、ツボを確定していきます。
診断して即、鍼灸(温灸)治療!だから早期に改善
鍼灸治療は、今ある症状を速やかに肉体的・精神的な苦痛から解放してあげることです。東洋医学的な診断で、それぞれの病気と症状には関係性があることを丁寧に説明します。治療と同時進行で、食事の指導や生活全般の指導もします。これは早期改善を目指すために、どうしても守っていただきたい内容です。健康の知識を正しく理解しないかぎり、健康維持促進と予防、症状が速やかに改善することは難しいことを解説していきます。
ツボの組み合わせが決めて
脈診と腹診によりツボの組み合わせを決め、鍼灸治療を行います。鍼は単なる道具に過ぎません。鍼をどこのツボに刺激するかが決め手です。
打撲、捻挫、骨折、火傷など外傷以外の痛みは、内臓系や内分泌系の歪みを知らせる警告信号です。その痛みがどこからきているのかを正確に診断し、的確なツボを組み合わせて鍼灸治療を行います。
同じ病名でもツボの組み合わせは異なります
頭痛、肩こり、めまい、腰痛などの同じ病名や症状でも、性別、年齢、体質により原因は異なります。当然、鍼灸医学ではツボの組み合わせなど、治し方も異なります。
ところが、現代医学では性別、年齢、体質を問わず、同じ薬が処方されます。頭痛、歯痛、首痛、腰痛などの痛み止めなどが典型的な例です。痛みを抑えて自然治癒力を待つわけですが、鍼灸医療ではこの自然治癒力を最大限に引き出すことで完治に導きます。

ツボ刺激は脳の中枢神経に伝達されます
本来の鍼灸治療は患部のツボだけに鍼灸刺激をするのではなく、脈疹と腹診で診断した手足の必要なツボに鍼灸刺激を与えます。その刺激は脳の中枢神経に伝達され、その結果、体のシステムがリセットされるという仕組みです。
頭痛やめまい等が手足のツボで完治するのは、典型的な症例です。
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム