松岡 在丸(建築プロデューサー)- コラム - 専門家プロファイル

松岡 在丸
平均年収の方でも建てられる100年住宅を

松岡 在丸

マツオカ サイマル
( 東京都 / 建築プロデューサー )
松岡在丸とハウジング・ワールド 
サービス:2件
Q&A:0件
コラム:62件
写真:1件
お気軽にお問い合わせください
03-5325-4470
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

コラム一覧

62件中 1~10件目RSSRSS

実はネットでかなり揃ってしまう、いまどきの家づくり建材調達法

実はネットでかなり揃ってしまう、いまどきの家づくり建材調達法 インターネットが普及してから、建築材料の調達の方法に変化が生じました。近年の家づくりは住宅メーカーや工務店が、提携先の建材・設備メーカーやブランドから家づくりに必要なものを購入することがほとんどで、そこには当然、金銭のやり取りが生じています。昔は地元の大工さんが自分のネットワークを使って建材・設備を購入していたわけですから、どんなものでも採用して自分なりに家づくりの中に反映させることが出来ました。...(続きを読む)

2014/12/20 13:50

注目の分離発注。でも意外な落とし穴が?

注目の分離発注。でも意外な落とし穴が? 工務店や住宅メーカーにすべてをお任せしてしまうことに抵抗を感じる方もいらっしゃいます。特に、資金が適切に使われているのかが気になったり、限られた予算の中で最大限にいい家を建てられるようにコストを管理したい、という。中には、「分離発注」という直営方式を採用し、それぞれの業者と個別に契約して家づくりを進めるという手法もあります。しかし、落とし穴もあります。 誰が現場を監督するの?結局、現場は素人で...(続きを読む)

2014/11/08 17:51

玄関で得する家になる~プランニングの秘訣

玄関で得する家になる~プランニングの秘訣 毎日使うんです。自分が、家族が。 それなのに、家づくりにおいて玄関のプランを軽く見ている方が少なくありません。 「もっとこうすれば良かった!」と後悔する玄関のポイントを整理しましょう。 気持ちよく出入りできるの? 玄関は、毎朝仕事に出掛け、毎晩帰ってくる家の出入口。 仕事に出掛ける家族も、そして学校に出掛ける子供たちも、見送り、出迎えられるという場所。そこが快適で無いなら…? お客様をお迎えする唯...(続きを読む)

2014/08/18 10:28

建築知識の土台が無いのに、何がいい家なのかを語らないで

建築知識の土台が無いのに、何がいい家なのかを語らないで 建築学の基礎を学ぶ際に最初に考えるのは、「建物とは何か」ということであり、単なる技術的な話ではないのです。例えば、熱さ、寒さ、防音、遮音、遮光、耐震、精神。それぞれにおいてどうして大切なのか、具体的に考えたことがあるでしょうか。 家は家族生活の場所 住宅は、家族が生活を営む場所です。夫婦の性生活、子育て、団らん、そして老後の世話。 一生という人一人の歴史の中で、生活に必要とされる様々な要...(続きを読む)

2014/07/13 08:00

モノはもう要らない。そんな家をイメージしてみよう

モノはもう要らない。そんな家をイメージしてみよう 日本人のライフスタイルが「モノ」重視になっている傾向を考えると、海外と日本の家づくりの根本的な違いがいっそう顕著になってきます。 家具は家と一体先進国は書棚やデスク、リビングのテーブルやソファーまでもが家とセットの場合もあります。インテリアが家具もろとも統一されている、ということですね。日本はほとんどの場合ががらんどう。自分で家具を調達しなければなりませんが、センスが良くないと家の内装とのバランス...(続きを読む)

2014/06/16 20:41

街の中で倒れている人に近づかない人は家を建てるな

街の中で倒れている人に近づかない人は家を建てるな いい家を建てて欲しい、家族の幸せのために素敵な家をプロデュースしたい。 そんな思いから家づくりに取り組む一方で、「こんな人には家をプロデュースしたいとは思えない」と思えるお客さんというのもいらっしゃるんです。 倒れている人に近付けない人 街の中で誰かが倒れていても、「誰かが何とかしてくれるだろう」という思いからか、自分からは決して近づこうとしない人が増えているように思います。 ...(続きを読む)

2014/06/03 18:02

親バカでいい。親バカで何が悪い?

親バカでいい。親バカで何が悪い? 「親バカ」を非とする傾向が世間で目立ってきているように思います。 子供は子供、親は親、みたいな考え方ですね。 しかし、自分の子供がかわいいということを公に認めることに否定的になるのはいかがなものでしょうか。 子供に対して客観的になり過ぎる親 子供が親に甘えてばかりいてはいけないからといって、「突き放す」というのは間違っていると思います。 子供から「搾取」しないように、子供には子供の...(続きを読む)

2014/05/29 13:24

スマホより新聞紙面の方が良い理由は家づくりも同様

スマホより新聞紙面の方が良い理由は家づくりも同様 新聞の紙面の広さはスマホの画面の比ではなく、ざっと見渡すことで自分では想定もしていなかったような情報に出会えるというメリットがあります。 家づくりにおいても、実はネットで自分のこだわりを探しているだけではダメで、広い視野で様々なことに気付かされることがあるんです。 広い視野で家づくりを考える 「耐震性能が重要」「使いやすいキッチンその他の設備が大切」「子供とのコミュニケーションに...(続きを読む)

2014/05/19 12:10

合理的、効率的な生活や子育て環境を考えた家づくりは失敗する

合理的、効率的な生活や子育て環境を考えた家づくりは失敗する ほとんどの方が、「今の必要」「近い将来の必要」を考えて家づくりをします。部屋の間取りやキッチンの仕様など…。 子供が巣立っていくまでに良い子育て環境を目指す方もいらっしゃいます。 それらの多くは、「合理的」「効率的」に物事を考え、子育てにおいても合理性や効率を求めてしまいます。 今のことを考えて建てる家の落とし穴 現時点で家に期待したいことはたくさんありますが、実際には人も生活も変化...(続きを読む)

2014/05/17 10:00

50年後を見据えた家づくりに臨める人々

50年後を見据えた家づくりに臨める人々 住宅業界に30年ほど携わり、何百棟もの住まいづくりに関わって来て言えることは、ユーザーが個々に期待している「家」の概念は様々であるということ…。 しかしながら、100年住宅に興味を持って「建てたい」「住みたい」と述べる方々には、共通している要素がありました。 家族の50年後を具体的にイメージできている 子供が成長して、次世代の「良い親」になるかどうかは、今の自分たちが子供たちとどのよう...(続きを読む)

2014/05/15 23:34

62件中 1~10件目

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスコラム写真