近江 清秀(税理士)- Q&A回答「確定申告時の必要経費の控除について」 - 専門家プロファイル

近江 清秀
記帳代行から経営計画作成まで会社の成長をサポートします

近江 清秀

オウミ キヨヒデ
( 税理士 )
近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士
Q&A回答への評価:
4.0/6件
サービス:1件
Q&A:12件
コラム:382件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

確定申告時の必要経費の控除について

マネー 税金 2008/12/19 17:36

大学で教員をしています。給与以外に講演料、原稿料などがあります。講演で測定実習をするために、特殊なテープ(建築用テープ)を購入しました。これは必要経費と考えていいのでしょうか?また、講演や原稿を書くために、購読している雑誌があります。3年分の購読料金を一括で支払うことになっています。料金支払いの通知は昨年来たのですが、クレジットカードでの支払いなので、今年の1月にクレジットカードにて引き落としがありました。この場合、今年の必要経費と考え、来年に2月の確定申告で使用することができるのでしょうか?

takaminさん ( 兵庫県 / 男性 / 43歳 )

確定申告時の必要経費の控除について

2008/12/20 12:42

takamin様

お問い合わせの件ですが
まず、特殊なテープの購入は講演での収入を得るための必要経費と考える
ことができると思います。

また、講演や原稿を書くために必要な雑誌の購読料ですが、これも必要経費
と考えることができると思います。

ただし、3年分の一括支払であれば
厳密には、今年の経費として認められるのは1年分だけということになります。

あとの2年分は、来年・再来年に1年分づつ経費として計上していただく
必要があります。

クレジットカード支払なので、一括で支払うことになりますが
得られる経費の発生する年度と、その収入に対応して発生する年度は
対応していなければなりません。

従いまして、2年目・3年目の雑誌購読料は2年目・3年目の講演による
収入に対応する経費として申告していただく必要があります。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム