奥村 徹(弁護士(大阪弁護士会))- 経歴・実績 - 専門家プロファイル

奥村 徹
性犯罪・福祉犯の刑事弁護人です

奥村 徹

オクムラ トオル
( 大阪府 / 弁護士(大阪弁護士会) )
奥村&田中法律事務所 奥村 徹
Q&A回答への評価:
4.8/4件
サービス:0件
Q&A:8件
コラム:0件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
06-6363-2151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

経歴

1963年11月 大阪府豊中市生まれ
大阪府立北野高等学校
中央大学法学部
1998年4月 大阪弁護士会 弁護士登録(50期)

1998年
弁護士登録(大阪弁護士会)

実績

資格
 弁護士 弁理士、海事代理士、海事補佐人、税理士、FAA(米連邦航空局)上級地上教官 登録政治資金監査人
役職 
 大阪弁護士会刑事弁護委員
学会
 日本刑事政策研究会、日本刑法学会、日本著作権法学会、日本犯罪社会学会、日本交通法学会、法とコンピューター学会、情報ネットワーク法学会、安心ネットづくり促進協議会特別会員
主な著書
2001年 『ビジネスマンのための インターネット法律事典』<部分執筆>(日経BP社)
2001年 『会社分割の理論・実務と書式』<部分執筆>(民事法研究会)
2001年11月 『個人情報保護法Q&A』<部分執筆>(中央経済社)
2004年12月 「Q&Aインターネットの法務と税務」<部分執筆>(新日本法規)
2005.3 インターネット上の誹謗中傷と責任(商事法務)<部分執筆>
2014.7 改正児童ポルノ禁止法を考える <部分執筆>
主な論文
児童ポルノの罪の訴訟法的検討と弁護のヒント / 刑事弁護. (30) [2002.Sum.]
児童ポルノ・児童買春弁護人FAQ (特集 性犯罪弁護に挑む) / 刑事弁護. (35) [2003.Aut.]
電子媒体上の「他人の」電磁的記録の没収について--東京高裁平成15.6.4の事例を基に 刑法雑誌. 45(1) [2005.7]
プロバイダの刑事責任--名古屋高裁平成19.7.6と東京高裁平成16.6.23 / 情報ネットワーク・ローレビュー. 7 [2008.5]
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&A