沖田 将人(獣医)- コラム - 専門家プロファイル

沖田 将人
地域に密着したワンランク上のホームドクターを

沖田 将人

オキダ マサト
( 富山県 / 獣医 )
アレス動物医療センター 院長
Q&A回答への評価:
4.8/144件
サービス:0件
Q&A:209件
コラム:17件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
0766-25-2586
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

コラム一覧

17件中 1~10件目RSSRSS

ワクチンを打つなら午前中に

 犬にせよ猫にせよ年に1回混合ワクチンの接種が必要です。    いやワクチンは2,3年に1回でいいはずだ!  いやいや、やっぱり毎年接種すべきだ!!という議論は置いておいて(それはまた難しい話になりますので)、少なくとも接種する必要はあるのです。    このワクチン、いついかなる時にも接種して良いかというとそうではありません。    もちろん人間のワクチンと同じように、元気食欲がある...(続きを読む)

2015/10/18 15:19

犬、猫は歳のせいでは痩せません

 「年のせいで痩せたのだと思った」とおっしゃる飼い主さんが結構います。    ぐったりとした犬や猫が診察室に運び込まれてきて、昨日から急に食欲がなくなったと飼い主さんは訴えます。  よくよく思い返してみると半年前から痩せてきていた気がします、とのこと。  そこでこのセリフが登場するわけです。 「年のせいで痩せたのだと思った」と     病気はきっと昨日急になったのではなく、半年前から...(続きを読む)

2014/03/15 18:29

8cmの竹串

 前回は異物誤飲の症状について書かせていただきましたが、今回は異物を実際飲み込んでしまったら(あるいは飲み込んだ可能性があったら)どうするか、ということについて書いてみましょう。    まずは病院へ電話。  当たり前ですが、ここで家族会議を実施し、「ちょっと様子を見ようか」とか、なじみのペットショップに電話して相談する、という選択肢を選ぶ飼い主様が意外と多いです。    まず主治医の先生...(続きを読む)

2011/11/24 22:35

異物誤飲の症状は、忘れたころにやってくる

 あ、うちのワン子が、石ころを飲み込んだ!!  というシチュエーションを目にしたとき、あなたはどのような対応をしますか? 1. すぐに病院に電話する。 2. とりあえず、数時間様子を見てみる。 3. どうせうんこと一緒に出るだろうと、気にも留めない。  正解は?    もちろん1ですね。  たぶん、このような書き方をすると、ほとんどの人が1を正解と思うでしょう。  では、1を実際行動に移しま...(続きを読む)

2011/11/08 00:56

意外と見つけにくいノミの発見方法

 意外といても気づきにくいノミ寄生。 うちのワンちゃんに限って、ネコさんに限ってなどと思っている飼い主さんもいらっしゃるでしょうが、本当にお宅のワンちゃん(ネコさん)大丈夫です!?   毎日暑い日が続きますが、これに合わせて皮膚病のワンちゃん、猫さんが病院に大挙してやってきます。    これは暑さや湿気で細菌、カビなどの繁殖が増えたり、あるいは暑くなるだけでアレルギー体質のワンちゃんなど...(続きを読む)

2011/07/16 23:22

体についたそのマダニ!!けして引っ張っては…

 5月も後半に差し掛かると、ぽかぽか陽気のお散歩日より。  そんな時どんどん増えてくるのが、ダニやノミの患者さんです。    ノミはまた今度書かせていただくとして、今回はダニ。  特に春から多くなるマダニについて取り上げてみましょう。    ワンちゃんやネコさんを悩ますダニは耳ダニ、皮膚ダニなどという顕微鏡で見なければちょっと見つけられないくらい小さいダニと、このマダニです。   ...(続きを読む)

2011/05/27 22:18

犬の椎間板ヘルニアを予防するには

 前回ダックスフンドが椎間板ヘルニアになりやすのはなぜか?  というコラムを書かせていただきましたが、今回はその予防方法についてです。    と言っても、ダックスフンド以外の軟骨異栄養性犬種(シーズー、コーギー、ビーグル、フレンチブルなど)も予防方法は基本的には一緒ですので、ダックスフンドだけでなく、他の犬種の飼い主様もぜひ覚えておいてください。    よく飼い主様に椎間板ヘルニアの説明...(続きを読む)

2011/03/29 01:44

ダックスフンドの椎間板ヘルニアは胴が長いせいじゃなく…

 急に寒くなったり、暖かくなったりと、気候の変動が激しい毎日ですが、こんな時なぜか増えるのが椎間板ヘルニアの患者さんです。   勉強不足なので、文献として見たことはないのですが、温度や湿度の急変時に多く患者さんが来られるように思います(何か関連があるのでしょうか、ご存知の同業の先生いらっしゃったらご一報ください)。   そんなわけで、えらく寒かったこの冬も終えようという今、やたらと椎間板ヘ...(続きを読む)

2011/02/28 00:11

犬、猫のダイエット パート3(最終回)

 今回は犬、猫のダイエットコラムのラスト。  前回までの方法を全部実践したのに全然痩せない!!という場合のお話。  最後の砦です。   Q.目標体重にあった量を決め、きっちり量も計り、おやつもやめたのになぜ痩せないか?   A. それは太りすぎているからです。    は?と思われるかもしれませんが、たとえばベスト体重4kgの犬(または猫)がちょっと太って4.2kgになったとします。...(続きを読む)

2011/01/23 00:31

犬、猫のダイエット パート2

 昨日はクリスマスイブ。  ケーキやディナーでちょっと食べすぎちゃったという方も多いのではないでしょうか。  ちなみに私は救急で帝王切開の手術が飛び込み、お漬物をごはんでかきこみ、病院に飛んでいく羽目になってしまいました。  まったくイブらしくない夜、幸せな皆さんに対し、やっかみ半分で今回もダイエットのお話です。    前回はダイエットのためにはまず、目指すべきベスト体重を主治医の先生に教えてもら...(続きを読む)

2010/12/25 11:56

17件中 1~10件目

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム