近江 清秀(税理士)- 経歴・実績 - 専門家プロファイル

近江 清秀
記帳代行から経営計画作成まで会社の成長をサポートします

近江 清秀

オウミ キヨヒデ
( 税理士 )
近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士
Q&A回答への評価:
4.0/6件
サービス:1件
Q&A:12件
コラム:382件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

経歴

1965年神戸市生まれ。神戸大学法学部卒業後、公認会計士の資格を取得。1994年10月朝日監査法人(現・あずさ監査法人)に入社。主にベンチャー企業の株式公開支援業務に従事。その後中小企業の経営コンサルティング、会計・財務業務の実務経験を積み、2001年5月に独立。近畿地方を中心に中小企業の発展を支援している。

1965年
兵庫県神戸市に生まれる
1989年
神戸大学法学部 卒業
弁護士を目指し、神戸大学法学部に入学。しかし、その後会計士という仕事に興味を持つようになり、大学卒業後は会計・税務の専門学校に。
1994年
公認会計士2次試験に合格。朝日監査法人に入所
大阪事務所にて勤務する。朝日監査法人では、株式公開コンサルティング業務に従事。ベンチャー企業の株式上場のサポートを行っていた。新規顧客の獲得など営業も兼ねた仕事だったが、中小企業の経営者とじっくり付き合うことを通し、経営のノウハウ、経営者の考え方などを学ぶ。また、最初は小規模だった企業が徐々に成長していく過程を見守る喜びや、それを支援しているというやりがいを実感する。
1998年
公認会計士3次試験に合格
2001年
近江清秀公認会計士税理士事務所 設立
力を入れて経営支援をしていたベンチャー企業が無事に株式上場を実現。大きな達成感を得ることができた。その経験がきっかけとなり、独立を決意。2001年、近江清秀公認会計士税理士事務所を設立。会計・税務のコンサルティング、相続・事業承継対策と監査・コンサルティング業務の3つの事業を軸に、中小企業の発展を支援している。

実績

会計・税務のコンサルティング、相続・事業承継対策と監査・コンサルティング業務の3つの事業を軸に、中小企業の発展を支援している。
所属団体
・近畿税理士会調査研究部
・近税正風会
・近畿税務研究会
・日本公認会計士協会
・研友会
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム