松岡 在丸(建築プロデューサー)- コラム「注目の分離発注。でも意外な落とし穴が?」 - 専門家プロファイル

松岡 在丸
平均年収の方でも建てられる100年住宅を

松岡 在丸

マツオカ サイマル
( 東京都 / 建築プロデューサー )
松岡在丸とハウジング・ワールド 
サービス:2件
Q&A:0件
コラム:62件
写真:1件
お気軽にお問い合わせください
03-5325-4470
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

注目の分離発注。でも意外な落とし穴が?

- good

2014-11-08 17:51



工務店や住宅メーカーにすべてをお任せしてしまうことに抵抗を感じる方もいらっしゃいます。

特に、資金が適切に使われているのかが気になったり、限られた予算の中で最大限にいい家を建てられるようにコストを管理したい、という。

中には、「分離発注」という直営方式を採用し、それぞれの業者と個別に契約して家づくりを進めるという手法もあります。

しかし、落とし穴もあります。


誰が現場を監督するの?

結局、現場は素人では管理できません。また、スケジュールも素人ではわかりません。

ですから、現場を管理できる専門的な人を雇うことになるわけです。

全体的なことを把握できていて、なおかつ、技術のある職人さんや有用な建築資材を斡旋できる必要もあります。

ですから、若いプロデューサーでは限界があることが分かりますね。



設計事務所もあるけれど…

全体のことを分かっているといわれると、やはり設計事務所を挙げる方もいらっしゃいます。

ところが、設計士さんによっては現場のことがあまりわかっていない、ということもあります。

職人さんと良い関係を築き上げ、建材業者と仲良くなり、そしてプランや施工について誰よりも詳しくわかり、手抜きをしっかりと見抜ける…。

そうしたスキルを持つ設計士さんを選ぶ必要があります。


優秀な現場監督を雇え

ここまで考えると、分離発注によるいい家づくりの要は「現場監督」として優れた技能と実績を持ち、優秀な職人さんを斡旋でき、あらゆる建築材料や工法に通じ、現場の限界と施主の気持ちをしっかりと考えることが出来る人が必要であることが分かるでしょう。

そうした立場にもっとも適している存在として、経験豊富な現場監督がふさわしいと考えることもできます。


さらに詳しくは、下記のリンク先もご覧ください!

注目の分離発注。でも意外な落とし穴が? [Housing World Corp.]

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスコラム写真